高石工業株式会社会社概要社長挨拶・経営理念

社長挨拶・経営理念

社長挨拶

このたびはこのホームページをごらんいただきましてありがとうございます。

高石工業は創業60周年を迎えました。創業以来ゴム製品の製造メーカーとして、ゴムに対してまじめに正直にやってきました。おかげさまでたくさんのお客様と長くお付き合いしていただくことができました。

古の近江商人に「三方よし」という考え方があります。「買い手よし」「世間よし」「売り手良し」というものです。私たちはこれを仕事に生かし、経営理念に反映させています。まず「お客さま目線」で一緒に考え、喜んでもらうことこそものづくりの原点と考えます。そして、使ってもらって安心安全な製品作りを最優先します。そのためには社員が誇りを持って仕事をできる職場作りが大切だと感じています。

私たちは創業60年の古い会社ですが、世代的に若い人たちが多くなってきました。新陳代謝を繰返し、太い幹に新しい枝が生えるように、技術の継承をしっかりして、茂る葉をどんどん出したいと思います。

これからも『お客さま目線』で考え、感謝することを忘れず、「小さなことにしつこく真剣」に取り組んで行きます。そして、いつも新しいことに興味を持ちチャレンジすることを忘れない、開発型ものづくり企業でありたいと思います。

経営理念

高石工業株式会社は、「開発型ものづくり会社」として、お客様の「できたらいいな」というアイデアをカタチにする。安全・安心・独創的な製品を圧倒的なサービスで提供し、お客様の感動を高める。また地域社会と積極的にかかわり、「この地に高石工業はなくてはならない」と言われるよう努力する。
そして、ワクワクする仕事を通して「ひとづくり」を進め、社員・関係者みなが幸せになれる会社となることを目標とする。

品質方針

「小さなことにしつこく真剣」

  • あっと驚くスピードとレスポンスで、いつも安心できるより高い品質を実現する。
  • お客様の声にひたむきに耳を傾け、製品に敬意を払ってもらえるよう一歩先行く親切な提案を行う。
  • 一人ひとりが誇りを持てる、研究開発と職場づくりに常にチャレンジし続ける。