• プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2020年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

2020年10月

  • 2020年10月15日

    控えめに言って「最高」です

    先日お話しした、新しいノートパソコンですが、使い始めて約2週間たちます(このブログも新しいノートパソコンで書いています)。

     

    やはり性能的に素晴らしく(ほんの少しだけあれ?というところもありますが)、この感動をお伝えしたくて、価格ドットコム風に評価をしてみました。

     

     

     

     

     

     

    IMG_1378

     

    (左が今までのノートパソコン、右が新しいノートパソコンです)

     

     

    【デザイン】
    全般的にデザインは特に冒険したところもなく、必要十分な感じです。画面は14インチと広くベゼルは細めです。指紋認証やキーボードのバックライトはありません。質実剛健ですね。
    筐体に金属の使用はなく、プラスチッキーな感じです。プラスチックのために軽いという面もあるのでしょう。持ち運びに軽いほうがありがたいので特に問題はありません。本体に「MIL-STD 810G」のシールが貼ってあり、耐久性テストにはきちんと適合していると思われます。

     

     

    【処理速度】
    Core i5はいいですね。ワード・エクセル・パワポやメール、それからZoomなどたくさんのソフトを一度に立ち上げても負荷なくサクサク動きます。メモリが16GBもあるのもプラスに効いているのではないかと思います。Cerelon・4GBの今までのノートパソコンは何だったのだろう、と思わせるほどの「レベルの違い」を感じます。

     

     

    【グラフィック性能】
    グラフィックはオンボードのUHD Graphicsなので普通なのでしょうが、一般的な動画等は引っ掛かりもなくスムーズに再生されます。ゲーム等はしないのでこれで十分です。
    ちなみにベンチマークで計測したところ、最高画質(1280X720)で6264点でした。今までのノートパソコンでは712点でしたので、価格3倍で性能8倍以上になったことになります。

     

     

    【拡張性】
    もとよりノートパソコンですので、拡張性は期待していません。30周年記念モデルということでメモリ2倍、SSD2倍になっているので、ハード的にこれ以上の拡張をする必要はないと思います。microSDカードスロット、USB3.0が左右に一つずつ、フルHDMI、USB-C端子があるので、接続周りで悩むことはなさそうです。

     

     

    【使いやすさ】
    キータッチは軽くていいですね。キー配列も標準的です。タッチパッドも問題ありません。
    ただキーピッチが今までのノートパソコン(11.6インチ)より若干広くなったので、まだ慣れていません(あくまで慣れの問題だと思います)。
    あとPgUp・PgDnが独立しているのがちょっと特徴的です(よく矢印キーと間違えて押してしまう)。

     

    蛇足ながら、シャットダウンせずにぱたんと閉じて翌日使おうとすると立ち上がりません(またはとても時間がかかる)。なぜ? 

     

     

    【持ち運びやすさ】
    持った時の印象は「かるっ!」。経験したことのない軽さです。
    この項目を最重要視しており、今までの経験上「11.6インチで1kg」というアタマでいましたので、やはり14インチで1kgを切るというのは驚異的に素晴らしいです。到着時の実測で946グラムでした。充電アダプタも以前使っていたものより軽く、持ち運びが便利です。

     

     

    【バッテリ】
    100%充電して「高パフォーマンス」モードにしたところ、「残り10時間30分」との表示です。これだけ持てば実務上問題ありません。2年経ってもへたらないことを祈ります。

     

     

    【液晶】
    光沢のないつや消しタイプです。視野角も広く、明るさも十分です。室内や移動時での使用が多いので明るさは中くらいにしていますが、まったく問題ありません。もともと使っていたのが11.6インチだったので、14インチの画面に表示される情報量の多さに驚嘆しています。
    ちなみにディスプレイの拡大縮小は125%で使っています(デフォルトは150%でした)。

     

     

    【総評】
    「これ以上何を望むのだろうか」というほどのモリモリ構成で約10万円。これまでノートパソコンは3万円台の安いものを「メール・エクセルができればいい」と思って何台も使ってきましたので、価格帯が違う中・高性能パソコンには興味がありませんでした。しかしいざ今回使ってみると、サクサクで余裕綽綽、ノーストレスで感動ものです。

    CPU・メモリ・ストレージともに、今後不足してストレスに感じる場面が出てくるとは考えられません。むしろ、これだけのものが詰まっていて本当にこの値段でいいの?と思うくらいです。長く使えそうで大満足な一台です。

     

    カテゴリー:普段思うこと
1 / 11
ページの先頭へ