普段思うこと

  • 2013年11月25日

    早朝勉強会in鳥取

    今から4~5年前、「早朝勉強会」というものに出席していました。

    色々な業界からいい会社を作ろうと頑張っている経営者が集まって近況報告や景気動向、最近のトピックについて話しあう会です。月に一度、尊敬する先輩の経営者がたに触れ合って刺激を受け、勉強をさせていただいていました。
    その早朝勉強会は今はもうないのですが、なくなってからも時折お互いの会社を訪問しあったりして連絡を取り合ってきました。そして今回、そのうちの3人の方々が弊社の鳥取工場にやってきてくれました。
    30代~50代の社長さんに来ていただいて会社概要を説明したのち、工場を見ていただきました。この3年ほどの5S・改善の取り組みとこれからの提案開発型の会社を目指す意気込みを見ていただけたのではないかと思います。一方でなかなか鋭いご指摘もいただきました。さすがに皆さんレベルが高いなあ、と改めて刺激をいただきました。
    ・・・とここまでが真面目な話で、わざわざ鳥取に集まってもらったのにはわけがありまして。
    実は今回のメインイベントは「カニツアー」です。今月解禁になったばかりのとれとれのカニを良心的な値段で出してくれる、浜近くのカニ料理屋さんに行きました。
    s-写真 2013-11-22 18 04 58.jpg
    カニは「タグ付き」です。「タグ付き」は初めて見ました(^^
    s-写真 2013-11-22 19 39 41.jpg
    わが社のメンバーも入れて和やかに盛り上がりました。
    s-写真 2013-11-22 20 27 25.jpg
    最後はお店の前で、はい、チーズ!
    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年09月09日

    これは投信ではない

    先日「鎌倉投信」の受益者説明会に参加して来ました。

    私は「鎌倉投信」に投資しているわけではないのですが、知り合いから「面白いからぜひ行ったらいいですよ」勧められて行ってきました。

     

    (最初に断わっておきますがこの投信を勧めているわけではありませんので、投資は自己責任でお願いします。)

     

    一日かけて説明会に参加して、「これは投信の説明会ではない。いい会社のお披露目会だ。」そう思いました。

     


    s-写真 2013-08-31 10 03 30.jpg

     

    最初に30分ほど、投信の決算説明です。決して難しい言葉が出てこない、わかりやすくて胸に届く説明でした。

     

    「いい会社の風土はごまかせない。会社の雰囲気がとても大事。」というファンドマネージャーの一言が心に残りました。

     

    その会社がなくては日本が駄目になる、だから私たちは投資する。その会社がつぶれて失う損失と、私たちが投資に失敗して失うお金のどちらが重いか、が投資基準だそうです。

     

    その後は午前・午後を通して、会社の紹介とその会社同士のパネルディスカッションです。お仕着せらしいものは全くなく、投資してくれという言葉も一度も出ません。

     

    そして「いい会社」として出てくる会社(その多くが鎌倉投信の投資先)と経営者がまた魅力的なのです。いずれもいい会社で、同じようなことを考えておられます。そんな会社が6社も出てくるんだから面白くないわけがありません。どの会社も斜陽の産業に決して悲観せず、試練を景気など周りの社会環境のせいにせず、前を向いて自分で考えて行動しています。

     

    笑いの絶えない、大変あったかい雰囲気の総会でした。

     

    その後の懇親会はさながら「同窓会」でした。投資者でありながら、みんな仲間だという空気がひしひしと感じられました。お手伝いのボランティアの人たちもなんと投資者(受益者)の方々なのだそうです。

     

    最後には受益者同志が集まって、スタッフとともに写真を撮っていました。本当にこれが投信の総会なのか。不思議な感覚になります。

     

     

    「いい会社」に投資する投信は、いい雰囲気の「いい投信」である。そうとしか言いようがありません。

    「風土はごまかせない。」ファンドマネージャーが行っておられたこの言葉はこの投資信託にも当てはまるのかもしれません。

     

     

    (くどいようですがこの投信を勧めているわけではありませんので、投資は自己責任でお願いします。)

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年08月28日

    合気道

    最近暑い日々が続いて、夏バテをしております。

    そんな中、大雨が降って少し涼しくなったので、合気道に行ってきました。

     

    始めたのが結構古くて、18歳のころからやっています。仕事やらなんやらで休んでいる期間も長いのですが、20年以上経った今も細々と続けています。だからちっとも上達しないのですが、飽き性の私にしては驚異的に長いお付き合いです。

     

    合気道というのは争わずに相手の気と自分の気を合わせることと、自分の力を抜くということが大切なのですが、それが自分の性に合っているのかもしれません。

      

    たまたま会社で話をしていたら、うちの営業のFさんが興味を持ったので、さっそく連れていってきました。 

    簡単に受け身の練習をして、それから基本の技をいくつか試してもらいました。

    指導の先生に一つ一つ技の解説をしてもらい、それを私がFさん向けに解説しながら、約一時間のお稽古を汗だくになりながら行いました。

     

    本当に初めてのお稽古であり武道経験のない人なので大丈夫かなと思っていたのですが、Fさんは素直に取り組んでくれました。何とはなしに合気道は力を競うではない、争うものではないということがわかってもらえたのではないかと思います。

     

    Fさん本人も「気を合わせる」「力いっぱい握っているのに倒される」という初めての体験に「不思議ですね~、不思議ですね~。」という言葉を連発していました。

     

    開祖の言葉にありますが、「稽古は愉快に、でも真面目に」という気持ちで、私自身これからも無理せず、体と心を修養することができるといいと思います。

     

     

    s-写真 2013-07-17 11 18 37.jpg

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年08月20日

    鳥取工場は農園だった?

    鳥取は有数の農業県です。
    米やラッキョウはもちろんのこと、今の季節ならスイカ、もう少ししたら梨が味わえます。
     
    そんな鳥取にあるわが工場も、農場か?と見まがう光景が繰り広げられております。
    s-写真 2013-08-09 12 35 44.jpg

    グリーンカーテン。ゴーヤです。班長が半年かけて育ててくれました。

    s-写真 2013-08-09 17 18 50.jpg
    成形農園。きれいな花が咲いています。
    成形の女性が担当してくれています。
    s-写真 2013-08-10 8 39 22.jpg
    ちなみに、工場から車で5分のJA直売所です。スイカだらけでした。
    びっくりするくらい安かったです。それにみずみずしくておいしかった!
    それでも、工場の若い人は「スイカは買ったことがない」と言っていました。
    ご近所からもらうからですって!
    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年08月09日

    風物詩

    夕方、駅の近くを歩いていたら、やたらに浴衣の男女が目立ちます。

    ちょっと見通しのいいところでは家族や友人連れのグループがやたらと外に出ています。

     

    と思っていたら、どこからか「ポン、ポン、ポン」という音が・・・

     

    ああそうか、毎年8月8日は地元茨木の「弁天さん」の花火ですね。

    今年もポンポンと小気味よく上がっています。

    ああ、もうお盆だなあ、と思う瞬間です。

     

    弊社は8月14日(水)から8月18日(日)まで夏休みをいただいております。

    よろしくお願いします。

     

    写真 2013-08-08 19 51 14.jpg

    あまりきれいに撮れませんでした(^^;

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年07月01日

    グランフロント大阪

    先日オープンしたJR大阪駅前のグランフロント。

    ゴールデンウィーク中には367万人もの人が訪れました。

     
    遅ればせながら休日に行ってきました。
     

    s-写真 2013-06-01 11 11 48.jpg

    「大阪最後の一等地」と言われる場所にそびえたつタワー群です。

     

    s-写真 2013-06-01 11 12 41.jpg

    正面玄関です。

     

    s-写真 2013-06-01 11 14 22.jpg

    まだ早い時間ですが結構賑わっています。

    s-写真 2013-06-01 11 41 44.jpg

    先日吹田に移転した、貨物ターミナル駅の跡地も窓から眺めることができます。

    s-写真 2013-06-01 11 19 45.jpg

    「近畿大学水産学部」というお店がありました。

    近畿大学が養殖したマグロが食べられます。

    要するにお寿司屋さんですね。

     

    s-写真 2013-06-01 15 23 49.jpg

    「ナレッジキャピタル」という知の集積を目的とした産学協同のスペースが多く設けられているのも一つの特徴です。展示スペースでは 「ザ・世界一展」というものをやっておりました。

     
    グランフロントは貨物ターミナル駅という使命を終えて新たな集客施設としてすっかり生まれ変わりました。
    私自身仕事柄この辺りを訪れることも多く、工事中も時々前を通っていました。
    人の流れがガラッと変わり、本当に違う街のように生まれ変わりました。
    「変わる」というのはこういうことを言うのか、と思います。 
    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年06月10日

    居酒屋甲子園

    「居酒屋甲子園」で関西圏一位の居酒屋「てんてん」さんに行ってきました。

    『「居酒屋甲子園」とは、”居酒屋から日本を元気にしたい”という想いを持つ全国の同志により開催された、外食業界に働く人が最高に輝ける場を提供する大会です。

    全国からエントリーされた居酒屋のうち、独自の選考基準で選ばれた優秀店舗が、年一回、数千人が集う大会場に集結します。ステージで自店の想いや取組みを発表し、 居酒屋甲子園における日本一の店舗を決定、外食業界で働いている人が夢や誇りを持てる大会にすることを目指しています。』 のだそうです(下のHPより抜粋しました)。

    http://izako.org/

    「てんてん」さんは今年の予選で何と200点満点をマークしています。

    正直言って私はこのお店を知りませんでしたが、飲食世界では有名なお店のようで、テレビで取材されたりもするようです。

     

    大阪は天満橋の駅を上がって徒歩3分、普通のビルの地下1階にそのお店はあります。

    本当にこんなところに関西一位のお店があるの?と思わせる怪しさです。

    s-写真 2013-06-07 19 14 30.jpg

    店の入り口には「元気いっぱいで営業中」の看板が。

    「いらっしゃいませ!」の元気な声が響きます。

    s-写真 2013-06-07 22 27 41.jpg

    店内は決して広くありません。むしろ「この店が満点?」的な疑念がぬぐえません。

    s-写真 2013-06-07 19 15 21.jpg

    しかし案内され席に着いて見ると納得します。

    s-写真 2013-06-07 19 16 25.jpg

    このようなお客さんへの感謝が書かれた手作りのカードが立てられています。

    お店の中のあちこちにも楽しい張り紙やカードが書かれています。

    そしてスタッフの皆さんがとても元気で明るいのです。スタッフの皆さんが忙しい中にも実に自然な、そして元気な笑顔を見せてくださっています。

    s-写真 2013-06-07 19 28 11.jpg

    乾杯の後、何品か頼んでみました。

    どれもボリュームがあり、よそとはちょっと違うこだわりがあり、何よりおいしかった!

    s-写真 2013-06-07 19 42 57.jpg 

    これは看板メニューの「麻婆豆腐の天ぷら」です。

    しっかりとした味付けで、お酒ととてもよく合います。

    外はさくさく、中はピリ辛の麻婆豆腐。本当によそではないスペシャルな逸品です。

    s-写真 2013-06-07 22 28 01.jpg

    ついつい長居をしてしまいました。

    帰り際には若いスタッフがプラカードを持ってわざわざお見送りに来てくれました。私たちが角を曲がるまで、ニコニコと笑顔で見送ってくれました。きっと彼にも大きな夢があるのでしょう。こんな姿を見るとまた来たくなってしまいます。

    お店のスタッフの皆さんは誰に強制されたからではなく、心の底からワクワクするような仕事ができる喜びを全身に表している感じでした。決してボスがいるからではなく、また仕事だから挨拶や笑顔をするというわけでもなさそうです。

    今回幸いなことに「ボス」の方に話を聞くことができました。「カリスマ的なボスが俺についてこいと強力に引っ張るという「巨人の星」ではなく、一人ひとりが能力を発揮して同じ目的に向かって船をすすめる「ワンピース」のようなリーダーシップに、今の世の中は変わってきた。」

    この考えのもと、新人の教育に非常に力を入れ、採用にもじっくりと時間をかけるのだそうです。そして、自分が厨房で腕を振るうことはないけれど、スタッフとの対話・コミュニケーションを非常に大切にしていると言っておられました。

    「夢だけじゃ食べられないけれど、夢がないと気持ちが続かない。それをどうつなぐかがボスの仕事」

    自分に同じことができているかというとまだまだ全然・・・。自戒も込めてとても印象に残った言葉でした。

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年05月15日

    名もなき花

    会社の隅にひっそりと・・・でもなく、かなり元気に咲いています。

    太陽をいっぱいに浴びて、ここが私の晴れ舞台とばかりに大きな花を開いています。
    誰かが世話してくれたのかな?
     
    flower01.jpg
    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年05月07日

    茨木音楽祭2013

    夕方ジョギングに出かけました。
    遠くから風に乗って、かすかに音が聞こえてきます。
    あれ、今日っていばおんの日?
    そうだ、5月5日だったんだ。
    茨木では毎年5月5日に「茨木音楽祭」が開かれています。
    地元の実行委員会の人たちが手弁当で準備し開催しているもので、今年が5回目です。
    私たちもほんの少しですが協賛させていただいています。

    ジョギングの行先を変えて、スタンプラリーよろしく会場を回ってきました。

    写真 2013-05-05 16 25 17.jpg
    メインステージ。
    茨木市役所前の市民グラウンドです。
    やはり一番人が集まっていました。
    たくさんの人が和やかに音楽を楽しんでいました。
    写真 2013-05-05 16 23 21.jpg
    森の公園ステージ。
    普段は閑静な緑に囲まれたステージです。
    演奏していたのはブルースでしょうか。
    写真 2013-05-05 16 28 06.jpg
    北ステージ。
    演奏していたのはジャズバンドというより「楽団」という感じでした。
    フリーマーケットも開かれていました。
    写真 2013-05-05 16 33 27.jpg
    鑑賞の杜ステージ。
    こちらは茨木神社の境内です。
    民族音楽というかヒーリングミュージックでした。
    写真 2013-05-05 16 38 19.jpg
    にぎわい亭ステージ。
    演奏していたのは男女二人組。
    アコースティック中心ですが、ちょっとポップな感じでした
    茨木のお隣の高槻では、5月3・4日に「高槻ジャズ・ストリート」という音楽フェスティバルが開かれています。
    ゴールデンウィークの北摂は音楽であふれています。
    カテゴリー:普段思うこと
  • 2013年04月22日

    お誕生祝い

    会社の人のお誕生日に、お祝いのはがきを出しています。

    それぞれの方のお誕生日に合わせて、お気に入りの絵葉書に一言添えて送っています。
    一人ひとりの顔を思い浮かべながらそれぞれに気の利いた言葉を書きたいところですが、あれこれ考えた末に「お誕生日おめでとうございます」の一言だけになることもしばしばです。
     
    お誕生日に届くように出したいところですが、この頃ちょっと遅れ気味です。
     
    こないだの合宿での「高石工業クイズ」にこんな問題が出ました。
    「誕生月が一番多いのは何月?」
     
    答えは3月!です。
     
    お誕生はがきを出しているおかげで、正解でした(^^
    カテゴリー:普段思うこと
10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »
ページの先頭へ