2018年12月10日

物欲について

今ですね、アマゾンで「サイバーマンデー」というのをやっています。

年に一度の大売り出しですね。

いろいろな商品がずいぶん割引して売られています。 

 

 

で、いろいろ見ていてたのですが・・・

「本当に欲しいものがない!!」

 

 

スマホもPCもテレビも持っているし・・・

あれやこれや便利グッズを買ってもきっと一、二回使って箪笥の肥やしになるばかりだし・・・

 

 

 

で、考えたのですが、つまりこれは何とかして「買わせる」仕掛けなのですね。

私自身、時代的に生まれた時からまあまあ豊かな(餓死しない程度に)社会に暮らしているのですが、やっぱりずっとあれが欲しいこれが欲しいと思ってきたわけです。

でも、本当にそれでいいのかなあ、なんてこの頃思います。

 

 

 

「ホモサピエンス全史」という本を読むと、「ヒトは狩猟から農耕に移行して、きっと未来は収穫が安定して楽になると思っていた。でも実際には収穫量が増えるにしたがってやることが増えて大変になって、ちっとも楽にならなかった。進化って何なのだろう?」という意味のことが書いてありました。

 

 

 

物欲というものは際限がありませんが、お金を使ってこれ以上「便利」を獲得するということにそこまで意味があるのかなあ・・・なんて思います。

 

 

 

アマゾンに文句を言っているわけでは決してありませんが、「足るを知る」ということが一番なのかもしれません。

 

 

 

 

 

カテゴリー:普段思うこと
ページの先頭へ