よくあるご質問

  • 高石工業のセールポイントは?
    創業65年のノウハウを活かし、お客様のご要望にあった形状、材料選定がご提案できます。多種多様の種類の配合を持ち高い技術を持っています。
    また国内自社工場で一貫生産していますので製品にお客様のご要望にすばやく対応ができます。
  • どのような業界と取引がありますか?
    水回り、ガス、油圧、空圧など様々な業界のお客様と取引させていただいております。主に自動水栓、温水洗浄便座、定流量弁、ガスコック、エアーポンプ、不凍栓、センサー・消防車などに使用されています。
  • 高石工業の工業を見学させてくれませんか?
    お取引先に限り、お申し出いただければお受けいたします。ただ、ノウハウの保護のため、お見せできないところもあります。
  • 高石工業は主にどのようなゴムを扱っていますか?

    主な材料の種類はNBR、EPDM、フッ素ゴムで、ゴムの硬さは材料にもよりますがHs50~90程度です。扱っていないゴムは天然ゴム、CR、ウレタン、シリコーンゴム、アクリルゴムなどです。

  • 金属との接着はできますか?
    NBR、EPDM、フッ素ゴムなどで焼付けが可能です。金属側は、黄銅、青銅、鉄、ステンレスなどです。主な使用用途は水回り関係やガス機器のバルブです。
  • RoHS指令に対応しているゴムは有りますか?
    またRoHS指令に対応しているか調べてもらえますか?
    対応しているゴムは多数ございます。また対応しているかどうか調べることも可能です。
    お気軽にお問い合わせください。
  • 食品衛生法に適合しているゴムはありますか?
    適合しているゴムは多数あります。求めておられる性能を教えていただければ、ご要望に沿ったゴムをご提案できます。
  • 使用温度が-20℃NBRパッキンは使用できますか?
    弾性が失われ硬くなりますので、パッキンとしての使用は好ましくありません。
  • ABSのパーツにNBRのパッキンを使用したい。
    含まれる成分同士の相性が良いと(SP値が近い程)相手材に移行する恐れがあります。使用前のテストをお勧めします。移行すると固着や樹脂の割れ、膨れ等の原因になります。
  • 製品から粉がふいているのですが、大丈夫ですか?
    それはブルームといって、ゴム表面に配合剤が移行し、結晶化したり液体でにじみ出てくることです。粉であればブルーム、液体であればブリードと呼ばれています。 原料ゴムに配合剤を添加しそれを加硫して製品化する際、温度が高く配合剤が溶解し易い状態から室温に戻ると配合剤がゴムの表面に出ようとします。これがブルームの原因です。少しでしたら性能には影響しません。
  • Oリングの良い保管方法は?
    ストレスを掛けず、直射日光、フレッシュエアー(空気)に曝さない。高温での保管、潤滑材を塗ったままの放置も避けてください。
    ちなみに当社では、常温の倉庫で日光を避け、包装した状態で保管しています。
  • 品質管理体制はどうなっていますか?
    私達は2007年6月にISO9001:2000の認証を取得し、2010年に2008年度版に認証更新ました。
  • 環境マネジメント体制はどうなっていますか?
    2010年2月にエコアクション21の認証を取得し、毎年審査を受けています。
    詳しくはこちらから。

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム