普段思うこと

  • 2010年01月07日

    ガレット・デ・ロワとフェーブ

    フランスのお菓子、「ガレット・デ・ロワ」を買ってきました。

    ネットで調べたところ、詳しい説明がありました。

    “ガレットデロワはベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出されたエピファニー(公現祭)の日、1月6日に食べるというフランスの伝統菓子です。よく”王様のお菓子”と訳されますが、この場合のRois(ロワ)は王様ではなく、東方の三賢人を指すという説もあります。

    フランス北部はパイ生地とアーモンドクリームのガレット、南部はオレンジフラワーウォーターでブリオッシュ生地に風味をつけ、ドライフルーツやオレンジを飾ったリング状のものを食べるそうですが、最近ではガレットが主流になりつつあるようです。

    アーモンドクリームのつまったパイというシンプルなお菓子ですが、エピファニーの頃になるとケーキ屋さんやパン屋さんではこのガレット・デ・ロワが山積みになり、みんな買い求めます。

     

    ガレットデロワの楽しみはフェーブ(空豆)が仕込まれていることです。もともと乾燥した豆を使っていたのでそう呼ばれていますが、今では陶器製のかわいい人形が使われています。

    切り分けたガレットデロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王様(女王様)になれるのです。ガレットデロワに王冠がつきものなのはそのため。王様(女王様)になった人は王冠をかぶってその日一日みんなから祝福されます。家族や友達と集まって一年のはじまりにフェーブをめぐって大騒ぎ。フランスではこれを食べないと一年がはじまらないとまで言われるほどです。”

     

     パイ

     

    家族親戚で8等分して食べました。

    で、あたったフェーブがこちら。

     

    PA0_0657.JPG 

     

    ヘリコプターです。

    誰に当たったかは、内緒です(^^)

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月29日

    本年度もご愛顧ありがとうございました。

    わが社は本日が仕事納めです。

    一年間ご愛顧ありがとうございました。

     

    私にとっても気づきの多い、有意義な一年でした。

     

    新年の営業は1月5日から行います。

     

    みなさま、よいお年を。

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月24日

    メリー・クリスマス

    004846.jpg

     

    今年のクリスマスイブは鳥取工場で迎えます。

    来年の工場の活動に向けての打ち合わせです。

    真にお客様のお役に立つものづくりを実現するため、品質を上げ改善を進める道筋を皆で考える予定です。

     

    去年はこの時期どうしていたかな?と振り返ってみたら、クリスマスに鳥取に来ていました。

    2年連続で鳥取に来ていたことになります。無意識にそうしていたのなら、なんだか不思議なめぐり合わせです。

     

    皆さんの上にも星の数ほど幸せが降り注ぎますように。

    メリー・クリスマス。

     

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月18日

    人生はマラソンと同じ

    「人生はマラソンと同じ。

    しんどいと思ったら『上り坂』 楽だと思ったら『下り坂』」

     

    上岡龍太郎さんの言葉です。

    いや~、含蓄があります。

     

    しんどいと思っているうちはまだまだ成長することができる。

    このしんどさの向こうに栄光があるんだと思います。

     

    まだまだ、私たちは『上り坂』です(^^

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月16日

    仲睦まじい

    ふと入った喫茶店に飾ってありました。

     

    002120.jpg

    ワインボトルとブリキで作ったお人形です。

     

    無機質なのに心が通っていて、なんだかほっとしました。

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月14日

    ちょっと驚き

    新幹線に乗ろうと新大阪のホームに上がったら・・・

    同じホームから逆方向行きの電車が続けて出ている!

    見間違いかと思いました。

     

    000462.jpg

    こんなこともあるのですね。

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月11日

    ああ、冬だなあ

    ああ、冬が来たなあ、と思う瞬間の一つに「リサとガスパール」があります。

    もともとは、フランスの絵本のキャラクターです。

    阪急梅田の阪急百貨店のディスプレイで、冬になると毎年展示される風物詩です。

     

    これを見ると、ああ、今年も忘年会シーズンだなあ、なんて思います。

    同じ思いの人は多いようで、このディスプレイの前はいつも人だかりができています。

     

    今年はもう11月から展示されていました。

    年々ディスプレイが早くなっていると思うのは私だけ?

    005149.jpg

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月09日

    古書街

    子供のころから本が好きでした。

    古本屋で本を探して時を忘れるなんてこともありました。

     

    神田神保町なんて一度行ってみたいな~、とずっと思っていたあこがれの街でした。

     

    今はアマゾンでたいていの本は手に入ってしまいます。

    探す楽しみがなくなったのは便利なような、さみしいような。

     

    こないだ初めて神田神保町に行きました。

    通り過ぎただけでしたが、ネット全盛の時代になっても雰囲気ありますよね。

    000159.jpg

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年12月07日

    目標達成・・・ならず

    今年の初めにいくつか目標を立てました。

    そのうちの一つが、「ブログを月10本書く」でした。

     

    月・水・金のペースで週3回、月10回を目標にずっと書いてきました。

    過去の月を見ると、結構きれいに更新できています。

    平凡に見える毎日でも少し注意を向ければ気づくこと、変わったことは結構あります。

    結構ネタ切れしないもんだなあ、なんて思いながら書いてきました。

     

    しかし11月、ついにその継続も途切れてしまいました。

    月に5本で終わってしまいました。

    少しバタバタしていたのか確かですが、その分書きたいことはたくさんあったのです。

    会社のこと、最近の取り組み、お客さまのこと、友人のこと、季節の変化のこと・・・

    文字に残さずに過ぎてしまうのがもったいないことばかりです。

     

    継続は力なり、とはよく言ったもので、続けることって自信になるし、次の行動のきっかけにもなるし、とても大事なことですね。

    しかもやろうと思えばだれでもできることなのに、だれにも続けることが難しいことなんですよね。

    続けることも一つの才能、忙しさを言い訳にしちゃいかんなあ、と思います。

     

    今年もあっという間に師走、先生も走るほど忙しい月といいますが、今月もがんばって書きますよ!

     

     

     

    カテゴリー:普段思うこと
  • 2009年11月27日

    ある友人の話

    ちょっと前に、友人と話しをしました。
    彼は画家で、友人でも珍しい職業です。

    画家は絵が売れないと、収入になりません。
    月に何枚かけるかで、実入りが大きくかわります。

    彼は以前は月に一枚かくのがやっとだったのですが、今年月に三枚かけるようになったそうです。
    どうしたかというと、

    ・まずやり方を変えた
    ・それから道具をかえた
    ・それに時間の使い方をかえた 

    それ以上に大事だったのは、「気持ち」なのだそうです
    やる気になるとそうでないのとでは、生産性に明らかに違いがあるといか。

    モチベーションがどうしても下がるときには、ライバルの存在。あいつも頑張っているから自分も頑張ろう、そう思うと気持ちが奮い立つのだとか。

    それに何より大きいのはファンだそうです。絵を見に来てくれるファンの存在を思い起こし、勇気を出して制作に取り組むそうです。

    違う世界ですが、参考になるはなしですね。

    カテゴリー:普段思うこと
ページの先頭へ