鳥取工場

鳥取工場

鳥取工場

〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東4丁目43番地

主要設備

  • 400㌧自動成形機4連(1台)

    400㌧自動成形機4連(1台)

    圧力がとても大きい。金型も大きいため取り数が多く、主に量産用として使われています。

  • 350㌧自動成形機2連(1台)

    350㌧自動成形機2連(1台)

    チャンバー方式をとり入れた成形機です。
    タッチパネルを採用し、とても使いやすいのが特徴です。

  • 200㌧自動成形機4連(4台)

    200㌧自動成形機4連(4台)

    金型を成形機に取り付けて、半自動で成形します。
    金型の取り数の多い物があり、主に量産用として使われる成形機です。

  • 100㌧手動成形機4連(1台)

    100㌧手動成形機4連(1台)

    37㌧と金型の大きさは変わらないですが、力や大きさが異なります。
    200㌧より金型の大きさ、圧力は小さいです。

  • 70㌧自動成形機4連(1台)

    70㌧自動成形機4連(1台)

    200㌧に比べて圧力は小さいが、量産用として使われます。

  • 37㌧手動成形機(単体で8台)

    37㌧手動成形機(単体で8台)

    成形機の中でもっとも小さなものです。特徴は小回りがきき、少量生産に適していることです。

  • 万能投影機

    万能投影機

    製品の寸法測定などに使用する設備です。測定結果をデータに落とすことができるので、自分のほしいデータを簡単に加工できます。

  • キュラストメーター(加硫試験機)

    キュラストメーター(加硫試験機)

    ゴム薬品の配合、混練が適正に行われたかを調べる設備です。また、この試験機でゴムの劣化状態なども調べることができます。

  • 冷凍バレル(2台)

    冷凍バレル(2台)

    液体窒素でゴム製品の不要な部分(バリ)を取り除くための機械です。

  • 引っ張り試験機

    引っ張り試験機

    材料の物性を測定する機械。重りをぶら下げてバランスを取り強さを測る、フリコ式測定器です。

  • 分析天秤

    分析天秤

    ゴムの比重を測定する設備です。材質のわからないゴムでも比重を調べることによって、おおよそ判別することができます。

  • ロール 18インチロール機

    ロール 18インチロール機

    主にカーボン配合のゴムを混練りするときに使用する設備です。最小練量は2kgで、最大練量は分散不良などを考慮して30 kgで練っています。

  • ロール 16インチロール機

    ロール 16インチロール機

    分出し(シート出し)用ロールです。

  • 裁断機

    裁断機

    ゴムのシートを一定の幅に裁断する機械です。

  • 打ち抜き仕上げ機

    打ち抜き仕上げ機

    仕上作業時にシートから製品を打ち抜く機械です。

  • 定量カッター(2台)

    定量カッター(2台)

    ゴム材料を押し出してカッターで裁断する機械です。
    形は大きな注射器のようなものです。

  • ウォーレス硬度計

    ウォーレス硬度計

    手動では計ることのできない微小なOリングなどの硬さを、自動で測定できる設備です。

その他の設備

恒温槽 2台
旋盤 1台
ウォーレス硬さ試験機 1台
スプリング式硬度測定器 1台

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム