わが家のいろいろ

  • 2020年09月17日

    辣韭(ラッキョウ)づくり

    鳥取工場の石川です。

     

     

    私は鳥取砂丘の近くの鳥取市福部(ふくべ)町に住んでいます。福部町は20世紀梨(ナシ)や辣韭(ラッキョウ)づくりが盛んな所です。私の家の家も祖父の代から特産のラッキョウを作っています。

     

     

     

     

    C70AD1FA-66E3-403A-B6B9-484976707ECF

    鳥取砂丘の砂が水はけがよく、ラッキョウの栽培に適しています。ラッキョウは白くてシャキシャキとした触感が人気で、血液をサラサラにする作用があり、健康にいいと言われています。

     

     

    ラッキョウの出荷は、5月中旬頃から6月中旬過ぎまであります。出荷時は機械でラッキョウを掘るのですが、皆さんが食べるサイズに切る作業は一つ一つ手作業で切っているので、とても大変な作業と人手が必要となります。

     

     

     

     

     

    1C3F7B73-7C89-4E09-B483-684C2BA3574B 

    また来年収穫するために、7月中旬頃から9月上旬にかけて植え付け作業をしなくてはいけません。一年で一番暑い時期に一粒ずつ人が手植えをしていきますが、広い畑に数人で植え付けをします。この作業が一番辛い作業ですが、この作業で来年の収穫に影響が出るので、とても重要な作業になります。

     

     

     

    私の父は、福部町のラッキョウ生産農家で現役生産者最高齢です。

     

    昭和4年生まれの91歳になりますが、今でもトラクターに乗って作業をしています。できるだけサポートしていますが、父親の方がとてもパワフルでかないません。毎日3食ラッキョウを食べてるいるからかなと思います。

     

     

     

     

     

    9B74E64C-3309-40ED-B56C-E86C8C9D7E5B

    農作業は生きがいかと思いますが、無理はしないで100歳を目指して長生きをしてほしいと願っています。

     

    カテゴリー:わが家のいろいろ
  • 2020年08月27日

    縛られなくてもいい時もある

    私は鳥取工場で働く「見た目はおじさん頭脳は子供」のいしはらあきらです。

     

     

    私の子供は3人いて、そのうち1人が今年小学生になりました。
    お盆休み中、子守りをしながら夏休みの宿題を丸付けしていると、思わず笑う回答がありましたので今回はその内容を書きます。

     

     

     

    (問題)
    下の絵を参考に、下記に書かれている文章の空欄を語群より選んでうめましょう。

     

     

    ① [ ]が[ ]をたべる。
    ② [ ]が[ ]で絵を[ ]。

     

     

    【語群】
    おとうと ・ かく ・ くさ ・ たべる ・ うし ・ こうえん

     

     

     

    上記のような問題です。
    ちなみに絵は2つあって、
    ① 牛が草を食べている絵
    ② おとこのこが公園で絵を描いている絵
    でした。

     

     

     

    なんて簡単なのでしょう!
    そして娘が書いた答えは・・・

     

     

     

     

    ① [おとうと]が[うし]をたべる。
    ② [こうえん]が[くさ]で絵を[かく]。

     

     

     

    思わず笑ってしまいました(笑)
    何となく文章ができているのが不思議な感じです。
    縛られなくてもいい時もあるのかもしれません。

     

     

     

     

     

    ushi-illust12

    毎日暑いですが、笑って元気を出して夏も、コロナも乗り切りましょう。

    カテゴリー:わが家のいろいろ
  • 2020年08月06日

    我が家の癒し担当

    はじめまして。

    山崎工場製造部の藤田です。

     

     

     

     

    新型コロナウィルスの影響で、自粛の日々が続いています。

    自粛により、何かとストレスがたまりやすいですが、皆様はどのように解消されていますか?

     

     

     

     

    我が家には猫が2匹います。

    1匹は結婚してすぐに飼い始めた三毛のおばあちゃん猫、もう一匹は新入りの黒猫です。

    猫を飼い始めたきっかけは、妻が猫好きだったことです。

     

     

     

    2匹とも保護センターから譲り受けました。

    三毛猫は臆病ですが優しい性格、黒猫の方は好奇心が強く、大胆な性格です。

    猫も人間と同じように個性があり、見ていて飽きないです。

     

     

     

    休日も今までのように出掛けることが出来ず、ストレスを感じる事がありますが、我が家は2匹の猫に癒しをもらっています。

    落ち込むことや、イライラすることがあっても、猫のかわいい仕草やのんびり寝ている姿は癒されます。

    子供たちも学校以外は家で過ごすことがほとんどなので、猫とたくさん遊んでいます。

     

     

     

     

    今回は黒猫の方を紹介したいと思います。

    背中には、お気に入りの猫のぬいぐるみが乗っています。

    赤い首輪をしていて「魔〇の宅〇便」の「ジ〇」のような見た目ですが、

    名前は「めい」です。

     

     

     

     

     

    のびのびブログ用_R

     

     

     

    カテゴリー:わが家のいろいろ
1 / 11
ページの先頭へ