高石工業株式会社ゴム材料の研究・開発支援

ゴム材料の研究・開発支援について

「ゴム材料の研究・新製品開発支援」とは、研究機関や大学の研究者様、企業の開発担当者様向けに新規ゴム材料の開発支援を行うことです。主にお客様より配合を指定していただいて、材料を作成し試験片をご提供します。

ゴムの試験片が必要だが設備もないしノウハウもない。でもどこに依頼すればいいのかわからない・・・、と困ったことはありませんか?配合は大体決まっているが、小刻みに配合を変えて試験をしたい。こんな手間のかかることをしてくれるところはないだろうか・・・、と思ったことはありませんか?

このようなお客様に私たちは、これまでの60年の歴史において培ってきたノウハウをもって材料を作成し、試験片を提供させていただいております。

支援内容について

私たちは様々な流体をシールするためのゴムパッキンを作っています。
材料の開発にあたっては、ゴムメーカーとして蓄積したノウハウを生かすことが基本ですが、“常識”にとらわれてしまう反面もあります。また、私たちが想定しないような状況下でパッキンが使われることもあり、お客様からのご意見やご相談に日々、耳を傾けていきたいと考えています。

製品や材料の開発、研究をされているなかで、
「こんな流体や環境下でもシールできるゴム材料を開発してみたい」
あるいは、
「こんなものを配合すればシール性が向上するのではないか」
といったお悩みがあれば、ぜひお聞かせください。

私たちは開発・提案型のゴム屋を目指しています。他の会社なら「これはちょっと」「難しいですね」というものでも「難しいものだからこそやってみよう」とチャレンジするようにしています。5年先10年先の話でもかまいません。私たちにご相談下さい。

試験片について

基本的な試験片

これは日ごろ私たちが試験に使用する試験片です。金型はございますので試験片作成の際、お客様の負担する金型代は必要ありません。

  • 平角150mm×150mm×3mm
  • 平角150mm×75mm×2.5mm
  • 平角150mm×150mm×2mm
  • 平角150mm×150mm×1.5mm
  • 平角150mm×150mm×1mm
  • 平角150mm×75mm×0.7mm
  • ダンベル状1号形(引張試験用)
  • ダンベル状3号形(引張試験用)
  • 切込みなしアングル形(引裂き試験用)
  • 円柱ブロックφ29mm×12.5mm
    (永久ひずみ試験用)
  • 円柱ブロックφ34mm×8mm
  • 各規格OR

特殊形状試験片

製特殊形状の試験片も承ります。一般的に特殊形状の試験片は、金型を起こして成形しますので、金型代が別途必要になります。図面をお願いします。

材料・配合について

私たちが扱っている材料は次のとおりです。天然ゴムは扱っておりません。

  • NBR
  • EPDM
  • フッ素ゴム

上記以外の材料はご相談ください。

配合につきましてはお客様より指定していただいております。上記の材料にどのような配合をしたいのかお知らせください。
なお、配合に対する一般的なアドバイスはできますが、弊社独自の材料についての開示はいたしかねますので、何卒ご容赦ください。

費用について

配合・材料・形状・数量によって費用は変わってきます。
特に金型が必要な場合は金型代が必要です。
御見積りをいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム