2016年05月01日

ハノーバーメッセ2016レポート<その22>

今回はフランクフルトを少し観光したことについて書いてみましょう。

 

いつも土曜日は何かが起こった時のことを考えて予備日として

一応あけています。過去3回はありがたいことに何も起こらなかったので、

ドイツを知るという意味(大義かな)もあっていろんな都市を観光しています。

(でもこれも結構重要なことだと思います。話をする相手のことですからね)

 

DSC06466

まず駅に到着後、宿へ向かいます。

フランクフルト駅の到着は予定通りの14:00。

さすがにドイツ。

 

駅からは歩いておおよそ20分。

 

DSC06471

今日一日だけの宿泊となるホテルへ。

荷物をおいたら早速観光へ出かけます。

 

今回のフランクフルト観光は、フライトが遅れたときに助けていただいたYさんと、

そのご友人でこちらで通訳や翻訳などの仕事をされている、フランクフルト在住20年の

Yさんのお二人に案内をしていただきました。ありがとうございます!

 

DSC06481

これはフランクフルトのメッセ(展示場)。

ここでは2年に一度モーターショーやブックフェアが開催されます。

広さはハノーバーに次いで世界2位です。

 

DSC06487

フランクフルト中央駅の外観。

 

DSC06498

旧オペラ座。オペラ座ですがオペラは上演されません。

ここはコンサートホールとして使われています。

 

途中にテスラのショールームがあったので、ちょっと寄ってみました。

テスラはアメリカシリコンバレーに拠点のある電気自動車の製造メーカーです。

日本のそれよりもずいぶんデザイン志向の強い車ですね。でもかっこいい。

DSC06503 DSC06499

DSC06506 DSC06501

 

 

お値段は、

 

 

DSC06504

€154,240です。約1900万円というところでしょうか。

 

 

フランクフルトは比較的小さい町なので、

2日もあれば全体をゆっくり観光できるようです。

今回は3時間程度でしたので、主要なところを案内していただきました。

 

 

ここからは少し街並みを。

DSC06509 DSC06510 DSC06511 DSC06513 DSC06516 DSC06527 DSC06528

 

最後にドイツに住んでおられる日本人について少しだけ。

 

ドイツの西のほうにデュッセルドルフという街があって、ここに「Japan Town」と

よばれる日本人町ようなものがあります。そこが商業の拠点になっていたので、

以前からここに日本人が集まっていたそうです。

 

今でもそのままデュッセルドルフに住んでいる人が一番多く、

その他ミュンヘン、フランクフルト、ベルリン、ハンブルグなどなど、

現在ドイツに住んでおられる日本人の方は35,000人ほどです。

 

この中には、ビジネスで来ている人、結婚して永住している人、

留学している人などがいて、男女比は同じか少し女性が多いようです。

女性が多いのは、結婚を機にこちらに住むようになった方が多いからかな。

 

 

さて、今は日曜日の朝8時。フライトは13:30なので、

そろそろ帰国の準備をしましょうか。

 

 

ページの先頭へ