• プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2009年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ

2009年05月22日

投資としての読書その4

井上ひさしの「本の枕草子」に載ってました。

いい本を読むと自分にとっていい投資になるそうです。

さて、私で言うとどうかな?

自分が最近読んだ本でやってみました。

 

1.「失敗は予測できる」 中尾政之著 (光文社新書)

定価:735円

評価:1500円 

「失敗学」を解説した本。実例がたくさんあっていい本ですね~。身につまされます。あんな坂こんな坂まさか、のために仕組みで防ぎましょう。

 

2.「週刊サッカーマガジン」 ベースボールマガジン社

定価:450円

評価:300円

時々ハッとすることが書いてあります。

今号はそうでもなかったな。

あえて選んだ今週の一言は、「人間は負けにも慣れる」

 

 

3.「コーチングの神様が教える「できる人」の法則」 マーシャル・ゴールドスミス著 (日本経済新聞)

定価:1890円

評価:5000円 

ある方が「この本は深いね~」とおっしゃってました。わたしもすごく深い、と思います。

 

4.「英雄三国志(2)」 柴田錬三郎著 (集英社文庫)

定価:1000円

評価:1500円 

昔(中学生ぐらいに)読んだ時は時を忘れるほど面白かったのにな~。でもおもしろい。

 

5.「ワンピース13」 尾田栄一郎著 (ジャンプコミックス) 

定価:410円

評価:800円 

親戚から借りた本なのですが、一気読みしてしましますね。

絵はへたうまですがストーリーは泣かせます。

最新刊は53巻?まだまだあるな~

 

6.「デスノート5」 大場つぐみ・小畑健著 (集英社) 

定価:410円

評価:1000円

キラがだんだん壊れていきます。手段が目的化しています。感情移入しにくいな。狂気と思い込みは紙一重ですね。私は映画版も好きです。

 

7.ジェネラル・ルージュの凱旋(下) 海堂尊 (宝島社文庫)

定価:500円

評価:3000円。

面白い。ドライブ感のある展開です。現代日本が直面する医療問題にも直球を投げ込んでいます。グッチーがなんだかだんだんしゃんとしてきますね。映画も見ときゃよかったな。

 

8.「顔を洗うこと、心を洗うこと」 今野華都子(サンマーク)  

定価:1365円

評価:1000円

書いてあることが千里眼的で、少し宗教チックです。人により好き嫌いがあるかも。素直に受け取って妄信しなければ、すごくいい気付きを得られる本ですね。

 

9.「資本主義はなぜ自壊したのか」 中谷巌著(集英社) 

定価:1785円

評価:1000円

 「自壊」というより「自戒」な本です。サブプライム問題は「ない」金で「ある」取引をしたインチキ経済ですよ。書いていることは至極もっとも。ただ、現場感覚に近いことをいまさら言っている感じがします。

 

10.「名探偵の掟」 東野圭吾著 (講談社文庫) 

定価:620円

評価:5000円 

推理小説の不条理やお約束を徹底的にギャグにしていて面白いです。今ドラマになってますね。テレビだとどうなるのか、あ~なるほどそうなるのかと思いながら見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:投資としての読書
ページの先頭へ