その他

  • 2009年09月28日

    金型の扱い

    鳥取工場  須崎

    今の時期、特に6月~10月にかけては金型の扱いにとても気を使います。
    6月から7月にかけてはジメジメと湿度が高い為、金型が錆びやすいのです。

    また梅雨があけると、成形工場は暑さを増します。
    金型を交換する時には成形機の下に潜り込みますが、そこの温度は時には40℃を超えることもあるんです。

    金型は非常に重いため力も必要ですが、早く作業しないと手も火傷をしそうになることがあります。

    400t成形機のように成形機が大きいと金型も大きい為、重くとても時間がかかります。
    金型交換はとにかく持つのは重いし熱いのです…。

    このように夏場の金型交換はとくに迅速さが大切です。

    これからも安全を第一に考えながら金型の取り扱いには十分注意をしてきたいと思います。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月25日

    ゴム材料配合設計のおもしろさ

    技術部  O.K

    合成ゴムの”弾性”という特徴を活かし、耐油性、難燃性、導電性や耐候性など様々な機能を持たせる配合設計には、”おもしろさ”がいろいろあります。
    それはプラスチックと比べて、ゴムはまだまだ分かりにくい点が多く、取扱いが難しいからです。

    私はどちらかというと理論よりも実施を重ね、職人技の”勘”に重きをおいています。

     

    最近はいろいろな人が「配合設計」に関する書物を出版し、配合もかなりオープンになりましたが、最後の”サジかげん”により、耐久性や性能が大きく変わる事があります。
    これが配合設計者にとってやりがいのあるところです。

     

    また、配合研究をしていると思いがけない現象や結果に出会います。
    その現象を注意深く観察し、視点を変えて評価してみると、
    新たな発見につながり、研究の新展開に結びつく事が起こる可能性が有ります。
    私にも耐温水性NBR、低摩擦性NBR(NSPラバー)、EPDM半透明ゴム、その他いろいろな新しい分野が開けた経験があります。

    配合設計や研究をしていて、目的通りの結果が出なくてもあきらめないで、視点を変えて、もう一度見直してみるのも必要なことでしょう。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月24日

    入社19年目

    製造部  根占

    高石工業に入社したのは平成3年8月のある暑い夏の日でした。

    それから18年。仕上げ一筋でやってきましたが、本当にあっという間に過ぎたように思います。

    入社当時の仕上げ・検査班の職場は、現在、金型置き場として使っている部屋でした。今よりも手仕上げの製品が多かったので、今の2倍近くの人がいたように記憶しています。

    そして今から5年ぐらい前に、現在の2Fへ移動してきました。部屋は小さくなりましたが、備品等は徐々に整備され、製品の導線も整ったので、随分仕事がしやすくなりました。

    これからも良い製品をお届けできるよう従業員一同がんばっていきたいと思っています。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月23日

    政権交代に望むこと

    製造部  S・K

    8月30日に衆議院選挙が行われました。
    今回の選挙は政権交代があるかもしれないという事でテレビ、新聞等もとても盛り上がって国民の関心も高かったようでした。

    結果、民主党の圧勝で政権交代が現実のものとなりました。

    仕事の面から期待することはやはりまず景気の回復です。私たちメーカーはこの不況を肌で感じています。周りの状況を見ていても一刻も早い回復を心から望みます。

    政権が変わったことで今後の日本がどのようになるか私にはわかりませんが、私たち国民は、良い方向に向かってくれる事を祈るだけです。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月18日

    指導法

    鳥取工場  出田

    新入社員が仕上・検査班に入ってきて平均年齢も若くなり、益々活気が出てきて嬉しく思っています。

    これまでは教えてもらう立場でしたが、新入社員が入ってきてくれたことで教える立場になりました。
    新入社員に指導しながら私自身も気付かせてもらうことがあります。

    それは人によって指導法を変えないといけないということです。

    この人は慎重に仕事をする人だから初めは丁寧に教えて徐々にスピードをあげてもらおう、
    この人は早とちりをすることがあるので説明は十分にしよう、といった感じです。

     これからも仕事中や休憩時間を問わずコミュニケーションをとりながら、
    適度な緊張を保って仕事を続けていけたらいいなと思っています。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月17日

    試行錯誤

    製造部  M・O

    私は成形を担当しているのですが、製品によって金型からきれいにとれるものとそうでないものがあります。

    原因は材料によることが多いのですが、きれいにとれるか否かでは後工程に影響がでてきます。きれいにとれる方が仕上げ時間も短くて済みますし、検査もスムーズにすすみます。

    ちょうどそのような製品を成形する機会があったので上長に相談したところ、それをきれいにとれる方法を探ろうと、試行錯誤が始まりました。

    エアーの使い方をいつもと少し変えたり、ガス抜きを回数増やしたり、離型剤の量を変えたりしました。

    するときれいにシート状で取れるようになり、自然にガッツポーズがでました。

    すっきりした気分で製品を検査に渡したところ「前に比べるときれいになって見やすくなった」と言われ、やってよかったなぁと思いました。

    やっぱりほめられるのはうれしいものですね。

    これからもきれいに製品を取ってほめられるようにがんばってみようと思います。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月16日

    ピンチはチャンス!!

    鳥取工場  星見

    7年間所属した検査班から裁断班に異動し、はや1年4ヶ月が経過しました。

    ゴムの生地は多種多様で、とても繊細です。また性質もそれぞれ異なるので、その感覚を理解するのに時間がかかりました。

    異動した頃を今振り返ってみると、作業指示書どおりに一人前に裁断出来るか不安に感じたり、作業でも苦戦する日々だったように思います。

    でも『ピンチはチャンス!!』を繰り返しながら徐々に上達??

    これからも一歩一歩確実に仕事をこなし、また安全管理にも注意しながら仕事に取り組んでいきたいと思います。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月15日

    田んぼの中の一家屋

    鳥取工場  中村(貴)

    九月になりだいぶ暑さも和らいできました。
    昼間はまだ暑い日が続いていますが、夜になるとひんやりとした風が窓から入って、気持ちよく寝むれる毎日を過ごしています。
    部屋にエアコンが付いているのですがエアコンの風はあまり好きではないので夏場でもほとんど使うことはありません。
    そのせいか暑くて寝苦しい日が続くと、疲れが取れなくて仕事が辛い日もありましたが、涼しくなり過ごしやすくなってきたので仕事にもより一掃身が入ると思います。
    夏場の成形は本当に暑いですよ。(笑)

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月14日

    バイクから自転車へ

    製造部  Y・S

    長年、バイク通勤をしていましたが、2年半前から健康のことを考え、自転車で通勤しています。

    自転車通勤をするようになって、朝はバイクの時より10分位早く家をでます。

    途中の坂道では電動自転車の人を横目になるべく歩かないように…。
    でもときには荷物がいっぱいで歩く事も…。

    意外と信号無視をする人も多いのですが、そこは安全運転で。
    でも”出勤時間はちょっと早めに”、を心がけています。

    仕事も何事もゆとりが大切だと思っています。

     

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月11日

    プレスする

    製造部  坂田

    高石工業では以前(20年以上も前)、「成形する」事を「プレスする」と呼んでいました。

    しかし、そういった呼び方は世間の常識からずれることがありました。
    それは一般的に金属を曲げたり、打ち抜いたりする機械のことを「プレス機」と呼ぶことが多かったからです。

    ゴム製品を作る場合は単にプレスだけではなく、加硫をさせるのでお客様に誤解をあたえない為にも「成形する」と意識して呼ぶことにしました。

    最近の若手は最初から「成形」という言葉が頭に入っているのでなんの違和感もないと思いますが、われわれの世代は一度「プレス」という言葉が頭の中に刷り込まれているので呼び変えるのに非常に苦労しました。

    現在はもう退職されましたが、当時すでにベテランだった作業者の方は呼び変えるのに特に苦労されていたようです。

    その理由は、ゴムの成形機に「プレス機」と刻印されていることで、そのように呼ぶことが長年にわたって定着していたからでした。

    またオイルシールを社内で製造していた時はプレス機を使って金属環を製作していたのですが、その作業班を『製缶班』と呼び、現在の成形班のことを『プレス班』と呼んでいたこともその理由です。

    現在ではいろいろな事情がありましてオイルシール及び金属環を作らなくなったので、「プレス機」も『製缶班』も存在しません。

    こういったことに限らず、その他の事でも年齢とともに頭が固くなってきて、若い人の様に柔軟性が無くなってきているかもしれませんが、気持ちだけはいつまでも若いつもりいますので(あつかましいかな~)今後もよろしくお願いいたします。

    カテゴリー:その他
ページの先頭へ