• プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

普段思うこと

  • 2020年10月29日

    なんか理不尽

    この間、約半年ぶりに東京に行きました。

     

     

     

     

     

     

    IMG_20201023_154432

    一日いろいろ回って、帰り際に東京駅でお土産を買っていると・・・

     

     

     

     

     

    「袋1枚3円」とレジに書いてあります。

     

    「ああ、そうか、このご時世しょうがないな。レジ袋持ってきているし、それに入れていくか」と思っていると、

     

    店員のお姉さんが「袋に入れておきますね。」と入れてくれました。

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_20201023_191824 (1) 

    見るとそれは紙袋・・・こっちのほうがずっと立派・・・

     

     

     

     

    なんだか理不尽な気持ちになりました。

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月28日

    温室効果ガス

    一昨日、菅総理が所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスをゼロにすると発表しました。

     

     

     

    ”「2050年までに温室効果ガス排出を全体としてゼロにする、2050年カーボンニュートラル(炭素中立)、脱炭素社会の実現を目指すことをここに宣言する」。

    菅義偉首相は2020年10月26日に行った所信表明演説で表明した。衆議院本会議場に拍手が沸き起こった。(日経ESG)”

     

     

    EU、中国、そしてアメリカ(バイデン候補)でもすでに2050年(中国は2060年)までの温室効果ガスの排出ゼロを宣言していますので、多少遅きに失した感はありますが、はっきりと大きな目標を打ち出したのは大変意義のあることだと思います。

     

     

    2050年まで時間があるとはいえ、これを達成するには「今の延長線上」では到底達成できないことも明らかで、社会的に大きな変革が必要だと思います。

     

     

    「究極のクリーンエネルギー」である水素が今後脚光を浴びて温室効果ガス(CO2)排出削減に寄与し、ついでにそのシール材料として私たちの耐水素ゴム材料(Oリング)が役に立てばいいな・・・なんて思います。

     

     

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月26日

    落語会

    地元でやっている小さい落語会に行きました。

     

    半年ぶりです。

     

     

    一応、イベント自粛は解除されているそうです。

     

     

     

     

     

    IMG_20201020_202128

    噺家さんもフェイスマスクをつけながらですが、熱演されていました。

     

     

    リモート全盛のこの世の中でも、やっぱり生はいいですね。

     

     

     

     

     

     

    IMG_20201020_202248

    さすがに「時うどん」はやりづらそうでしたかが・・・・

     

     

    でも、面白かったです!!

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月21日

    「名言」の更新を続けています

    LinkedInで行っている「今日の名言」ですが、地味に続けています。

     

     

     

     

    もう半年くらいになるのでしょうか、毎日朝に上げ続けています。

     

    自分で読み返して心新たになり、なんだかその日の自分の指針も決まるような感じになっています。

     

     

     

    今日の名言は、

     

     

    ”If general perception changes from seeing the glass as “half full” to seeing it as “half empty”, there are major innovative opportunities.”

     

     

     

    「世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる。」

     

     

     

    -Peter Drucker(ピーター・ドラッカー)

     

     

    unnamed

     

     

     

    です。

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月20日

    秋の味覚

    昼休み明けに現場の班長さんが、

     

     

    「社長、自転車置き場の3番に置いてますよ!」

     

     

    というので「何のこと???」と思ったら、

     

     

     

     

     

     

    IMG_1457 (002)

    置いてあったのは、お米でした。

     

     

     

     

    鳥取出身の製造部長が自分の実家で採れたお米を持ってきてくれたのでした。

     

     

     

     

    ありがとうございます!

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月19日

    突然・・・

    「最高です!」と絶賛していたノートパソコンですが、突然動かなくなりました。

     

     

    (参照:2020.10.15「控えめに言って「最高」です」

    https://takaishi-ind.co.jp/shacho-blog/2020/10/15/10291/

     

     

     

     

     

     

    IMG_20200929_200712

    昼休み前にパタンと閉じて、昼休み明けに開いたらうんともすんとも言いません。

     

     

     

     

    しょうがないので強制リセットをかけたら、起動はできたのですが、今度はキーボードが効かなくなりました。

     

    ログイン画面のパスワードすら入れられません。

     

     

     

     

     

    「どうしよう・・・」とパニックになっていたら、パソコンに詳しい長老が、

     

     

    「外部キーボードを使ってはどうですか?」

     

     

    ・・・そうか、その手があったか!

     

     

     

     

     

     

     IMG_1449

    ということで事務所に転がっていたキーボードをつないで無事ログインできました。

     

     

     

     

    その後、パソコンメーカーのヘルプデスクに電話して、いろいろ試して、今無事にノートパソコンのキーボードは復活しています。

     

     

     

     

     

    「初期不良か?めんどくさいなぁ」と思っていたので、ホッとしています(^^;

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月15日

    控えめに言って「最高」です

    先日お話しした、新しいノートパソコンですが、使い始めて約2週間たちます(このブログも新しいノートパソコンで書いています)。

     

    やはり性能的に素晴らしく(ほんの少しだけあれ?というところもありますが)、この感動をお伝えしたくて、価格ドットコム風に評価をしてみました。

     

     

     

     

     

     

    IMG_1378

     

    (左が今までのノートパソコン、右が新しいノートパソコンです)

     

     

    【デザイン】
    全般的にデザインは特に冒険したところもなく、必要十分な感じです。画面は14インチと広くベゼルは細めです。指紋認証やキーボードのバックライトはありません。質実剛健ですね。
    筐体に金属の使用はなく、プラスチッキーな感じです。プラスチックのために軽いという面もあるのでしょう。持ち運びに軽いほうがありがたいので特に問題はありません。本体に「MIL-STD 810G」のシールが貼ってあり、耐久性テストにはきちんと適合していると思われます。

     

     

    【処理速度】
    Core i5はいいですね。ワード・エクセル・パワポやメール、それからZoomなどたくさんのソフトを一度に立ち上げても負荷なくサクサク動きます。メモリが16GBもあるのもプラスに効いているのではないかと思います。Cerelon・4GBの今までのノートパソコンは何だったのだろう、と思わせるほどの「レベルの違い」を感じます。

     

     

    【グラフィック性能】
    グラフィックはオンボードのUHD Graphicsなので普通なのでしょうが、一般的な動画等は引っ掛かりもなくスムーズに再生されます。ゲーム等はしないのでこれで十分です。
    ちなみにベンチマークで計測したところ、最高画質(1280X720)で6264点でした。今までのノートパソコンでは712点でしたので、価格3倍で性能8倍以上になったことになります。

     

     

    【拡張性】
    もとよりノートパソコンですので、拡張性は期待していません。30周年記念モデルということでメモリ2倍、SSD2倍になっているので、ハード的にこれ以上の拡張をする必要はないと思います。microSDカードスロット、USB3.0が左右に一つずつ、フルHDMI、USB-C端子があるので、接続周りで悩むことはなさそうです。

     

     

    【使いやすさ】
    キータッチは軽くていいですね。キー配列も標準的です。タッチパッドも問題ありません。
    ただキーピッチが今までのノートパソコン(11.6インチ)より若干広くなったので、まだ慣れていません(あくまで慣れの問題だと思います)。
    あとPgUp・PgDnが独立しているのがちょっと特徴的です(よく矢印キーと間違えて押してしまう)。

     

    蛇足ながら、シャットダウンせずにぱたんと閉じて翌日使おうとすると立ち上がりません(またはとても時間がかかる)。なぜ? 

     

     

    【持ち運びやすさ】
    持った時の印象は「かるっ!」。経験したことのない軽さです。
    この項目を最重要視しており、今までの経験上「11.6インチで1kg」というアタマでいましたので、やはり14インチで1kgを切るというのは驚異的に素晴らしいです。到着時の実測で946グラムでした。充電アダプタも以前使っていたものより軽く、持ち運びが便利です。

     

     

    【バッテリ】
    100%充電して「高パフォーマンス」モードにしたところ、「残り10時間30分」との表示です。これだけ持てば実務上問題ありません。2年経ってもへたらないことを祈ります。

     

     

    【液晶】
    光沢のないつや消しタイプです。視野角も広く、明るさも十分です。室内や移動時での使用が多いので明るさは中くらいにしていますが、まったく問題ありません。もともと使っていたのが11.6インチだったので、14インチの画面に表示される情報量の多さに驚嘆しています。
    ちなみにディスプレイの拡大縮小は125%で使っています(デフォルトは150%でした)。

     

     

    【総評】
    「これ以上何を望むのだろうか」というほどのモリモリ構成で約10万円。これまでノートパソコンは3万円台の安いものを「メール・エクセルができればいい」と思って何台も使ってきましたので、価格帯が違う中・高性能パソコンには興味がありませんでした。しかしいざ今回使ってみると、サクサクで余裕綽綽、ノーストレスで感動ものです。

    CPU・メモリ・ストレージともに、今後不足してストレスに感じる場面が出てくるとは考えられません。むしろ、これだけのものが詰まっていて本当にこの値段でいいの?と思うくらいです。長く使えそうで大満足な一台です。

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月14日

    追悼 筒美京平さん

    日本が生んだ稀代のヒットメーカー、筒美京平さんが亡くなりました。

     

     

     

    この人は本当にすごいんですよ。日本人全員がまさに「お世話になりました」って感じです。

     

     

     

    1960年代から2000年代まで、各年代で思い出に残る曲を残しているだけでなく、今も聞けば鮮明に時代背景まで思い出されるというのはすごいですね。

     

     

     

     

    60年代は「ブルーライト・ヨコハマ」「スワンの涙」、70年代は「私の彼は左きき」「木綿のハンカチーフ」「飛んでイスタンブール」「魅せられて」、80年代は「ギンギラギンにさりげなく」「センチメンタル・ジャーニー」「Romanticが止まらない」、90年代は「人魚」「強い気持ち・強い愛」「カナディアン・アコーディオン」「恋のルール・新しいルール」、2000年代に入っても「AMBITIOUS JAPAN」、とまあすごいんです。

     

     

     

    ヒットチャート1位が39曲、トップ10入りが200曲と、日本音楽シーンで最も多くのヒット曲を生み出した人といっても過言ではないでしょう。

     

     

     

     

    さらに言うと「サザエさん」まで作曲してますからね、国民的作曲家です。

     

     

     

     

    何を言いたいかというと、長い間「ときめき」を与えてくれてありがとうございます、ずっと「魅せられて」いました、ということです。

     

     

     

     

     

    とはいえ、いつまでもノスタルジーに浸ってもいられません。

     

     

    前を向いて「卒業」していかなければいけませんね。

     

     

     

     

     

    とにかく、ご冥福を祈ります。

     

     

     

     

     

    それでは、「また逢う日まで」。

     

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月09日

    なんでしょう?

    今朝、「会社菜園」に何やら植えられていました。

     

     

     

     

     

    IMG_1414

    いったい何でしょう??

     

     

     

     

    私も知りません。

     

     

     

    何が出てくるか、楽しみに待つことにします(^^)

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2020年10月07日

    久々の出張

    昨日、久々に出張に行きました。

     

    約半年ぶりです。

     

     

     

     

    IMG_20201002_055148

    新幹線に乗るのは約半年ぶりです(その前日にHyTReCに行くときにも乗りましたね・・・)。

     

     

     

    一日休む間もなく何件も面談を入れて、会う人会う人いろいろお話をさせていただきました。

    取引先は来ていますか?と聞くと、やはりコロナ前ほどには戻っていないとのことです。

     

     

    新型コロナ感染対策をしながらではありますが、やっぱり直接対面で話すのが一番ですね。

     

     

    充実した一日でした!

    カテゴリー:普段思うこと
1 / 4312345...102030...最後 »
ページの先頭へ