• 最近のエントリー

  • カレンダー

    2018年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社長ブログ・ゴムのヒント
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

その他

  • 2009年10月01日

    従業員懇親会!

    製造部  くれまつ

    私くれまつは、前回のブログでも言いましたが
    社風改善プロジェクトチームのリーダーなるものを
    させていただいております。
    で、これも言いましたが、
    この役目、結構ハードでございます。

    考えてみれば、それもそのはず
    社長が”社風を改善したいな…”と思ってそれがすぐに成るのであれば、
    プロジェクトチームなんてもんは必要がございませんし、
    それを指導するコンサルタントの方も必要ございません。
    簡単に事が運ばないからこそのお仕事なんですよね…。

    と、こんなネガティブな事を書いてると、
    編集局から教育的指導が来てしまうかな?

    でも、これって僕にとってはそんなにネガティブな事では無いんです。
    昔から私、どう言う訳か問題やゲームは難しければ難しいほど燃えてしまう、
    ゴールが見えてくると途端に面白くなくなってしまうんですよね。

    そう…例を挙げますと

    (以下、分かる人には分かるマニアックなお話になります、ご注意ください!)

    今から24年前にプロ野球の応援するチームを変えたのですが(小学生まで巨人ファン)
    当時、土橋監督で、万年Bクラスだった”ヤクルト”に変更したり。
    (この後、関根監督→野村監督となり黄金時代を迎えます)

    コーエーのゲームで”信長の野望”ってシリーズがあるのですが、
    その中でよく使う大名は”筒井順慶””姉小路頼綱””足利義輝”なんかの
    どちらかと言えば弱小大名だったり、
    同じく”三国志”ってゲームでは”孟獲”や”張魯”を使って…

    (以上、マニアックな話終了)

     


    今、ふと思った事が一つ、
    私、少々お話が長いようでして、
    ブログでも人と比べて少し長め。

    そして、今回も長くなりそうな予感。
    と言うのも、今回このブログを書くにあたって
    本題とも言えるお題を編集局からいただいたのですが、
    実はまだ、その本題に達しておりません。

    どうも前置き、前振りが長いんですよね。
    昔から文章をまとめるって事が苦手なところがあって、

    …。

    それでは話を本筋に戻して。

    プロジェクトチームの仕事が大変だってお話ですが、
    いやいや、これが実はそうとばかりも言えないんですよって話。
    プロジェクトチームは従業員同士のコミュニケーションを良くして、
    そこで培われた情報伝達能力を仕事に活かす事を目的の一つとしているわけでして、
    そのコミュニケーションを円滑にする為にと、懇親会を毎月開催しております。

     

    で、9月の懇親会については…
    25日の金曜日の終業後に食堂を使って開催したのですが、
    正直他の従業員の皆様ごめんなさいって感じ。

    なにせ、自分の趣味をそのまま反映させたような内容でして、
    美味しいコーヒー(私の血はコーヒーでできています)を飲みながら、
    ケーキバイキング(京都や神戸までデザートを食いに行くほど好き)に
    DVD鑑賞(マニアの域な”水曜どうでしょう”のDVD)…。

    ケーキは、もう買いそろえる所からテンション上がりまくり。
    なにせ、私の住んでいる近辺には、
    全国的にもソコソコ名が通るほどの名店揃い。
    バイクで走って1時間もあれば5,6店舗は回れる程。
    しかもそれを口実に会社にはバイクで通勤までできてしまう!
    (テント後ろに積んでバイクで日本中旅行に行く程バイク好き)

    いやいや…
    今回はこうやって主催させていただいた訳ですが、
    私、気づいた事が一つございます。

    世の中の人ってそんなにデザート食わないんだな~って事。
    美味しいのにな~…

     

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月30日

    インターンシップ実習報告会

    技術部  A・N

    9月25日にとある大学主催の「インターンシップ実習体験報告とインターンシップ座談会」に出席しました。
     前半はインターンシップ実習体験プレゼンテーションで、4人の実習生が各テーマについて発表していました。

    1.国際ビジネス研修
    2.新聞広告の営業回り
    3.金融業界の営業店舗での業務体験
    4.変圧器のタップチェンジャーの設計実習

    後半はインターンシップ座談会で、コメンテーター2人・今年度実習生6人・昨年度実習生2人が以下のテーマについて話し合っていました。
    ①どのようにしてインターンシップ参加を就職活動に活かすか?
    ②実習先での失敗経験 ③社会人と学生の考え方の違いは?
    ④インターンシップを通して得た発見 ⑤今後の抱負

     

     発表を聞いて、印象に残ったことが2つあります。
    1つ目はキャリアセンターの担当者が「実習先で挨拶するのに、学内で先生に会っても挨拶しない学生が多い。学内も社会で、先生も社会人の1人である。インターンシップのために挨拶を意識するのではなく、普段から学内や家庭での挨拶を徹底してほしい。」と訴えていたことです。
    朝の挨拶は1日のスタートを切る意味で、人間関係の潤滑油になり、誰にでも積極的に挨拶することが大切だと感じました。

    2つ目はインターンシップの受入担当者が「なぜ?を考え抜くことで、自分から行動できる自立型社員が求められている。実習で学んでほしいスキルとして、質問力を鍛えてほしい」と強調していたことです。
    分からない時に5W1Hで質問し、いかに相手から情報を引き出せるか、質問するにもトレーニングが必要だと思いました。

     全体を通して、発表内容は主に学生へのメッセージでしたが、私は仕事の心構えとして再認識しました。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月29日

    高石工業のおかげ

    鳥取工場  S・I

    高石工業に入社して7年目に突入しました。
    入社した当時は21歳だった私も30歳が目前にまでせまっています。

    入社する前は関西の某所で働いていましたが、家庭の事情で帰らなければならなくなり、戻って1週間で高石工業に雇って頂きました。

    その当時は自動車免許も持っておらず、仕事を探すのがとても困難で、半年くらいはフリーターを覚悟していました。それだけに1週間で就職できた事をとてもラッキーな事だと思っています。

    今の生活が出来ているのも、家族が増えたのも高石工業に入って頑張ったから出来た事です。
    父が4年前に亡くなり、自分がしっかりして家族を支えていこうという気持ちもあって、より一層頑張ろうという気持ちが芽生えました。今思うと大変でしたが、すごく勉強になったと思っています。

     

    母からよく言われた「苦労して徳をとれ」という言葉が少しわかってきたような気がします。
    今、父が生きていてくれたらもっと幸せかも…なんて思っています。

    本当に高石工業に入って良かったと思います。
    私を雇って下さいました方々ありがとうございました。

    この恩を返せるようにこれからも高石工業で頑張ります。
    会社の為、自分の為、そして家族の為に…。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月28日

    金型の扱い

    鳥取工場  須崎

    今の時期、特に6月~10月にかけては金型の扱いにとても気を使います。
    6月から7月にかけてはジメジメと湿度が高い為、金型が錆びやすいのです。

    また梅雨があけると、成形工場は暑さを増します。
    金型を交換する時には成形機の下に潜り込みますが、そこの温度は時には40℃を超えることもあるんです。

    金型は非常に重いため力も必要ですが、早く作業しないと手も火傷をしそうになることがあります。

    400t成形機のように成形機が大きいと金型も大きい為、重くとても時間がかかります。
    金型交換はとにかく持つのは重いし熱いのです…。

    このように夏場の金型交換はとくに迅速さが大切です。

    これからも安全を第一に考えながら金型の取り扱いには十分注意をしてきたいと思います。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月25日

    ゴム材料配合設計のおもしろさ

    技術部  O.K

    合成ゴムの”弾性”という特徴を活かし、耐油性、難燃性、導電性や耐候性など様々な機能を持たせる配合設計には、”おもしろさ”がいろいろあります。
    それはプラスチックと比べて、ゴムはまだまだ分かりにくい点が多く、取扱いが難しいからです。

    私はどちらかというと理論よりも実施を重ね、職人技の”勘”に重きをおいています。

     

    最近はいろいろな人が「配合設計」に関する書物を出版し、配合もかなりオープンになりましたが、最後の”サジかげん”により、耐久性や性能が大きく変わる事があります。
    これが配合設計者にとってやりがいのあるところです。

     

    また、配合研究をしていると思いがけない現象や結果に出会います。
    その現象を注意深く観察し、視点を変えて評価してみると、
    新たな発見につながり、研究の新展開に結びつく事が起こる可能性が有ります。
    私にも耐温水性NBR、低摩擦性NBR(NSPラバー)、EPDM半透明ゴム、その他いろいろな新しい分野が開けた経験があります。

    配合設計や研究をしていて、目的通りの結果が出なくてもあきらめないで、視点を変えて、もう一度見直してみるのも必要なことでしょう。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月24日

    入社19年目

    製造部  根占

    高石工業に入社したのは平成3年8月のある暑い夏の日でした。

    それから18年。仕上げ一筋でやってきましたが、本当にあっという間に過ぎたように思います。

    入社当時の仕上げ・検査班の職場は、現在、金型置き場として使っている部屋でした。今よりも手仕上げの製品が多かったので、今の2倍近くの人がいたように記憶しています。

    そして今から5年ぐらい前に、現在の2Fへ移動してきました。部屋は小さくなりましたが、備品等は徐々に整備され、製品の導線も整ったので、随分仕事がしやすくなりました。

    これからも良い製品をお届けできるよう従業員一同がんばっていきたいと思っています。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月23日

    政権交代に望むこと

    製造部  S・K

    8月30日に衆議院選挙が行われました。
    今回の選挙は政権交代があるかもしれないという事でテレビ、新聞等もとても盛り上がって国民の関心も高かったようでした。

    結果、民主党の圧勝で政権交代が現実のものとなりました。

    仕事の面から期待することはやはりまず景気の回復です。私たちメーカーはこの不況を肌で感じています。周りの状況を見ていても一刻も早い回復を心から望みます。

    政権が変わったことで今後の日本がどのようになるか私にはわかりませんが、私たち国民は、良い方向に向かってくれる事を祈るだけです。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月18日

    指導法

    鳥取工場  出田

    新入社員が仕上・検査班に入ってきて平均年齢も若くなり、益々活気が出てきて嬉しく思っています。

    これまでは教えてもらう立場でしたが、新入社員が入ってきてくれたことで教える立場になりました。
    新入社員に指導しながら私自身も気付かせてもらうことがあります。

    それは人によって指導法を変えないといけないということです。

    この人は慎重に仕事をする人だから初めは丁寧に教えて徐々にスピードをあげてもらおう、
    この人は早とちりをすることがあるので説明は十分にしよう、といった感じです。

     これからも仕事中や休憩時間を問わずコミュニケーションをとりながら、
    適度な緊張を保って仕事を続けていけたらいいなと思っています。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月17日

    試行錯誤

    製造部  M・O

    私は成形を担当しているのですが、製品によって金型からきれいにとれるものとそうでないものがあります。

    原因は材料によることが多いのですが、きれいにとれるか否かでは後工程に影響がでてきます。きれいにとれる方が仕上げ時間も短くて済みますし、検査もスムーズにすすみます。

    ちょうどそのような製品を成形する機会があったので上長に相談したところ、それをきれいにとれる方法を探ろうと、試行錯誤が始まりました。

    エアーの使い方をいつもと少し変えたり、ガス抜きを回数増やしたり、離型剤の量を変えたりしました。

    するときれいにシート状で取れるようになり、自然にガッツポーズがでました。

    すっきりした気分で製品を検査に渡したところ「前に比べるときれいになって見やすくなった」と言われ、やってよかったなぁと思いました。

    やっぱりほめられるのはうれしいものですね。

    これからもきれいに製品を取ってほめられるようにがんばってみようと思います。

    カテゴリー:その他
  • 2009年09月16日

    ピンチはチャンス!!

    鳥取工場  星見

    7年間所属した検査班から裁断班に異動し、はや1年4ヶ月が経過しました。

    ゴムの生地は多種多様で、とても繊細です。また性質もそれぞれ異なるので、その感覚を理解するのに時間がかかりました。

    異動した頃を今振り返ってみると、作業指示書どおりに一人前に裁断出来るか不安に感じたり、作業でも苦戦する日々だったように思います。

    でも『ピンチはチャンス!!』を繰り返しながら徐々に上達??

    これからも一歩一歩確実に仕事をこなし、また安全管理にも注意しながら仕事に取り組んでいきたいと思います。

    カテゴリー:その他
ページの先頭へ