2020年07月29日

たかが置き傘

今年は梅雨がずいぶん長引きますね。大阪での梅雨明けは今週後半になりそうです。

 

 

 

 

 

 

IMG_0939

 

梅雨の間、会社の傘立てには常に数本の傘が置いてあります。

 

 

 

誰の傘なのか、会社の置き傘なのか分からず、取り違えたり会社の傘と間違えて使うこともしばしば。

 

 

 

 

よくある光景ですが、きちんとそれぞれ名前を書くとか、表示することが一番の解決策です。あとは余分な傘を放置しておかないことでしょうか。

 

 

 

 

普段5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)などといって活動していますが、こういったところの「見える化」がおざなりになりがちですね。

 

 

 

 

「たかが傘」というなかれ、身近なところから「必要なものが必要な時に必要なだけ」揃っている状態にしていくことが大切だと思います。

 

カテゴリー:普段思うこと
ページの先頭へ