高石工業株式会社会社概要エコアクション21の取り組み

エコアクション21の取り組み

弊社は2010年2月5日にエコアクション21の認証・登録事業者となりました。

エコアクション21

エコアクション21このた持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。
事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。

具体的な活動として、電力使用量・廃棄物排出量・水道使用量・化学物質使用料・ガソリン使用量といった実際の環境負荷を把握すること。そして基準となる年度と比較した各年度の削減目標を決定し、その削減目標に向けて様々な取り組みをすることが基本となります。
また、環境関連法規制の順守、緊急事態の記録や訓練記録なども求められます。

弊社ではエコアクション21の認証・登録を受ける以前から導入しているデマンドコントロールでの電力のピークカットによる節電や昼休みの消灯など、環境負荷の削減活動を、総務部を中心に取り組んできました。
また、節水については水道の蛇口の部分を節水コマに変えることにより無理なく取り組めています。
節電に関しましても、エアコンの室外機に日よけをしたり、冷暖房の設定温度を定め、それを表示することによって意識を高めそれらを実践できるようになりました。
廃棄物の削減に関しては、段ボール等の廃品回収の利用や書類のデータ化による紙書類の削減も取り組んでいます。
これらはただ環境負荷を減らすだけでなく、経費削減につながるところにもメリットがあります。

審査の際には今まで気づかなかったことや足りなかった点について様々な指摘を受けましたが、現在はできるところから少しずつその取り組みを増やし改善をすすめています。
さらに審査の際には、法規制順守の指摘も受けますので、今まで曖昧にしていたり、届け出をしていなかった法規制についても指導により網羅することができるようになりました。

年々、指摘事項を満たしていくことにより、新たな取り組みが増えています。限りある資源を大切にし、環境への負荷を減らすのは、社会全体として必要な取り組みですので、今後もより一層、対環境への取り組みを大事にする努力を続けていきます。

高石工業株式会社
最新版 環境レポートはこちらから。
http://www.ea21.jp/list/pdfn/0004573.pdf

研究開発支援についてのお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

TEL072-632-3365お問い合わせフォーム