高石工業株式会社ゴム製品の量産試作

量産試作について

量産試作とは量産に移る前に行う試作の事です。量産前には少ない取り数の金型を製作し、製品を試作する事をお勧めいたします。

目的としては、

  • お客様のご要望通りの製品が問題なく製作できるか確認できます。
  • スムーズに量産体制に移れるか、製造工程のシミュレーションをすることで問題点を把握できます。

の2点が挙げられます。

ゴム製品は、実際に製作してみると、思わないところで問題が発生することがあります。
量産試作で問題点を把握しておけば、それを考慮に入れながら量産用金型の設計ができ、量産時に無理なく無駄なく製作できます。また品質の向上にもつながります。

お客様の中には『もったいない』との声もございますが、多額の費用をかけて製作した量産金型でうまく製品が製作できないと、お客様にご迷惑をおかけしてしまうことになります。トータル的に見て量産試作を事前にしておいた方が、後々のメリットが大きいと私たちは考えています。

『量産試作』はぜひ行っていただきたく存じます。費用は掛かりますが、量産を行う時に安心して製作に取り掛かることができます。

試作数量

試作製品は、1個からでも製作いたします。お客様のご希望の数量をお知らせください。

試作製品形状

私たちの得意な形状は小さなものです。サイズはタテ100×ヨコ100×高さ10を目安にお考えください。私たちは水回りや油圧空圧に使用されるパッキンやシールを得意としています。また精密であることも私たちがつくる製品の特徴です。工業用に使用されるゴム成形品を量産してきた実績があります。

お問い合わせの際は図面をお送りください。私たちはお客様と共に考え、開発していきたいと思っています。私たちの経験とノウハウに基づいて、形状提案をさせていただきます。

材料

私たちが扱っている材料は次の通りです。

  • NBR
  • EPDM
  • フッ素ゴム

天然ゴムは扱っていません。上記以外の材料はお問い合わせください。

使用用途をお聞かせ頂きましたら、最適なゴム材料を提案させていただきます。

納期・費用

試作品は基本的に、社内で試作用の金型をつくって製作します。

費用は10万円程度から受け付けています。
通常ですとご注文から納品まで2週間程度。
形状・材料によって納期と費用は変わります。

親切に対応いたします

常日頃からお客様目線で対応することを心がけております。どうぞ気軽にお声をお掛け下さい。お問合せによって、逆に私達の方が考えが狭かったと気付くこともあります。今までの私たちでは考え付かないような製品のご相談も頂きます。どうぞお客様は自由な発想でご連絡下さい。親切丁寧に対応させて頂きます。

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム