高石工業株式会社社長ブログ・ゴムのヒント
  • プロフィール

    高石秀之

    高石秀之

    高石工業株式会社 代表取締役
    ゴム精密部品の量産事業をはじめとして、ゴム精密部品の試作・研究開発に取り組んでいる。

    高石工業株式会社Webサイトへ
  • 最近のエントリー

  • カレンダー

    2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 月別に見る

  • カテゴリー

    • 社員の「のびのび」ブログ
    • 伸縮自在 高石工業研究開発型ブログ
  • 2019年12月04日

    ベトナムからの来訪者

    ベトナム工場長のフイさんが約3年ぶりに、日本にやってきました。

     

     

     

     

     

     

    10日間の間、大阪本社工場・鳥取工場・山崎工場と各工場を研修して回りました。

     

     

     

     

     

    本人いわく「久しぶりに来て、いろいろ日本のいいところがわかりました。工場長として働いて来て、3年前とは見えるものが違います。」だそうです。

     

    どこがいいのですか?というと、みんな仲がいいところ、明るいところ、5Sが行き届いているところだそうです。あと、ホームセンターに改善のグッズがたくさん置いてあること!だとか(^^)

     

     

     

     

     

     

     P_20191203_202348

    帰国前最後の日の晩ごはんに、焼肉屋さんにご招待しました(左がフイさんです)。

     

     

     

     

    いいところを持ち帰って、ベトナム工場をより一層素晴らしい工場にしてください!!

     

     

     

     

     

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2019年11月26日

    評価者面談

    わが社では半年に一度、一緒に働く皆さんの評価をしています。

     

     

    私たちの会社の評価制度は、作業内容の習熟度を評価する「スキルマップ」と一人前の社会人としての成長を見る「ラダーズ」の二本立てになっています。どちらも半年に一度評価を行い、それが給与や賞与にひもづいています。

     

     

    でも私たちは評価をして終わりではなく、本当に大切なのはその後の活用だと考えています。

     

     

    評価者(上司)と被評価者(部下)はその評価に基づいて、お互い面談をして半年間の課題や目標を決め、その後も毎月一回面談の時間を設けて進捗を確認したり相談しあったりします。

     

     

     

    そして評価者に対しても、私(と担当者)が半年に一回直接面談をして、評価の内容を確認しあっています。なごやかながらも真剣な話の内容は、それぞれの人の評価のポイント、この半年間の変化と課題、それから次の半年間どのように指導をして成長を期待していくか、といったことです。

     

     

    今回は約一週間かけて全工場を回り、それぞれの部署・工場の評価者と話をしました。対象の全員の評価について話をしだすと、短い人でも被評価者1人当たり15分、長い人だと30分以上話をすることになります。私が「話す」というよりは評価者の思いを「聞く」事の方が多いのですが、一人ひとり課題が違い内容も濃いので、毎回へとへとになります。

     

     

    まとめたメモを見返すと一人当たり少なくとも400字以上、A4の用紙でトータル30ページ分にもなっていました。それぞれの人についてそれぞれの課題と期待がびっしりと書かれていました。

     

     

    今回の評価者面談を通して感じたことは、皆さんとても頑張って成長しているなあ、という感謝の気持ちです。また評価者の皆さんは自分たちの部下をとても良く見ているな、とも思いました。評価している人たちも評価されている人と関わり見守っていくことで、成長しているようです。

     

     

    この30ページの中にはわが社のこれからを作り出す「財産」としての人、すなわち「人財」としての会社のスタッフの皆さんの人生が詰まっていました。

     

     

    「企業は人なり」とはよく言ったもので、これらの「人財」がこれからの会社の将来を決めます。この評価者面談をはじめとするシステムはどうしても時間がかかるのが一番の難点ですが、それだけの時間をかけても「人財」を育てる価値があると確信しています。

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2019年11月25日

    ベトナムの昼ごはん

    少し前の話になりますが、前回ベトナム工場に行ったときの話です。

     

     

     

    ベトナム工場でお昼の時間になったので、食堂へ行くのかと思いきや「給湯室へ行きましょう」・・・???

     

    食堂じゃなくて給湯室??どういうこと??と思っていたら・・・

     

     

     

     

    P_20190711_115424_vHDR_On 

    みんなが集まって昼食をとっています!

     

     

     

    今はウチの皆さんは工業団地の食堂ではなくて、近くの定食屋さんからお弁当を取っているそうです。

    何種類かの中から選べて、定食屋さんがまとめて届けてくれるようです。

     

     

     

     

    P_20190711_115527_vHDR_On 

    私が選んだのは「豚の照り焼き」弁当。

    おかずや汁物が袋に入っているのはびっくりします。

     

     

     

     

    P_20190711_115828_vHDR_On 

    おかずや汁物を器に移すとこんな感じです。

    ボリュームもあって、おいしかったです!

     

     

     

     

     

    P_20190711_115834_vHDR_On P_20190711_115831_vHDR_On

     

    工場で働く皆さんにとって、洋の東西を問わずお昼ご飯は楽しみみたいですね。

    ワイワイ話をしながら食べていました。

     

     

     

     

     

    P_20190711_123922_vHDR_On

    食後にはココナッツミルクもいただきました。

    フィ工場長、差し入れありがとうございました!

     

     

     

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2019年11月22日

    天満天神繁昌亭

    この間、一日時間が空いたので、南森町の「天満天神繁昌亭」に行ってきました。

     

     

     

     

     

     

    P_20190824_133315

    上方落語の何十年もなかった落語専門の定席です。

     

    第二次世界大戦後、大阪の落語家はほんの数人にまで減り、上方落語はほとんど消滅しかけたのですが、「上方落語四天王」と呼ばれる落語家を中心に復興し、今は300人を超える落語家さんがいらっしゃるそうです。繁昌亭はその象徴ともいえる存在です。

     

     

     

     

     

     

    P_20190824_133536

    今回は二階席でした。リニューアルをしたそうで、200席ほどのこじんまりとした小屋の中は明るく、きれいな雰囲気でした。

     

     

     

     

     

    全部で8席、初心者向けあり、爆笑ものあり、人情話あり、中入りを入れて約3時間の楽しい空間でした。

     

    やっぱり寄席はいいですね。

     

     

    また行きたいと思います。

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2019年11月20日

    ストレッチ

    私は昔から体が硬く、それが原因で数年前に腰を痛めました。

     

     

     

    昨年7月、ベトナムでの社員旅行のバスでいよいよ悪くなりました。

    それから、整形外科に通っています。

     

     

     

    そこで勧められたのは「ストレッチ」です。

     

     

     

    今は週2~3回のペースでストレッチをしています。

    家ですることもあればジムに行くこともあります。旅先でも続けています。

     

     

     

    一年が経ち、腰痛自体は少し改善しましたが、私の体の柔軟性はまだ「中の下」だそうです・・・

     

     

    ストレッチはずっと続けていくことになりそうです。

     

     

    ちょうど会社でラジオ体操を始めたのも、いい機会ですね(^^)

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2019年11月18日

    金型整理その後

    少し前に、ウチの金型を整理しているという話を書きました。

     

    https://takaishi-ind.co.jp/shacho-blog/2019/10/25/8802/

     

     

     

     

     

     

     

    KIMG0524

    何度かに分けて整理して、かなり整理ができたので、金物引き取り屋さんに来てもらいました。

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0016 IMG_0017 

    会社の男手総出で、金物屋さんのトラックに積んでいきます。

     

     

     

     

     

     

    IMG_0027 

    結構な量になりました。何十年ものの金型もあったので、200型以上あったみたいです。

     

     

     

     

     

     

    IMG_0032 IMG_0033 

    金型を置く棚も引き取ってもらいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0025 IMG_0004

    おかげさまで金型倉庫のスペースもすっきりして、ずいぶん空きました。

     

     

     

     

     

     

    金物屋さんの話によると、10年に一度くらい整理をするといいみたいですね。

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2019年11月15日

    ラジオ体操

    先日から、本社大阪工場ではあさイチでラジオ体操をすることにしました。

     

     

    「朝、皆さんで体を動かしてはどうでしょうか」という改善提案が出されたためです。

     

     

     

     

     

     

    KIMG0542 KIMG0543 KIMG0544

    それぞれの持ち場で8時15分からラジオ体操を行い、そのあと品質方針の唱和をしています。

     

     

     

     

     

    ラジオ体操開始以来ちょうどひと月経ったので、何人かの方に「どうですか?」と聞いてみましたが、「体を動かせていいです」「朝のスイッチが入っていいです」という声が聴かれました。

     

     

     

     

     

    朝のいい習慣になりそうで、よかったです。

    カテゴリー:仕事のはなし
  • 2019年11月11日

    Fuel Cell Seminar 2019(7)

    P_20171105_105332_vHDR_Auto

    ただいま、アメリカはロサンゼルスに来ています。

     

     

     

     

     

     

    ロサンゼルス近郊のロングビーチで開かれる、”Fuel Cell Seminar(水素・燃料電池セミナー)2019”に参加するためです。 

     

    https://www.fuelcellseminar.com/

     

     

     

     

     

     

    Fuel Cell Seminarが終了しました。

     

     

    やっぱりこちらに来てみて初めて分かる情報があるなと思います。

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_085722

    2年前と比べて実証実験のステージから普及ステージに移行しているのが感じ取れました。日本以上に水素・燃料電池に対する期待が大きく、スケールアップしていこうというのがよくわかりますし、具体的な計画も打ち出されていました。特に液体水素・FCトラックの話が多く出た印象です。

     

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_133505 

    また、普及に向けての課題も多くあげられていますし、インフラ整備・コスト・安全・標準化というそれぞれの課題に対してなかなかハードルが高いのも確かです(逆に言えば、すべてが整っていない今が参入のチャンスかもしれません)。

     

     

     

     

     

     

     

     

    P_20191107_101526 P_20191107_101515

    それでも水素社会が来ることは疑いの余地がなく、協力しながら普及させていこう!という機運がとても盛り上がっていますし、私たちもささやかながらお役に立てるのではないかと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     P_20191107_101122

    実際に見て聞いて、肌で感じる、とてもいい機会になりました。

     

     

    (82)

    カテゴリー:Road to Hannover
  • 2019年11月08日

    Fuel Cell Seminar 2019 (6)

    P_20171105_105332_vHDR_Auto

    ただいま、アメリカはロサンゼルスに来ています。

     

     

     

     

     

     

    ロサンゼルス近郊のロングビーチで開かれる、”Fuel Cell Seminar(水素・燃料電池セミナー)2019”に参加するためです。 

     

    https://www.fuelcellseminar.com/

     

     

     

     

     

     

     

    一夜明けて、Fuel Cell Seminar 2019の二日目になりました。

     

     

     

    P_20191107_083359

    今日も朝8:15から全体会議が始まります。

    日本だとたいてい10時くらいからなので早いですね。

    コンベンションセンターのロビーでは軽い朝食が出たので、少しいただきました。

     

     

    全体会議ではロングビーチ港の責任者や下院議員もスピーチしていました。

    地域・政治的にも一体感を感じます。

     

     

     

     

     

     

    P_20191107_094405 P_20191107_100425

    私はといえば、全体会議の途中で抜けて、展示会場へ。

    時差ボケは抜けてきましたが、展示会の疲れがどっと出てきて、午前中はついウトウトとしてしまう時間帯がありました。

     

     

     

     

     

    P_20191107_101122

    表情にも少し疲労の色が・・・

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_084900 P_20191106_084910 P_20191107_101515 P_20191107_101526

    展示会場ではFCV(燃料電池車)だけでなく、FCフォークリフトやFCトラック(クラス8の超大型トレーラー)も展示されていて、見ごたえがあります。

    カテゴリー:North America
  • 2019年11月08日

    Fuel Cell Seminar 2019 (5)

    P_20171105_105332_vHDR_Auto

    ただいま、アメリカはロサンゼルスに来ています。

     

     

     

     

     

     

    ロサンゼルス近郊のロングビーチで開かれる、”Fuel Cell Seminar(水素・燃料電池セミナー)2019”に参加するためです。 

     

    https://www.fuelcellseminar.com/

     

     

     

     

     

    Fuel Cell Seminar 2019の一日目の続きです。 

     

     

     

     

     

    P_20191106_100310

    ブース設営後、午前中は展示会場で接客しました。と言ってもほとんどの人はセミナーに出ているので、人の通りはまばらです。

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_112204

    それはそれで周りのブースの人と話をしたり、ハノーバーメッセで出会った人と再会して話し込んだりして、情報交換につとめます。

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_123612 P_20191106_125107

    コーヒーブレークやランチタイムになると、どっと人が繰り出します。

    展示会場にコーヒーやランチがサーブされるので、こういう時にブースを見に来てくれます。

    こういうシステムはうまく作っていますね。

     

     

     

     

    午前のセッションに出た人の話では、セミナーは大変前向きな話だったとのこと。

    温室効果ガスの排出を防ぐための低炭素社会実現のためには、バッテリーも限界があるし(エネルギー密度が水素の1/10、リチウム・コバルトの埋蔵量も限られている)、水素は欠かせない。官民含め産業を挙げて連携し、国際的な協力もしながら、必ず水素社会を実現させよう!みたいな、積極的な話だったそうです。

     

     

     

    また、アメリカの水素・燃料電池社会実現のためのロードマップも公開されました(と聞きました)。

    2050年を見据えて数段階に分けて普及を図っていく、これも野心的な計画だったそうです。

    2年前と比べて、ここアメリカでは研究・開発の段階から普及・実用化の段階になったのだなあと感じます。 

     

     

     

     

     

     

    P_20191106_133505

    午後のセッションは各分野の具体的な技術発表でした。

    いくつか聴講しました。

     

     

     

     

    そういえば今回、中国からの参加者が驚くほど少ないなぁ、と思います。

    米中貿易摩擦のせい?単に遠いから?なぜでしょうね。

     

    カテゴリー:North America
ページの先頭へ