未加硫ゴムと加硫ゴム

  • 2009年07月20日

    未加硫ゴムと加硫ゴム №2

    キーワード:未加硫ゴム,加硫ゴム,成形温度,成形条件,ゴム分子間,弾性,引張強さ
     NBR,耐薬品性,加硫,架橋,網状構造

    技術部の松井です。
    前回は弊社で使用している原料ゴムの紹介をしました。
    そのときに『加硫したゴム加硫していないゴムの違いって目で見てわかるにはどうしたらいいだろう?』と考え、単純かつ簡単に調べてみました。今回はその紹介をします。

    4.加硫したゴムと加硫していないゴム
    まずは引っ張ってみました。(両試料はおよそ100㎜×10㎜×2㎜を使用)

    ①同じように力をかけて引っ張れるように治具につけて伸ばしました。
    ②治具をいっぱいまでのばしたあと、固定していた片方をはずすと
    未加硫ゴムは変形したままなのに対し、加硫ゴムはほぼ元の状態に戻りました。
    未加硫ゴムはまだまだ伸びそうなので、手で引っ張り続けると…
    ブツブツと切れてしまいます。
    karyuugomutomikaryuugomu.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    成形することによりゴム分子間に強固な結合が作られた。
    また、弾性,引張強さを増大させる変化が生じた。
     

    次にNBR(アクリロニトリル-ブタジエン共重合ゴム)を溶剤(MEK:メチルエチルケトン)に浸漬してみました。(NBRはMEKに弱くかなり影響されます。)
    (両試料はおよそ20㎜×20㎜×2㎜を使用)
    (下の写真参照)

    sinnseki.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     1日放置後…
    溶剤の色は両方とも黄色に変化しました。ゴム中の薬品が溶け出していると考えられます。
    左の未加硫ゴムは膨潤しさわると脆くボロボロの状態になりました。
    右の加硫ゴムは膨潤していますがさわっても脆くはありません。

    houtigo.JPG

     

     

     

     

     

     

    成形することによりゴム分子間に強固な結合が作られた。
    また、耐薬品性を増大させる変化が生じた。

     

    上記の配合もそうですが、成形温度成形条件もゴムの種類や特徴により変わるものなので、それぞれゴム屋さんによって違ってくるものです。→極秘情報となります。

    ※ 加硫の『硫』は『硫黄』のこと。最近では硫黄以外のものでも加硫される合成ゴムが多いので、架橋や橋かけともいわれている。
    架橋=橋かけ:線状重合体の分子相互間を化学的に結合させて網状構造をつくること。

    以上、製品になる前のゴム情報でした。

  • 2009年07月13日

    未加硫ゴムと加硫ゴム №1

     キーワード:未加硫ゴム,加硫ゴム,原料ゴム(ポリマー),カーボンブラック,
     NBR,EPDM,FKM,VMQ,合成ゴム,

     

    技術部の松井です。
    先日、展覧会に参加したときのことです。
    自社のブースで製品や製品ができるまでについての説明をしているとき・・・
    『製品になる前のサンプルは置いてないの?』という質問をされました。

    なるほど!!
    ゴム会社で働いているから、原料ゴムは当たり前のように思っていましたが、製品になる前の段階というのはあまり知られていなく、興味を持つ人がいるのだなと感じました。
    なので、いつもは成形して出来上がったものを写真で撮っていますが、今回は製品になる前を紹介しようと思います。

     

    1.原料ゴム(ポリマー)
    弊社の原料ゴムNBR・EPDM・FKM・VMQなど合成ゴムを扱っています。
    補強するためのカーボンブラックや加硫させる薬品・その他の薬品を入れる前のゴム材料です。
    (ゴム製品で私が入社する前に一番に思いつくものが自動車のタイヤ=黒色でした。
    黒色はカーボンブラックの色だったのですね。) 

    gennzairyougomu.JPG

     

    2.未加硫ゴム
    原料ゴムカーボンブラックや薬品を練り込んだものです。弊社ではオープンロールを使って練り、シート状に分出ししています。
    それぞれのゴム屋さんで薬品の種類や量が違います(配合)。
    なのでゴム業界で配合は極秘情報です。

    mikaryuugomu.JPG白や透明の原料ゴムに顔料を入れればカラーゴムができます。
    物性は多少違いますが・・・大きな特徴が変わることはありません。

     

     

    3.加硫ゴム
    ロールで分出し後、生地を裁断し、加硫をして製品や試験片をつくります。 

    karyuu.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ※ 加硫の『硫』は『硫黄』のこと。最近では硫黄以外のものでも加硫される合成ゴムが多いので、架橋や橋かけともいわれている。
     弊社の会話ではすべて加硫で通っていますね。
    ※ 架橋=橋かけ:線状重合体の分子相互間を化学的に結合させて網状構造をつくること。

    弊社で使用している原料ゴムの一部を紹介しました。
    次回は加硫したゴムとしていないゴムの簡単な違いを調べてみました。
    ではまた。

1 / 11
ページの先頭へ