高石工業株式会社社長ブログ・ゴムのヒント
  • 2017年07月19日

    会社のカタチ

    私たちは2017年4月に品質マネジメントシステムISO9001を2008年版から2015年版に移行しました。

     

     

     

    この品質マネジメントシステムISO9001は、2015年版になっていろいろと変わったのですが、特にリーダーシップやパフォーマンス評価についての項目が強化されました。

     

     

     

    「ISO9001で決めたことと実際の仕事がチグハグになってはいけない」「ISOをリーダー自らの指揮の元にうまく使って、成果を上げてほしい」という狙いからだと思います。

     

     

     

    その増えた項目の一環には、「組織及び取り巻く状況の理解」や「組織にとってのリスクあるいは機会」を明確にする、ということもあります。

     

     

     

    新しく増えた項目を整備するのはどのようにしたらいいのか少し戸惑ったのですが、お仕着せではなく地に足についたものを、ビジュアル的にもわかり易いものをと考えて整備し、移行審査を受けました。

     

     

     

    おかげさまで移行審査の時は特に不適合の指摘はなく、無事に移行できました。

    ただ私一人で考えた「会社の本当のカタチ」が、審査人の方には少々わかりにくかったようです。

     

    強み・弱みは何で、周囲の状況はどういうもので、リスクや機会は何で・・・もう少しわかり易く整理したほうがいいですよ。そういう感想を頂きました。

     

     

     

     

    写真 2017-05-26 18 56 03 写真 2017-05-26 19 20 13

    こういうご指摘を受けてこれは私一人だけのアタマではなく、社内のみんなで考えた方がいいのではないか、と考えるに至りました。ということで、5月の合宿の際に参加者の皆さんにも取り組んでいただきました。

     

     

    (合宿の様子はこちらをご覧ください)

     http://takaishi-ind.co.jp/shacho-blog/2017/05/29/6219/

     

     

     

     

     

    KIMG0619

     

    ウチの強み、弱み、取り巻く状況、そしてリスクやチャンス・・・営業寄りだったり製造寄りだったり、技術・開発寄りだったり、グループの参加メンバーによって切り口は違いますが、それぞれで一生懸命に考えていただいて、実に興味深い「会社のカタチ」が出来上がりました。

     

     

     

     

     

     

    KIMG0620 KIMG0622

    今度は私が一生懸命考える番です。

     

     

    それらを元にうんうんうなりながら、まとめました。

     

     

    ちょっと時間がかかりましたが、本日出来上がりました!!

     

    これが「わが社のカタチ」です!!

     

     

     

     

     

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2017年07月12日

    UberとTaxiについて

    ちょっと前になりますが、前回の二週間の北米訪問で、Uber(ウーバー)を4回使いました。

     

     

     

    「Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。」(wikipediaより)

     

     

     

    要するに、インターネット(スマホ)を介した「白タク」ですね。

     

    日本ではタクシー業界の反対と規制の壁に阻まれて、まだほんの一部の地域でしか認可されていないようですが。

     

     

     

    実際に使ってみると、Uber はとても便利です。スマホアプリで簡単に呼べるし、ドライバーさんは親切だし、配車時に料金は決まっているからぼったくられる心配はないし、全部クレジットカードで払うからチップを渡す必要がないし。googleマップのルートで行ってくれるから遠回りされる心配はないし、社内では会話ができて勉強になるし。

     

     

     

     

    肝心の料金ですが、実際にロサンゼルス空港(LAX)⇔ホテルの行き帰り(乗車時間20~30分)でタクシーとUberを乗り比べてみました。本当は単純に空港でUberが来なかったからなのですが。

     

    LAX→ホテル 43ドル
    ホテル→LAX 23ドル

     

     

    タクシーはチップを多めにあげた(クレジットカード決済できました)というのもあるのですが、倍近く違いました。これでは客を奪われてタクシー業界が反発するのもわかります。

     

     

     

    Uberをはじめとするシェアライドはロサンゼルスでは市民権を得ているようで、空港の案内表示にも「Uberはこちら」「シェアライドはこちら」という案内までありました。

     

     

     

    Uberの優れているところは、「評価の仕組み」だと思います。目的地に着いたあと、アプリに「今回のドライバーさんを評価してください」と出てきます。

     

    車のきれいさ、対応の良さ、社内での会話などを考えて評価するのですが。この評価が4.5を下回るとクビになってしまうんだそうです。そりゃ親切にせざるを得ないです。これで安心を担保しているのですね。評価で「善意」を引き出しているともいえます。降り際に「五つ星をつけてね」とはっきりいうドライバーさんもいました。逆に言うと、こちらもなかなか低い評価をつけにくいです。

     

     

     

    車内では自然といろいろ話をすることになるのですが、ドライバーさんの年齢層や人種も様々です。ブルガリアから来たジャーナリストのおじさん、アフリカ出身の医学生、陽気なスペイン系のおじさん。基本的に皆さん本業を持っていて、空いた時間に副業でやっているそうです。それにしてもあれだけ広いアメリカ各都市で、短期間にこれだけ普及しているのはすごいことですね。

     

     

     

    課題は、ロサンゼルス空港みたいに混んでいるところでは配車がうまくいかないことです。実際、空港到着時に配車しようとしたら何度ためしても「配車ができません」と言われて、結局タクシーを使う羽目になりました。周りには配車している人がスマホ片手にたくさんいたので、皆さん配車されなくて困っているのでしょう。配車リクエストが集中するとだめなのかな。Uberのドライバーさんも「空港まで送って、そこでまた新しいお客さんを乗せられたら効率的なのに、空港でマッチングしないので空車で帰ることになる。お客さんも長い間待たされるし、どうなっているんだ。システムがクレージーだ。」と言っていました。

     

     

     

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2017年07月03日

    今年も半年が過ぎました

    7月になりました。

     

    半年が過ぎました。

     

     

     

    今年はなぜだか、ほぼ毎月海外に行っています。

     

     

    1月 アメリカ
    2月 ベトナム
    3月 イギリス・ドイツ、ベトナム
    4月 フランス・ドイツ
    5月 なし
    6月 北米(カナダ・アメリカ)

     

     

    おかげさまで面白おかしくやらせていただいています。

     

     

     

    振り返っているとなんだか昔を思い出します。 

     

    思えば20年前、アトピーで苦しんでいたころは、生きていること自体が苦痛でした。

     

     

    15年前、今の会社に入った時には、一生海外に行くことはないだろうと思っていました。

     

    10年前、膵臓を1/3取った時には、10年後生きていることすら想像できませんでした。

     

    5年前、先代を見送った時には、毎月海外に行っているとは夢にも思いませんでした。

     

     

     

     

    まあ、すべてが奇跡みたいなものです。

     

    私の場合は、まったく、生きているだけでもうけものです。

     

    「思い描いたことは実現する」と言いますが、私の場合は「思いもしなかったことさえ実現してしまう」、です。

     

     

     

     

     

    これは偶然なのか、必然なのか。

     

    よくわかりません。 

     

    「必然」という名の「偶然」なのかもしれませんね。

     

    カテゴリー:10年の振り返り
  • 2017年06月26日

    さよならだけが人生だ、けれど

    先週金曜日、鳥取工場で定年退職されるIさんの送別会がありました。

     

     

     

     

    写真 2017-06-23 14 45 08 (1)

    私も東京の「機械要素技術展」を昼から抜けて、飛行機に乗って駆け付けました。

     

     

     

     

    このIさんは45年もの間、会社一筋で勤め上げた超ベテランさんです。

    ご家庭でもお嬢さんを育て上げ、今やお孫さんもできていいおばあちゃんです。

     

     

     

    工場では困っている人がいれば声をかけ、新人さんには仕事をイチから丁寧に教えてあげ、現場の面倒見のいい「お母さん」的存在でした。

     

     

     

    それだけではなく、ベテランさんらしい作業の速さ・正確さはとても素晴らしく、仕上げの手さばきは「神業」といってもいい速さで、ほれぼれと見とれてしまいます。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-23 20 10 13 写真 2017-06-23 20 10 15 写真 2017-06-23 20 10 18 写真 2017-06-23 20 10 34

    送別会は鳥取工場の全員が出席。まさに「全員参加」でした。

     

    これもIさんの人徳の賜物です。

     

    老いも若きもIさんとの名残を惜しみ、ひと時を楽しみました。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-23 20 21 43 写真 2017-06-23 20 21 14

    「花に嵐の例えもあるぞ さよならだけが人生だ」で出会いがあれば必ず別れもあります。

     

    工場へ行くたびにワイワイ話ができなくなるのはさみしいですが、これからもお孫さんたちと第二の人生を謳歌してください。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-23 18 52 14

    45年間本当にありがとうございました。

     

    また時々工場にも顔を見せてくださいね(^^)

     

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2017年06月23日

    機械要素技術展(3)

    写真 2017-06-22 9 14 51

    東京ビッグサイトで開催されている「機械要素技術展」も二日目を迎えました。

     

     

     

     

    写真 2017-06-22 9 29 19

    この「機械要素技術展」での営業さんたちの目的は「新しいお客さまになりそうな方々との出会い」です。

     

    新しいお客様とは、何か新しく開発のテーマを持っておられる方、ゴムのことでお困りになっておられる方、いろいろ試験をしてみたい方、などです。これらの方々に私たちのことを知っていただき、「高石工業ってこんなことをしているんだ」と思っていただいて、これからにつなげるのが最大の目的です。

     

    営業さんは皆さんブースでの対応をはじめ、こちらから出かけていくなど大変熱心に活動してくれました。会場入り口のすぐ近く(さすが大阪府!!)ということもあり、ブースには本当にたくさんのお客様が来場されました。

     

     

     

     

    yobikomi

    私の役目は営業さんがこれらの新しいお客さまに出会うための「呼び込み」です。多くの人が通られても、素通りされてしまっては意味がありません。昨日の午後に引き続き道行く方々を一人でも多くブースに来てもらおうと、共同出展している他の7社の方々と協力して、今日も声をからして呼び込みをしました。

     

     

     

     

    そんなことをしながら、実は私の今回一番の目的は「たくさんの大切な人とじっくり話す」ということでした。

     

     

     

    写真 2017-06-22 10 57 02 

    その一人がKさん。

     

     

    この方は先輩経営者として、私にとって常に「この人にいつか追いつきたい!」という存在の人です。

    今回出展者を検索するときに、一番にこの方の会社が出展されているかを検索したくらいの、私の頭にまず浮かんでくる方です。

     

     

     

    このKさんと、組織のあるべき姿、現状・課題、目指すべき目標、などをゆっくりとお聞きすることができました。Kさんの言葉にはいちいちウン、ウン、とうなずくことばかりです。

     

     

     

    Kさんみたいな方とお話しすると、自分の現在位置を確認し、経営者としてぶれずにやってこれているか、自分がどの水準でやってきているのかを確認することができます。自分にとっていい振り返りの機会となり、自分は成長できているのか、これからの自分の行動をいかにすべきか、軌道修正の場にもなります。

     

     

     

    この方だけでなく、定期的にお会いするかた、久々にお会いする方、今までとは違う新しい方々との出会いは、いい「定点観測」になります。

     

     

    やはりこういう話ができる場は私にとって貴重です。

     

    このような方たちとお会いするために、会場をうろうろしたり、「呼び込み」をやっているのかもしれません。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-22 19 31 47

    明日もう一日頑張ります!! 

     

     

     

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2017年06月21日

    機械要素技術展(2)

    本日6月21日から東京ビッグサイトで開催されています「第21回 機械要素技術展」に出展しています。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 17 09 39

    ●「第21回 機械要素技術展(M-tech)」
    会期:6月21日(水)~23日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    弊社ブース:東6ホール 53-54(東6ホールの出入り口すぐ)

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 9 35 40 (1) 

    今回は大阪の中小企業支援室ものづくり支援課さんからお誘いをいただいて、8社合同という形で出展することになりました。

    場所は東6ホールを入ったすぐのところで、大変人通りが多く、いいところに位置しています。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 9 44 56

    今回わが社はこのメンバーで、「試作」「研究開発支援」を切り口に3日間、展示を行います。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 12 28 39 

    私は午前は会場のブースをいろいろ回り、午後は大阪府ブースで「呼び込み」を行いました。

    「大阪府で~す。ものづくり会社が共同出展をしています。8社共同です。どうぞお気軽にお立ちよりくださ~い!!」みたいな感じで。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 14 59 32 

    大阪府ブースでの特徴は何といっても10時と3時の「ラジオ体操」です。

     

    みんな揃ってラジオ体操をしています。なぜ「ラジオ体操」なのかはさておき、結構目立ちます。

     

    私も参加しました。うろ覚えですが、意外と覚えているものですね。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 15 12 04

    一日目が終わり、まずまずの首尾でした。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-21 19 49 36

    みんなでお疲れ様の晩ご飯です。

     

     

    明日も頑張ります!!

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2017年06月21日

    機械要素技術展(1)

    無事に日本に帰ってきました。

     

     

     

     

    帰ってきていきなりですが、実は本日6月21日から東京ビッグサイトで

    開催されます「第21回 機械要素技術展」に出展しています。

     

     

    これまで展示会と言うと、単独で出展させてもらうことが多かったの
    ですが、今回は大阪の中小企業支援室ものづくり支援課さんから
    お誘いをいただいて、8社合同という形で出展することになりました。

     

     

     

    ●「第21回 機械要素技術展(M-tech)」
    会期:6月21日(水)~23日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    弊社ブース:東6ホール 53-54(東6ホールの出入り口すぐ)

     

     

    ●同時開催
    第28回 設計・製造ソリューション展
    第8回 医療機器 開発・製造展
    第25回 3Dバーチャルリアリティ展

     

    私たちのブースは東6ホールの入口から入ってすぐの、とてもいい場所のようです。

     

     

    私も三日間、参加させていただきます。

     

     

     

     

     

     

    皆様のご来場をお待ちしております!!

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2017年06月16日

    日本に帰ります!

    北米をぐるっと一周した旅も、とうとう帰国の日になってしまいました。

     

     

     

     

     

     

    Namerica

    ルートは大体こんな感じです。

    我ながら結構な距離を移動していますね(^^)

     

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 10 21 26

    ホテルをチェックアウトしUBERでロサンゼルス空港に向かいます。

     

    ちなみに空港から来しなの運賃は40ドル強(タクシー)で帰りは20ドル強(UBER)だったので、値段もずいぶん違いますね。 

    問題は空港でUBERがつかまりにくいことかな? 

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 10 58 10

    空港近くはすごく混んでいました。「いつもこんな事ないんだけどなあ」とドライバーさんが不思議がるほどです。

     

    でも、こんなこともあろうかと早めに出たので、全然大丈夫です。

     

     

     

     

     

    ファイル 2017-06-15 13 12 16 

    国際線のターミナル番号がTBITとあったので、何だろう、’Terminal B International’の略かなあと思ったら、’Tom Bradley International Terminal’ の略でした。人の名前だったのですね。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 11 14 38

    空港につきました。

    JALのチェックインカウンターでは日本語で話しかけたら英語で返されました。見た目ではわかりません。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 11 18 25

    手荷物検査は結構並んでましたが、割とスムーズに通れました。

    それほど時間がかからなくてよかったです。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 11 40 42 写真 2017-06-15 11 41 19

    ゲートに来ました。

    これから12時間のフライトです。

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-05 8 28 44 写真 2017-06-05 16 10 23

     

    写真 2017-06-07 12 37 08 写真 2017-06-07 8 34 45

     

    写真 2017-06-10 12 01 07 写真 2017-06-14 18 51 12 

    今回の北米訪問は、ハノーバーメッセと同じくらいかそれ以上の収穫がありました。

     

    市場動向を肌で感じ、実際に多くの話を聞き、多くのコンタクトを得ました。

     

    皆さん、かなり本気度が高かったので、これからもたびたび来ることになると思います。

     

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-15 0 58 51

    唯一の心残りはたくさん買い込んだビール。

     

    半分も飲めなかった・・・

     

    カテゴリー:North America
  • 2017年06月15日

    ロサンゼルスに来ています(3)

    今日はロサンゼルス最後の日です。

     

    二週間の行程の最後なので、「予備日」くらいの心づもりでいたのですが・・・

     

     

     

     

    期限がぎりぎりで「急ぎでじっくり考える」仕事があったので、朝早く起きてしまったのもあってちょうどいいとばかりにうんうん考えて片づけて、

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-14 12 28 42 写真 2017-06-14 12 31 05 写真 2017-06-14 12 15 51 写真 2017-06-14 12 11 56

     

    サンタモニカのビーチに行って、ちょっと思いついた用事を済ませて、

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-12 11 38 33

    次に今朝、朝ご飯を食べていたら偶然出会った方の会社訪問を一件して、

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-14 16 38 33 写真 2017-06-14 18 51 12

    ダウンタウンのJETROロサンゼルス事務所で打ち合わせをして、ずいぶん話が盛り上がって、

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-14 21 37 04 写真 2017-06-14 21 37 39

    一昨日行った会社の社長さんに誘われたので夕食をご一緒させていただいて、

     

     

     

    ホテルに帰ったら夜の10時でした。

     

     

     

     

     

    おかしいなあ、今日は暇なはずだったのに・・・

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-14 22 39 54 写真 2017-06-14 22 50 51

    レンタカーは、ガソリン満タンにして返しました。

     

    三日間お世話になりました。

     

     

     

     

    カテゴリー:North America
  • 2017年06月15日

    ロサンゼルスに来ています(2)

    今週はロサンゼルスにいます。

     

    水素ステーション向けのOリングを売り込みに、現地の色々な会社を回っています。 

     

     

     

     

     

    ひとくちにロサンゼルスといってもかなり広いです。

    少し郊外の会社訪問となると100キロ離れている、なんていうのはザラです。

    なので今回の移動はタクシーやUberではなく、レンタカーを借りることにしました。

     

     

     

     

     

     

    写真 2017-06-12 8 51 48

    ホテル近くのレンタカー屋さんで借りました。トヨタ・カローラです。

    (「故障もなくてよく走るので、やっぱり日本車に限る」とはこちらで何度も聞きました。)

     

     

    これからこの車が移動の「足」になります。

     

     

    レンタカーの料金ですが、車自体は日本で借りる半額くらいです。安い!さすが車大国!と思いましたが、でもそれに対人・対物など保険をかけていくと、日本と同じくらいの値段になりました。保険はいざというときにとても大切ですので、必要ですね。

     

     

     

     

     

     

    で、実際の運転はというと・・・とても怖いです。

     

    ドキドキしながら乗っています。

     

    こんなに余裕なく車に乗るのは久しぶりですね。

    そろりそろりと走っています。

     

    日本とアメリカでは右左が逆なので、常に「右、ミギ、みぎぃ」と唱えながら乗っています。

    ハンドル回りも逆なので、ウィンカーを出そうとしたらワイパーが動いてしまったり・・・(^^;

     

     

     

     

     

    交通ルールも多少違って、赤信号でも右折は車が来ていなければ可能だとか、列車の踏切で一旦停止をしなくていいとか。

    あと、このレンタカーには(日本でいう)ETCがついていないので、入っちゃいけないレーンとか入っちゃいけない道路があるので、注意が必要です。

     

     

     

     

     

     写真 2017-01-17 9 46 54

    (この写真は今年一月に撮った写真です。今回は運転していたので撮れませんでした。ご参考まで。)

     

    フリーウェイは基本的には無料です。基本的には速度制限は65マイル(104キロ)ですが、こちらはビビっているのでそこまで出せません。横をビュンビュン抜かされます。

     

    それでも爽快です。片側6車線もあるので、見通しのいいところに来ると「わぁ、これぞアメリカだ!!」というような光景が見られます。

     

     

     

     

     

    写真 2017-01-18 8 52 01

    (この写真も今年一月に撮った写真です)

     

     

    ちなみに夕方4時を過ぎると、ロサンゼルス名物の渋滞が始まります。

    今回もしっかりとつかまりました(^^;

     

     

     

    カテゴリー:North America
ページの先頭へ