高石工業株式会社社員の「のびのび」ブログ
  • 2020年07月30日

    犬は知っていた?

    お久しぶりです。

     

    石原愼太郎です、ブログは何年ぶりでしょう。

     

     

     

    えっ?そうです、元東京都知事のあの人と同じ名前ですよ。

     

     

     

    私は、もともと鳥取工場の出身なので、鳥取で12年勤務しました。

    2014年12月から、単身赴任で大阪工場で勤務すること5年半、勤続年数も17年を超えました。

     

     

    私には、鳥取の実家で飼っていた犬がいます。

    その名も「シャイビー」、雑種ですがオス犬です。

     

     

     

    そんなシャイビーとの出会いは、私が大学に行く前の話です。

     

     

     

    あれはちょうど2000年問題で世間がざわついていた頃、近所の方に、子犬いりませんか?ということを言われ、6匹の子犬がいるうち、一番元気がなくて貰い手がなさそうなプルプルと震えている犬をもらいました。

     

     

     

    産まれたときから生き物の成り立ちは決まっているのでしょうか?
    成犬になっても、子犬のころのような癖はずっと残っていて、いつもプルプル震えていました。

     

     

     

    そんなシャイビーですが、他の犬とも全く喧嘩をすることもなく、優しい犬です。

    人懐っこくて、誰にも吠えないような真面目な犬で、目も常に潤んでいます。

    番犬としてはイマイチなところもありましたが、とにかく落ち着いた犬で、毛色も純白の犬でした。

     

     

     

     

     

     

    私が大阪で単身赴任生活を始める数日前、沖縄県へ2泊で旅行に行ったのですが、その旅行中シャイビーは、息を引き取りました。

    14年くらい共に生活をしていたので、私にとってはショックが大きかったです。

     

     

     

    ちょうど沖縄旅行に行っているときで、単身赴任で大阪に行く前に家族に自分の苦しむ姿を見せたくなかったのかな?

     

    今思えば、大阪工場に行く前の私に何かを伝えたかったのかな?とも思います。

     

     

     

     

    生きていれば、人は誰しも腹が立ったり、イライラしたりすると思います。

     

     

    私もよく母親に、

     

    「短気は損気」

     

    「実るほどに頭を垂れる稲穂かな」

     

    と何度も聞かされました。

     

     

     

    大人になって、「落ち着きなさい」ということを教えてくれたのは、このシャイビーです。

     

     

     

     

     

    5年半経った今でも、シャイビーの写真は実家に飾っています。

     

     

    もし、今でもシャイビーが生きていたなら・・・
    今の私を見てどんな反応をしてくれるのかな?と思いながら、日々生きています。

     

     

     

     

     

     

    D14D4B3C-4C3F-48CF-BC40-212B8EBC6DD0

     

     

    そんなシャイビーがガッカリしないように自分を落ち着けようと決めた(*^-^*)

    40歳前の夏です(笑)。

     

     

    カテゴリー:少ししみる話
  • 2020年07月22日

    製品倉庫の模様替え

    こんにちは、営業部の斉藤です。

     

    最近、製品倉庫の模様替えをしています。

     

     

     

     

     

      image7 

     

    作業台の上に棚を取り付けました。

     

    横幅は作業台と同じで、挟み込んで取り付けができます。

     

    最初こんな棚が売っているとは思わなかったのですが、探してみるとあるものですね。

     

    みんな考えることは同じのようです。

     

     

     

     

     

     

     

     image3

    リフトの上げ下ろしに使う、カゴ車を追加しました。

     

    2階製品倉庫から1階の出荷場に製品を降ろす、リフトのカゴ車です。

     

    このリフト自体がもともと特注で作ってもらったので、間口が小さめになっています。そのため、従来のカゴ車も特注(写真左)です。

     

    これも探せばあるもので(写真右)、汎用品より小さなサイズを別のスタッフが探してきてくれました。

     

     

     

     

     

     

     image0

     

    出荷の際にQRコードのチェックをするiPadホルダーを新しくしました。

     

    以前のものは遠くで支えているせいか操作すると揺れがあったので、しっかり押さえてくれるアームにしました。

     

     

     

     

     

    私は普段DIYしないので戸惑いましたが、どれもよく考えられていて、簡単に組み立て・取り付けができました。

     

     

     

    手伝ってくれたみなさん、ありがとうございました。

    カテゴリー:改善いろいろ
  • 2020年07月16日

    ゴム伝道師による「SGW」体験

    こんにちは。ゴム伝道師の高石純二です。

     

     

     

     

    こちらで改めてゴム伝道師の活動について、説明させていただきます。

     

     

    高石工業では私を含む4名で「世界に一つの手作りゴムワクワク体験(以下、SGW)」の活動を行っております。

     

     

     

    「SGW」とは参加者の方々にゴムについての説明を交えながら、実際に使われている機械(古い機械ですが現役です)を操作してもらい、金型を使って世界に一つの自分だけのオリジナルゴムを作ってもらうという体験を提供しています。

     

     

     

    ゴムについて知ってもらい、ゴム製品を実際に作ってもらうという、まさに伝道師の役目です!!

     

     

     

     

     

     

    IMG_2304  IMG_2104

     

     

     

    金型が必要なので、作れるものは、スタンプマットやマウスパッド、箸置き、ボール、ゴムブロックなど限られていますが、色を混ぜたりといったこともできますし、別途料金となりますが、金型のデザインから完全にオリジナルのものも作れたりもします。

     

     

    実際にお客様の会社のノベルティ用に、金型から作っていただいたケースもあります。(下の写真をご参照ください。)

     

     

     

     

    E3122DB3-5B34-4C72-A500-9941A34D91B7

    ※白色と赤色はペイントで塗装されています。 

     

     

     

    また、工場見学も可能で、製造体験と合わせて見学していただくことで、より詳しく知っていただくことができます。

     

     

     

     

    更に、学校等指定の場所までミニ成形機を持って行って出前授業のようなこともできます。

     

     

     

     IMG_5407

    (こちらは実際の出前授業の写真です)

     

     

     

     

     

    さらにさらに、2年前から茨木市のふるさと納税の返礼品として「SGW」を選んでいただけるようになりましたので、茨木市に寄付をしていただいた方の体験というのも増えました。

     

     

    もともと、このSGW体験は地域活性化を狙うという意味合いもあったので、このふるさと納税の返礼品として体験していただくというのは相性が良く、最近はふるさと納税を利用して多く体験していただいています。

     

    https://www.furusato-tax.jp/product/detail/27211/4451926

     

     

     

     

     

    いずれも、大人から子供まで(小学生以上)学んで楽しめる内容となっておりますので、興味のある方は是非ご連絡をお待ちしております!!

     

     

     

    【ご興味のある方はこちらまでご連絡ください】

     

    E-Mail:sgw@takaishi-ind.co.jp

     

    TEL:072-632-3595 (担当:ゴム伝道師 高石 純二)

    カテゴリー:SGW
  • 2020年07月09日

    マイカー通勤

    こんにちは。営業部の古家です。

     

     

     

     

    まだまだ新型コロナ禍の影響が続き、予断を許さないご時世ですが、我が社では時差出勤や在宅勤務などの対策を講じてきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0881

    私はここ数か月、電車通勤からマイカー通勤に変更して対策しており、車という「動く個室」で贅沢な時間を過ごしています。

     

     

     

     

    最近は流れてくる音楽に合わせて一人カラオケを楽しんでいます。

    歌が上達しているかは疑わしいですが。。。

     

     

     

     

    反面、電車通勤がいかに楽だったかと気づかされました。

    考え事しながらでも、読書をしながらでも、最寄り駅まで連れて行ってくれます。

     

     

     

     

     

    そしてこのたび、マイカー通勤から電車通勤にまた戻ることになりました。

    ただ、世間では感染者がまた増えつつあるとの報道もあり、少しビクビクしています。

     

     

     

     

     

    どの通勤手段でも一長一短がありますが、いずれにせよ、早く以前の様な平時に戻って欲しいものですね。

     

     

     

    カテゴリー:その他
  • 2020年05月29日

    アクアリウムはじめました。

     

    こんにちは。 

    営業部の中村です。

     

     

    3月から続いた新型コロナ自粛ですが、緊急事態宣言も解除され

    徐々にではありますが、日々の日常を取り戻しつつありますね。

     

     

    このコロナ自粛で、アマゾンプライムやネットフリックスなど自宅で楽める

    コンテンツが流行りましたが、かくいう私はアクアリウムを始めました。

     

    とはいっても、水槽も知識もないので

    ネットで必要なものを調べつつヤフーショッピングでポチポチ。

     

     

    本当は水槽の立ち上げから写真を撮っていれば、経過観察が見れて

    楽しかったのでしょうが、そこまで頭が廻らず・・・現在はこんな感じです。

     

     

    image7

     

    2

     

    image5

     

     

    最初は水草をちょこちょこっと植えていましたが、2ヶ月ぐらいでかなり伸びてきました。

     

    見にくいですが、流木にウィローモスというコケの一種を這わせるなどして

    若干凝っています。

     

    さらに下土にはグロッソという横に伸びる水草を植えて、

    まさにアルプスの草原の様・・・にはなりませんでしたが、まぁまぁいい感じです。

     

    1

     

     

     

    ちなみに水槽はホームセンターで購入した、ステンレス製のラックに乗せています。

    若干心配していましたが、今のところ問題なくスッキリ収納もできます。

          ↓

     

    image1

     

     

     

    熱帯魚は定番のネオンテトラを十数匹と、

    ニューギニアレインボーという魚を4匹を入れていて、

    全て通販で購入しました。

     

     

    最初は通販で買うことに違和感がありましたが、

    今のところ1匹も天に召されず、ぶくぶく太ってます

    ペットは飼い主に似るんですねー。

     

     

    アクアリウムはインテリア性も高く、部屋の雰囲気もガラッ

    変わるのでおすすめです。

     

     

    皆様もアクアリウムに挑戦してみてはいかがでしょうか。 

     

     

     

    カテゴリー:その他
  • 2020年04月27日

    テレワーク始めました。パート2

     
    こんにちは。営業部の古家です。
    先日遅ればせながらテレワークを初体験しました。
     
     
    朝は少しゆっくり寝れるかなと思いきや
    いつもより早く目が覚める始末(遠足当日の小学生の様)
     
    どの場所でやろう?リビングかな?
    でも犬が吠えまくるなぁ。。。
    どんな格好?ジャージ?いやいやさすがにそれはマズいでしょ。
     
    と言って、ネクタイ締めるのも疲れるし。。。
     
    結局、物置部屋を片づけて場所を作り、パソコンをセット!
    格好はカメラに写っても大丈夫な様に上はいつものワイシャツ(下はジャージ!)
    8時過ぎに会社に連絡してスタートしました。
     
     
    どんな感じかですって?
     
    例えるなら「出張中の列車内にずっといてるみたいな感覚」
    なにか物足りないというか、寂しいというか。
     
     
    最近は会社に出勤した時も「密」を避ける為、事務所と離れた所で仕事を進めています。
    個人的には、声が聞こえて人の気配を感じられるほうがいいのですが。。。
     
     
    テレワークでちょっぴり人恋しくなった今日この頃でした。
     
    カテゴリー:その他
  • 2020年04月23日

    テレワーク はじめました。

     

    こんにちは。

    営業部の中村です。

     

     

     

    新型コロナウィルスの流行を受けて、これまで社内でも

    マクスと消毒液の配布・時差出勤・車通勤の推奨・Skypeを活用した3密防止など

    さまざまな対策を講じてきました。

     

     

    そして私の所属する営業部でも、今週からテレワークを実験的に開始しました。

     

     

     

    システム上、全員在宅という訳にはいきませんが、各自日替わりでテレワークをおこない、感染リスクの軽減と実用に向けての問題点を浮き彫りにしていきます。

     

     

    通信など業務で発生しそうな問題点は解決しましたので、仕事上での心配はあまりしていません。

     

     

     

    私のテレワークでの心配事は、唯一の運動であった通勤がなくなることです。

    休日もなくべく外出を控えているので、肥満・・・運動不足が心配です。

     

     

     

    今のところ、1人での散歩やランニングは問題ないようなので、今週の休日は近くの河原にでも行こうかと考えています。

     

     

    ・・・。

     

     

    休日に1人で河原・・・。笑

     

     

    独身貴族はつらいですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    カテゴリー:その他
  • 2020年04月20日

    ベトナムからの布(ポリ)マスク入荷しました

     

    総務部の高石純二です。

     

    さて、新型コロナウィルスの流行で様々なところで影響が出ています。

     

    高石工業はおかげさまで、今のところは売り上げが落ちることはなかったのですが、6月ごろから影響が出てくるのではないかと思います。

     

     

     1月中旬に中国で新型コロナウィルスが流行しているとのニュースがあった際に、ある従業員から「使い捨てマスクを購入しておいては?」と言われ、もともとBCP(事業継続計画)で十分な備蓄(50枚入り10箱以上)をしており、日本で流行しても1か月程度で収まるだろうと思っていたので、「すぐに収まるし、慌てて購入しなくても大丈夫ですよ」と返答をしていました。

     

     

    その日、仕事で薬局に立ち寄った際に、中国の方が買い物カゴいっぱいに使い捨てマスクを入れて購入していたのを見かけて、大丈夫と言ってはいたものの、若干不安を覚えたので追加で4箱購入しておきました。

     

    その日以降、薬局で山積みされた使い捨てマスクを見ることは無くなりました。

     

     その後は皆さんよくご存じの通り、マスク争奪戦に突入しました。

    私も個人的に休みの日に薬局に開店前に並んで購入しましたが、十分な数量を確保するのは困難でした。

     

     

    安価な使い捨てのマスクを入手するのが困難になる日が来るとは、誰が思っていたでしょう!!

     

    しかも、アメリカやヨーロッパなど、もともと一般の人がマスクをする文化なかった国でもマスクをするように変わってきたので、今後しばらくは、不織布マスクは入手困難になり、値段も今までのように50枚入りで400円~500円という値段で買えなくなるだろうと思います。

     

     そして、備蓄していたマスクに加え、出張の際にベトナム工場からも4箱ほど持ち帰らせてもらいましたが、とうとう4月上旬には普通サイズの不織布マスクが在庫切れになりました。

     

     そこで、ベトナムの工場長が布(ポリ)マスクを知り合いのブローカーから

    入手して、実際ベトナム工場でもすでに利用しているということで、日本に送ってもらうことにしました。

     

     

     11 ← ベトナム工場長

     

     

     また、数量も十分に確保できるということから、従業員分だけでなく、困っている会社もたくさんあるのではと思い、他の会社の知り合いにも声をかけてみましたところ、なんと、1000枚を超える注文をいただきました。

     

     

    先週末にベトナムからマスクが届き、今日明日で、引き取りに来られる方、発送依頼をされる方の対応に追われながらも、困っている皆さんに喜んでもらい、やりがいを感じています。

     

    おそらく、まだまだ布(ポリ)マスクの需要は必要とされると思うので、4月末を目標にもう一度ベトナム工場長を通して、再び発注をかけようと思っています。

     

    このブログを読んでいただいている布(ポリ)マスクを必要とされている方には、ご注文をお受けいたしますので、ご連絡をお待ちしております。

     

     

    連絡先:高石工業株式会社

         総務部 高石純二

         E-Mail:j-takaishi@takaishi-ind.co.jp

     

     

    ・10枚入り(色の指定はできません)…1500円

    ・送付ご希望の方は別途送料800円かかります

     

     

    なお、取り扱う布(ポリ)マスクについての情報は以下の通りです。

     

     

    ・色によって大きさが違います。(色ごとに作っている工場が違います。)

    マスクの口元の部分から耳掛けの外側の長さで大きさが大体わかるので確認

    してから使用してください。(日本人の成人男性には少し小さめのものがあり

    ますが、一度洗濯すると少し伸びます)

     

     

     

    ・洗剤に漬け置き後、優しく押し洗いでお願いします。

     (弊社ベトナム工場では洗濯機で洗っても30回以上使えているそうです)

     乾燥機やドライヤーは使わないでください。

     

    ・素材は、ポリスバンデックスというものでポリエステル系になります。

     

    ・布(ポリ)マスクもベトナムの仕入れ先で売れ行き好調とのことで、手配に

     時間を要する可能性があります。必要な場合はお早めにご連絡をお待ちして

    います。

     

     12

     

     

    マスク着用も重要ですが、手洗い・消毒・うがいなどもしっかり行い、コロナウィルスに感染しない・感染させないように十分注意して、共に乗り越えていきましょう!!

     

                      

     

     

     

     

    カテゴリー:その他
  • 2020年04月01日

    パッキン・ゴムの試作についてご紹介

     
    こんにちは。
    営業部の中村です。
     
    4/15~17に開催予定の「名古屋機械要素技術展」が
    新型コロナの影響で9月に延期となってしまいました。(´;ω;`)ウゥゥ
     
    そこで今回は、展示予定であったアルミ金型を用いたパッキン・ゴムの試作
    についてご紹介したいと思います。
     
    試作型
     
     
    弊社試作の特徴は、精度が高い・納期が速い・材料提案が出来るの3点です。
    ではまず、その特徴について解説していきます。
     
     

    1)精度が高い

     

    試作で用いる金型は、一部を除きすべて自社設計・自社製作です。

     
    そして製作工程も全て、量産工程と同様の手順でおこなうため、
    量産品と同等の品質・高精度の試作を提供することが可能です。
     
    基本的に量産を見越して試作をされる方が大半だと思いますが、
    量産工程のシュミレーションを事前にすることで、問題点を把握し
    解決することができます。
     
    また、設計段階やテスト品の場合も同様で、
    形状や技術的なご提案をすることが可能です。
     
     

    2)納期が速い

     
    上記でお伝えした通り、試作金型は自社設計の自社製作です。
    極力ムダな業務を省くことで、打合せ~製作までスピード感を持った対応が可能です。
    混み具合にもよりますが、ご注文から最短2週間で試作品をお届けします。
     
     

    3)材料提案が可能

     
    弊社は量産品に関しても、自社で一貫生産しています。
    これは創業以来続けており、ゴムの練りもしかりです。
     
    先に申し上げると・・・弊社はしつこいです。
    ご依頼時に、使用環境は?、流体は?、温度は?、圧力は?など
    かなり細かく伺います。
    鬱陶しいなと思う方もおられるかも知れませんが、ここが大事なプロセスなんです。
     
    多種多様な製品を作り続けてきたノウハウで、
    使用環境や形状に最も適したゴム材料をご提案させていただきます。
     
    弊社は納品して「はい、終わり」のメーカーではありません。
    「あれ?高石のパッキンを組み込んだ製品だけ不具合やクレームがない・・・。」
     
    弊社はここを目指しています。
     
     
     
     
    さて、次は対応可能な形状・材料・費用などについてご説明します。
     
     

    1)対応可能な形状について

     
    基本は最大径150mm以内、厚みが10mm以内でお願いしています。
    手のひらサイズの「小型精密パッキン」が弊社の得意分野です。
     
    それ以上のサイズも対応可能ですが、通常よりも納期・費用がかかります。
    詳しくはお問い合わせください。 
     
     

    2)材料・数量について

     
    NBR・EPDM・FKM(フッ素)・FFKMの4種を取扱いしております。
    試作数量は1個から対応しておりますが、アルミ型の強度上、数百個単位の数量は
    原則対応しておりません。
     
    20~50個程度をベースとしてお考えください。
     
     

    3)費用について

     
    形状や数量によって異なりますが、
    金型費:8万円~ 製作費:3.5万円~となります。
     
     
     
     
    いかがでしたでしょうか。
     
    久しぶりのブログでしたが、脳内の展示会モードが抜けていないので
    すらすら書けました。笑
     
    今回は量産をする前提でお話させていただきましたが、
    もちろん試作のみのご依頼も大歓迎です。
     
     
    まずは下記お問合せフォームより、お問合せください。
    https://takaishi-ind.co.jp/contact/
     
     
     
     
     
    カテゴリー:その他
  • 2020年02月21日

    「第24回 機械要素技術展」について

    2020年2月26日(水)~2月28日(金)に出展を予定しておりました「第24回 機械要素技術展」についてですが、新型コロナウィルスの影響が拡大しており、弊社ブースにご来場されるお客さま、説明員の安全に配慮し、出展を取りやめることを決定しました。

     

     

    説明員は派遣せず、ブースにはチラシのみの展示となります。興味を持たれましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせをいただけましたら順次ご連絡をさせていただきます。

     

     

    ご来場の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

    カテゴリー:その他
ページの先頭へ