高石工業メールマガジン

  • 工場設備紹介
  • お問い合わせフォーム
  • ゴムって何?
  • 社長ブログ ゴムのヒント
  • 社員ののびのびブログ
  • 高石工業研究開発型ブログ  伸縮自在
  • 環境活動・地域活動のご紹介
  • SGWプロジェクト

高石工業メールマガジン - バックナンバー 個別

Vol.98 2013年2月10日号

┏┿━━「ゴムって意外とおもしろい!」━━━━━━━━━┿┓
╂┘
┃       高石工業メールマガジン Vol.98

┗┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013年2月10日号┿┛

自宅近くのとあるお宅で梅の花がちらほら咲き始めました。
まだまだ寒いですが、確実に春は近づいていますね。
起きるのがつらい季節もあともう少しです。
それでは2月10日号をお届けします。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

このメールマガジンは、現在お取引させていただいているお客様、
展示会等で名刺交換させていただいた皆様にお送りしています。

ご不要な場合はお手数ですが、
「このメールをそのままご返信いただく」か、
「以下のURLへアクセスの上、メールアドレスを入力」して下さい。
次号より配信を停止致します。
https://sv150.xserver.jp/~takaishi-ind/takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/cancel.php

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

ゴムって実はおもしろい素材なんです―。

伸ばした状態で熱を加えると縮んだり、油にふれると膨らんだり、
配合一つで性能が変わったりと…。
ゴムって地味な存在に思われがちですが、実は非常に奥が深い素
材なんです。そんなゴム製品の開発に取り組んでいる私たちの取
り組みをお伝えします。

_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

┏━┓
┃1┃ゴム業界インフォメーション
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『2013年の新ゴム消費量予測』

┏━┓
┃2┃社長コラム
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『五省』

┏━┓
┃3┃今月の気になる商品ご紹介
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『中国で『なるほど!』というものが人気です』

┏━┓
┃4┃高石工業NEWS
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『第4回 量産・試作 加工技術展に出展いたします』
 
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[1]ゴム業界インフォメーション
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆2013年の新ゴム消費量予測

毎年この時期になると、日本ゴム工業会よりその年の
新ゴム消費量予測が発表されます。
(新ゴムとは、生産量及び消費量について天然ゴムと合成ゴムを
合算したもののことです。)

今年も1月25日に2013年の消費予測が発表されました。
それによると2012年に比べて微増となりそうです。

そもそも2012年は、エコカー補助金の終了、欧州の債務危機問題、
尖閣諸島問題からの日中関係の悪化などの影響がありました。

そのため、自動車タイヤの国内生産が5月以降、前年比でマイナスと
なったほか、自動車向けの工業用品等も8月以降マイナスとなるなど、
全体では前年比2.5%減と、3年ぶりに減少して、
生産量は143万8700トンほどになりました。

一方、2013年は自動車用のタイヤ、チューブやゴムベルトが増加、
ゴムホースは減少が見込まれ、TOTALすると2012年より増加と
なる予測です。

●自動車タイヤ・チューブ
 新車用はエコカー補助金制度の終了のため、減少の予測。
また市販用も、夏用タイヤが震災後の需要増の反動が続き減少、
冬用タイヤも新車の販売台数が減ることで減少し、国内分としては
前年を下回ると予測されています。一方、輸出用は前年が
大幅な減少でしたが、そこから増加に転じると予測されています。

以上を総合すると、新ゴム量ベースで118万8210トン、
前年比1.8%増と予想されています。

●ゴムベルト
 コンベヤベルトは、自動車同様、国内向けは鉄鋼メーカーからの
需要の減少などによって前年比で微減と見込まれますが、一方で、
輸出は前半を中心に資源国向けの需要が継続すると見込み、
トータルで前年を上回ると予測されています。

伝動ベルトは、中国向けの輸出が減少することや円高への
不安感などから先行き不透明感が強く、前年割れとの予測に
なっています。

以上を総合して、2013年の生産は新ゴム量ベースで2万7780トン、
前年比0.9%増との予測になっています。

●ゴムホース
 ゴムホースの生産量は、海外での需要が引き続き伸び悩むと
見込まれ、自動車用(新ゴム消費量ベースで70%を占める)も
国内自動車生産の減少から前年を下回ると予測。
その他用も一般産業分野の回復が遅く、前年割れと予測した。

以上により、2013年のゴムホース全体の新ゴム消費量は
3万5060トン、前年比3.7%減と予想されています。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[2]社長コラム
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆五省

昔の海軍士兵学校の教えに「五省」というものがあります。
日々の行動を振り返って反省するためのもので、
その内容は次の5か条です。

一、至誠(しせい)に悖(もと)る勿(な)かりしか
  真心に反する点はなかったか

一、言行に恥づる勿かりしか
  言行不一致な点はなかったか

一、気力に缺(か)くる勿かりしか
  精神力は十分であったか

一、努力に憾(うら)み勿かりしか
 十分に努力したか

一、不精に亘(わた)る勿かりしか
  最後まで十分に取り組んだか

私はこの「五省」を「なにわあきんど塾」で学んだのですが、
これを私なりに解釈して、毎日振り返っています。

それは、次の五つです。

・きらめきを持っていたか
 わくわくするような仕事ができたか

・何事にもフェアに接したか
 一人よがりになっていないか

・本当に良いと思える決断をしたか
 心から納得できる判断をしたか

・勇気をもって一歩踏み出せたか
 まずはやってみようと思えたか

・悔いのない一日を過ごせたか
 今日人生が最後の日でも悔いなく生きられたか

そうはいっても本当にこの5つのことが満たされた一日
というのはなかなかありません。

それでも意識をして過ごす一日の積み重ねが、
私の年輪になると信じて毎日振り返っています。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

弊社代表取締役 高石秀之のブログ「ゴムのヒント」更新中!
まじめな仕事の話から、趣味の話まで
http://www.takaishi-ind.co.jp/blog/?mail130210

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[3]今月の気になる商品ご紹介
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆「中国で『なるほど!』というものが人気です」

過去最悪といわれている今回の中国の大気汚染。風に乗って日本にも
やってきているといわれています。

その中国である商品が話題です。それは「新鮮な空気の缶詰」。
1つ4~5元(約65~70円)で売り出された缶詰は、わずか10日で
800万個を売り上げたそうです。

これは2012年から中国のある実業家が売り出したものらしいですが、
今回の異常なまでの大気汚染で話題となっているようです。

この方はもともと「慈善実業家」として有名で、2011年の
東日本大震災の際にも、派手な「救援活動」に当たったことが
話題にもなりました。

そのほか、先日のニュースでは日本製の空気清浄機がかなり
売れているという報道もありました。

ひと昔前には「ハワイの缶詰」なんてお土産があったりもしましたが、
とうとう実生活での空気にお金を払う時代になったんですね。

以上、今月の気になる商品ご紹介でした。

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[4]高石工業NEWS
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆「第4回 量産・試作 加工技術展に出展いたします」

2月27日(水)から東京ビッグサイトで開催される
「第4回 量産・試作 加工技術展」に出展します。

この展示会は、切削、板金、めっき、鋳造、プレスなど、あらゆる
加工技術をもつ企業が出展し、開発品の試作、量産部品の発注な
ど様々な専門商談がおこなわれる展示会です。

毎回、約10万人の方が来場され、開催中の会場は熱気につつまれます。

今回も「水素・燃料電池展」や「二次電池展」なども同時開催
され、多くの来場が見込まれています。

今回の会場は西館2階です。入口を入られてすぐ右手にエスカレーターが
ありますので、そこから上がっていただくとそこが会場です。

弊社のブースは、小間番号 W42-22 です。
西3ホール出入口から入っていただくとすぐです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

※午後は毎回大変込み合います。少しでも早くに来場されると
 比較的ゆっくりご覧いただけるかと思います。

○―――――――――――――――――――――――――――○
 編集後記
○―――――――――――――――――――――――――――○

1月27日にハーフマラソンの大会に出てきました。3月の
フルマラソンに向けての試走的な意味での出場でしたが、
“体調が良くてもイーブンペースを心がける”
“給水は取らないのもいけないが取り過ぎもダメ”
“時計は必須”(今回は持っていきませんでした)
など、いろいろ気付いたことがあり、いい経験になりました。

ホントに何事もやってみないとわからないものですね。

ちなみにタイムは1時間50分26秒。遅くもなく、早くもなく、
いたってフツーのタイムでした。(営業部 佐藤)

○―――――――――――――――――――――――――――○

―――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■
■□□□□□□□□■
■□□□□□□□□■
■□■■■■■■□■
■□■■■■■■□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■
発行:高石工業株式会社
〒567-0897大阪府茨木市主原町3-18
TEL 072-632-3365(代)FAX 072-635-1287
web http://www.takaishi-ind.co.jp/
メール otoiawase@takaishi-ind.co.jp
ールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/backnumber01/
社員ブログ「のびのびブログ」
http://takaishi-ind.co.jp/nobinobi/
開発型ブログ「伸縮自在」
http://takaishi-ind.co.jp/jizai/
 
―――――――――――――――――――――――――――――