事例一覧

拍動装置用ダイヤフラム

日本大学大学院理工学研究科 様

お客様からのご依頼

『拍動流を発生させる為の駆動装置の開発をしており、駆動装置に必要なダイヤフラムを探しています。研究で使用するため少量(2,3個)でも宜しいでしょうか?』

という依頼内容でした。

外径は170㎜で、1分間に20回拍動する。
作動流体は水で流量は平均5ℓ/min。

髙石工業からのご提案

少量ということで心配されていましたが、
1個からでも対応していますのでお受けいたしました。
1ヶ取の金型と製品3個の御見積りを提出し、ご注文を頂きました。
大まかな仕様と形状・寸法はお伺いできたので、詳細な図面を描いてご提案。
了承を頂いてから製作に取り掛かりました。

お客様からの声

鈴木・藤田研究室 修士2年 渡邉 様

初めてのゴム製品外注(ダイヤフラム形状)でしたので強度計算についての知識も無く、どのように指定すればよいか迷いました。

また、金型製作の費用が高く、少量での製作は困難かと思いましたが、少量製作をしていただける業者をインターネット上から探すことにしました。
貴社以外でもそのような業者さんは数件見つかり、
その内の何軒かに見積もりを依頼しましたところ、
貴社より値段が高い所がほとんどでした。p>

何よりも、こちらからの問い合わせに親切丁寧に対応していただき、図面提案などをスムーズに行っていただいたのが決め手となり、製作依頼をお願いいたしました。製作期間は予想よりも短く、出来上がってきたものはとても綺麗で精度がよく、仕様以上の圧力をかけても正常に動作していました。

さすがプロの仕事だなと関心いたしました。

納期・精度・価格共に非常に満足しています。
今後とも宜しくお願いいたします。

※高石工業様に製作していただいたダイヤフラムは、H20年度科学研究補助金(若手研究(B)、課題番号19700387、研究課題名:血液ポンプ羽根車のための先駆的な翼の開発)の一環として使用しております。

※また、本研究はThe 16th annual congress of the International Society for Rotary Blood PumpsにてImpeller Design Based Hydro-characteristics for Low Reynolds Number and Pulsatile Wing Flow という演題で発表いたしました。

日本大学理工学部機械工学科鈴木・藤田研究室

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム