• プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2020年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

2020年10月14日

追悼 筒美京平さん

日本が生んだ稀代のヒットメーカー、筒美京平さんが亡くなりました。

 

 

 

この人は本当にすごいんですよ。日本人全員がまさに「お世話になりました」って感じです。

 

 

 

1960年代から2000年代まで、各年代で思い出に残る曲を残しているだけでなく、今も聞けば鮮明に時代背景まで思い出されるというのはすごいですね。

 

 

 

 

60年代は「ブルーライト・ヨコハマ」「スワンの涙」、70年代は「私の彼は左きき」「木綿のハンカチーフ」「飛んでイスタンブール」「魅せられて」、80年代は「ギンギラギンにさりげなく」「センチメンタル・ジャーニー」「Romanticが止まらない」、90年代は「人魚」「強い気持ち・強い愛」「カナディアン・アコーディオン」「恋のルール・新しいルール」、2000年代に入っても「AMBITIOUS JAPAN」、とまあすごいんです。

 

 

 

ヒットチャート1位が39曲、トップ10入りが200曲と、日本音楽シーンで最も多くのヒット曲を生み出した人といっても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

さらに言うと「サザエさん」まで作曲してますからね、国民的作曲家です。

 

 

 

 

何を言いたいかというと、長い間「ときめき」を与えてくれてありがとうございます、ずっと「魅せられて」いました、ということです。

 

 

 

 

 

とはいえ、いつまでもノスタルジーに浸ってもいられません。

 

 

前を向いて「卒業」していかなければいけませんね。

 

 

 

 

 

とにかく、ご冥福を祈ります。

 

 

 

 

 

それでは、「また逢う日まで」。

 

 

カテゴリー:普段思うこと
ページの先頭へ