高石工業株式会社社長ブログ・ゴムのヒントRoad to Hannoverヨーロッパに来ています(3)~民泊について~

2018年04月20日

ヨーロッパに来ています(3)~民泊について~

今私はドイツ・デュイスブルクにいます。

 

 

ドイツに入って感じるのは、フランス・ベルギーに比べて少々物価が高いことです。特にホテルの料金がどこも高いように感じます。

 

 

 

実は今回ドイツに入って初日は予定がなかなか決まりませんでした。

そのためホテルを予約するのが直前になってしまい、どこも1泊3万円以上するところしか空いていない状態に。

 

 

 

そこで私は民泊を活用することにしました。Airbnb(エアービーアンドビー)です。

 

エアビーアンドビーはスマホのアプリから予約ができるのでとても便利です。

宿を提供してくれる部屋を選んで、連絡をとれば向こうから Ok か NG の連絡が来ます。

 

デュイスブルク付近の宿を探していたところ、幸いにして泊めていただけるところがありました。

値段はホテルの数分の一です。 

 

 

デュイスブルクの駅を降り、普通の街並みを10分ほど歩きます。 

 

 

 

IMG_20180418_192839 IMG_20180418_192900 

お家へ行ってみるとそこは3階建てのマンションの中の2・3階のおうちでした。

ホストご夫妻が2階部分を使われて、3階部分を私に提供してくださいました。

 

 

 

 

IMG_20180419_100300 IMG_20180419_100243

2階には大きなカウンタータイプのキッチン、3階には滞在する部屋のほかに何とテラスもヨガスタジオもありました。

なんでもホストの奥さんはヨガ講師なんだそうです。ご夫婦はとても気のいい方で、なんでも自由に使っていいよって言って下さいます。

 

 

 

晩ご飯は近くのお店でのケバブを食べ、ビールを飲んで家で帰ってきて、ゆっくり寝かせていただきました。

 

 

 

 

 IMG_20180419_081812

次の日の朝は、小鳥のさえずりで気持ちよく起きました。なかなか素晴らしかったです。

ご夫妻に挨拶をすると、コーヒーを出してくれたり、ご主人がギター(!)を引いてくれたり。

チェックアウトも「私たちは先に出るから、カギを置いておいて」と実にあっさりとしたものです。

 

 

 

とても気持ちの良い滞在でした。

毎年ハノーバーメッセの間は期間中は民泊を使わせていただくのですがそれ以外の場所で民泊したのは初めてです。他にできない経験だなあと思います

なかなかめったにこういう経験はできないので、民泊を使ってみるというのもいいかもしれません。

 

 

ありがとうございました。

カテゴリー:Road to Hannover
ページの先頭へ