社員の「のびのび」ブログ社員の「のびのび」ブログ
2021年4月29日

親指シフトキーボード販売終了

2021年3月8日のニュースです。

 

 

「親指シフトキーボード、ひっそりと前倒しで販売終了。40年の歴史に幕

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1310461.html

 

 

 

 

何年も前の話ですが、ワープロ雑誌の若いライターが親指シフトを絶賛していました。

 

「雑誌の巻末に付いている、紙の親指シフトのキーボードで打ち方を練習してみてください!」と。

 

 

 

 

だまされたと思って机の上に張り付けて、紙が破れる位打つ練習をしました。

 

ローマ字で打つことに比べたら指が痙攣するような事がなく、スムーズに入力できたと思います。

 

 

 

 

どれくらい打てるかを電気店の展示品で試し、それなりに使えそうなので、親指シフトのワープロを購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、10年は使ったと思います。

 

 

 

 

その後、パソコンを購入する際に、親指シフトを選択するかどうか迷いました。

 

 

 

 

 

当時ローマ字キーボードが1万円位だったので、ローマ字入力のものを購入しました。

 

キーボードが安価なら、今でも親指シフト派だったかもです。

 

 

 

 

キーの位置を記憶しないとだめですが、使える様になったら便利だったと思います。

 

コストパフォーマンスが悪くなければ、使い続けていたことでしょう。

 

 

 

 

もう使わなくなって何年も経ちますが、なんとなく寂しいですね。

 

 

ページの先頭へ