高石工業株式会社社長ブログ・ゴムのヒント仕事のはなしSDGsへの取り組みについて~「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
  • プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2020年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

2020年09月10日

SDGsへの取り組みについて~「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」

私たち高石工業は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 

 

2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)は、国連加盟193カ国が2016年から2030年までの達成を掲げた共通の目標です。その目標達成に向けて、民間企業の技術やイノベーション力を積極的に役立てていくことが強く求められています。

 

 

詳しくはこちら(国際連合広報センター)

https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

 

 
 
 
全部で17の目標がありますが、私たちのSDGsへの取り組みの一例を紹介します。
 
 
 
  
sdg_icon_07_ja_2
「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
 
 
 
 
・本社・工場に太陽光パネルに設置しています
 
 
 
 
IMG_1214
高石工業は本社および国内3工場に太陽光発電パネルを設置しています。これからもクリーンな再生可能エネルギーの発電に貢献していきます。
 
 
 
 
 
・耐水素用ゴム材料の開発をしています
 
 
 
 
 
IMG_3209
 

多種多様なエネルギーの中でも、水素は極めてクリーンなエネルギーとして長らく注目されてきました。

その大きな期待が寄せられる一方で、技術面、経済面でのハードルは高く、普及にはかなりの時間を要すると考えられてきましたが、近年は急速にその課題解決が進み、水素社会の実現が具現化しつつあります。

高石工業は高圧水素をシールするゴム材料を研究開発し、水素ステーションで採用されています。

これからも、CO2フリーの水素社会の普及へ貢献する製品の開発・研究を進めてまいります。

 
カテゴリー:仕事のはなし
ページの先頭へ