2018年11月19日

ベトナムといえば・・・

ベトナムといえば、「戦争」のイメージがあると思います。

私も最初はそうでした。

 

 

 

実際ホーチミンを訪れると、戦争の影を思わせるものはほとんどありません。

街は活気があって、バイクが多くて、混とんとしていて、高度成長期日本はこんなんだったんだろうな~と思います。

 

たまにプロパガンダ看板(?)みたいなものがありますが、それに注意を向ける人もほとんどいません。

 

 

 

しかし、ベトナム戦争という戦禍は決して忘れてはいけないもの。

戦争の爪痕を感じさせるところがあります。

 

 

まずは「ベトナム戦争戦証記念館」。

戦争の戦火の写真、枯葉剤などの後遺症の写真、いろいろな証拠品などが3階建ての記念館に飾ってあります。

なかなかエグい写真がおおくて、落ち込みます。

 

 

それから観光地化していますが、「クチトンネル」。

ベトナム戦争中のゲリラ戦の様子を再現しています。

 

 

実際にトンネル生活を体験できます。

 

中ではガイドさんが説明してくれます。英語またはベトナム語ですが。

 

 

 

 

40年と少し前までこんなことがあった、ということから目を背けてはいけないですね。

いずれの場所も日本円にして500円ほどで入れますので、一度訪れる価値はあると思います。

 

 

 

カテゴリー:普段思うこと
ページの先頭へ