その他

  • 2009年10月26日

    ゴム材料研究開発支援の事業化とその事例について №1

    営業部の齋藤です。
    先日(2009年10月22日と23日)福井で開催されました、「北陸技術交流テクノフェア2009」に出展をいたしました。
    今回は、そのときにプレゼンテーションしました内容をご紹介いたします。

    テーマは、「ゴム材料研究開発支援の事業化とその事例について」です。
    材料開発支援がどういう内容のものなのか、この事業をはじめたきっかけ、事例を交えて全4回でご紹介します。

    10260401.JPG
    当社ではゴム材料の研究開発支援という事業をしています。
    これはお客様のご要望の配合でゴムを練り、試験片を作成しますというものです。
    ゴム材料を研究される、大学や企業の研究者に向いています。

    今回は、この事業をはじめたきっかけと仕組みをお話します。

    ゴム材料研究開発支援の事業化とその事例について

     

    10260501.JPG 

    当社は創業して今年で61年になります。

    工場はすべて国内で、本社のある茨木をはじめ、鳥取・兵庫にあります。
    従業員は、80名です。
    事業内容は、工業用精密ゴムパッキン製造で、合成ゴムのプレス成形を得意としております。
    取引業種は、主に水回り関係で、水栓やトイレ・温水洗浄便座や浄水器に使われています。
    ほかには、エアポンプや油圧空圧、ガス関係などに使われています。

    近年では試作や材料研究開発試験で大学のお客様などもお付き合いがございます。

    10260701.JPG

    私たちの事業は大きく分けて3つあります。

    まずは量産で、これはリピート品を数千・数万個単位で作っています。
    次に試作で、これは1個からでも承っております。
    最後に開発支援で、これはゴム材料の研究開発支援を行っております。
    主に試作はカタチ、開発支援は材料に焦点を当てています。

     

    カテゴリー:その他
  • 2009年08月31日

    高石工業の設備紹介 その2 ねじり振動式平板ダイ加硫試験機について

    キーワード:キュラストメーター,加硫試験機,加硫曲線

    技術部の松井です。
    前回に引き続き技術部で使用している設備についての紹介です。

    1. ねじり振動式平板ダイ加硫試験機は何をする機械?

    ねじり振動式平板ダイ加硫試験機キュラストメーターと呼ぶ)はプレス加硫の進行の様子をモニターする目的で開発された一種の動的粘弾性試験機です。一定温度、一定圧力下において、ゴム試験片に破壊しない程度の定振幅の正弦波振動を与え、試験片を介して受ける力(トルク)または応力を未加硫から過加硫に至るまで測定し配合ゴムの加硫特性を測定する試験機です。

    IMG_1049.JPG
    2. キュラストメーターを使うと何がわかるの?

     上下2個のダイスにはさまれた空間に未加硫試料を満たし、下ダイスを動かして試料にねじり振動を与え、上ダイスに伝わるトルクを記録して加硫曲線を得ます。
    未加硫状態から加硫終了までの全過程を連続曲線に表わします。
    この曲線からスコーチタイム、加硫速度、適正加硫時間の目安や練り生地の未加硫状態での粘度、加硫後のモジュラスなどの情報が入手できます。

     

     

     3. どのようにして使っているの?IMG_1063.JPG

    量産で配合したゴムを練ったとき、混練ゴムの全ロットに薬品違いや秤り間違い・分散不良などの不具合はでていないのか?
    初めて配合・混練りしたゴムの加硫温度、加硫時間はどうするのか?というときにキュラストメーターは使用します。
    欠陥のある混練ゴムが成形工程に流通した場合、加硫工程が終了し、製品として製品検査においてそのすべてが不良品処理となり、それぞれに要した全費用が無駄となります。(ロットアウト)

    欠陥未加硫ゴムを未然に防止するため、加硫試験機が開発されるまではムーニー粘度計で未加硫ゴムを測定、加硫処理をし、引張試験機にて使用可否を判定していたため時間を要していたそうです。今では混練りした全ロットを加硫試験機で管理する方法が一般化しています。

     

    4. こんなことがありました..01.JPG.

    当社では加硫時間をタイマーでセットしています。量産は同じ材料で何度も試験していますので数分で合否が確定します。初めての配合ではどのぐらいで加硫するのかわからないので、余裕をもってタイマーセットをします。

    未加硫ゴムをキュラストメーターにかけ、加硫曲線を確認。
    曲線を描いてきたな~と思いその場を離れ別の作業へ。
    試験後のダイスが開くとき『バチーン!!』とものすごい音がしました。
    何事かと思いその場へ行くと加硫があまく、ダイスにはベットリとした未加硫ゴムがねばねばとくっついていました。時間が短かったのか薬品が少なかったのか…。
    その後のダイスの掃除が大変です。
    同時期(約ひと月ほど)ねばねばが流行っていたのか、他の技術部員たちもダイスにゴムをベットリつけていました。

    材料開発をしているときは、配合設計のときから加硫曲線を思い浮かべて混練りを行い加硫試験をしていますが、『テストロール→キュラストメーター→テストロール→キュラストメーター…』と行き来することがしばしばです。思い描いていたとおりの加硫曲線や成形しやすそうな曲線ができた時はうれしくなります。成形する前に加硫する状態を目で見られ、おおよその成形条件も決めることができるので大変役に立っています。

    以上、ねじり振動式平板ダイ加硫試験機の紹介でした。

    カテゴリー:その他
  • 2009年08月03日

    ゴム部品の試作について(簡易型の自社製作) №2

    キーワード : 量産 試作 開発支援 簡易型の自社製作

    営業部の齋藤です。

    前回は、お客様から見てゴム屋はよく分からない、というお話をしました。
    今回は高石工業の取り組みについてお話をし、私たちがどういう仕事をしているのか理解していただければと思います。

    5 高石工業の3本柱 (5/14)

    5-14.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこで、まずは当社の取り組みからご説明したいと思います。

    高石工業では3つの取り組みを展開しています。
    1つ目は「量産」で、ゴム製品の量産をしています。
    これは私たちの仕事の大半を占めています。
    2つ目は「試作」で、ゴム製品の試作をしています。
    これは近年始めた取り組みです。
    3つ目は「開発支援」で、ゴム材料の研究・開発支援をしています。
    こちらも近年始めた取り組みで、「試作」がカタチとすれば、「開発支援」は材料に焦点を当てています。

     

    6 量産 (6/14)

    6-14.JPG 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もう少し詳しく解説していきます。

    「量産」の特徴としては、国内の自社工場で一貫生産していることです。
    配合から納品まで手掛けているので、きめ細かい素早い対応ができます。
    私たちが作っている成形品は小さなものですが、シールに使われているので「漏れたら大変」という重要部品です。

    60年に及ぶ実績とお客様の信頼のもとに成り立っているといえます。
    また一から手掛けているので、最適な材料・形状をご提案できるのも当社の特徴です。

     

    7 試作 (7/14)
     7-14.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    次に「試作」は1ヶからの試作という取り組みをしています。
    お客様のご要望をお聞きして最適な方法をご提案するというのが特徴です。
    また「量産」を手掛けておりますので、それを見据えた試作のお話ができるということが当社の強みです。
    この「試作」は後ほど詳しくお話しいたします。

     

    8 開発支援 (8/14)

    8-14.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    3つ目の「開発支援」はお客様のご希望の配合でゴム材料を練ります、という取り組みです。
    その材料で試験片の作成もいたしますし、常態試験など各種試験も承ります。

    この「開発支援」は大学の研究機関や企業の開発部門の方をターゲットにしています。
    依頼として多いのは、特定の薬品の配合割合を少しずつ変えて材料を作ったりですとか、候補となる薬品を数種類支給してもらい同じ成形条件で試験片を作成したり、といった内容です。
    成形条件をパターン分けして試験片を作る場合もあります。
    この取り組みでよくお聞きするのは、一度は配合を自作してみようと考えるのだそうです。
    しかしそれは”ゴムを作る研究”から始めることになるので、本来の”ゴムの研究”に辿り着くには相当時間がかかることに気付くそうです。
    そういった意味で私たちを利用していただければと思います。

     

    9 試作の選択肢 (9/14)
     9-14.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回はここまでにします。
    次回は簡易型のメリット・デメリットと試作の流れ、事例を紹介します。

    ではまた。

     

    カテゴリー:その他
  • 2009年04月13日

    おもしろい案件

    営業部  齋藤

    営業部の斉藤です。CIMG1588.JPG

     
     Web担当になってもうすぐ2年。

    どんな問合せにも緊張せずに対応できるようになってきました。

    さて個人的にですが「おもしろい案件」と呼ぶものがあります。

    自分の基準で決めているのでほんとに感覚的なものです。

    図面を見た瞬間に思うこともありますし、

    話を聞いているうちに「こりゃおもろいな」と思うこともあります。

     

    こういう案件はたいがい「他で断られた」とか「話すら聞いてもらえなかった」といったものが多く、

    要するにあまり前例がなく、形にするには難しいものがほとんどです。

    実際のところ見たことも聞いたこともない内容なので

    「ほんまにできるんかいな」と思ったりもしますが、

    それを「どないやったらできるやろか」考えるのがおもしろいのです。

    ですから「おもしろい案件」と呼んでいます。

     

    これは初めてお問い合わせいただくお客様だけでなく、

    昔からお取引きのあるお客様の場合でも同じです。

    営業になってもうすぐ4年になりますがやっとこの感覚が分かるようになってきました。

    というのも社長がいつも

    「おもしろいね~」

    「わくわくするね~」

    と口癖のように言っていることが大きいと思います。

    いろんな問い合わせが来るたんびにそんなことを言っています。

    そんな社長ですのでおもしろい案件は「やってみよやってみよ」といつも乗り気です。

    普通なら断ってもおかしくない案件だと思いますが、

    社長の方針がこうなので前向きに検討していくことができています。

     

    さて、その「おもしろい案件」をどうやって解決していくかというと、

    私ひとりではとうてい分からないのでまわりに聞きまくります。

    会社の営業部・製造部・技術部にはベテラン選手がたくさんいて、あれこれアドバイスがもらえます。

    それをかき集めて足して割っていいとこどりをするんですね。

    そうするとおもしろいことに答えが見えてくるんです。

    それをお客さんに提案します。

     

    つまり、私は営業なので窓口ですが、提案は高石工業61年の知識と経験からきているわけです。

    これまでの経験から ”どうやったら形にできるのか” ということを考え、

    また ”お客様にとってどういう進め方が喜ばれるのか” あらゆる選択肢を探り提案します。

    それが私たちの「おもしろい案件」に対する姿勢です。

    「冷たくあしらわれるんじゃないか」とか「無下に断られるんじゃないか」といった心配はご無用です。

    研究者のみなさん、開発担当者のみなさん、

    「おもしろい案件」お待ちしております。

     

    お問合せはこちら

     

    次回からは私たちが「おもしろい案件」に対しどういう対応をしているか、

    事例を通して紹介していきます。

     

     

     

    カテゴリー:その他
  • 2009年03月31日

    4月13日から新しいブログ「伸縮自在」が始まります!

    社長ブログ、のびのびブログに続く第3のブログが4月13日月曜日から始まります。
    タイトルは、「高石工業研究開発型ブログ 伸縮自在」。
    ゴムが自由に伸び縮みするように、私たちも自由なやわらかい発想で仕事に取り組んでいこう
    との想いから名付けました。
    取り上げる主な内容は、当社の「研究・開発への取り組みの様子」です。
    私たちの研究・開発に臨む姿勢や考え、あるいはそこから得られた成果、
    また営業部サイドからみた研究・開発とは何か、といったことを技術部と営業部の4人が
    週代わりでお伝えしていきます。
    更新は毎週月曜日の朝9:00。
    毎日、試行錯誤しながら前進し続ける私たちの新しいブログにご期待ください!

    カテゴリー:その他
5 / 512345
ページの先頭へ