高石工業メールマガジン

  • 工場設備紹介
  • お問い合わせフォーム
  • ゴムって何?
  • 社長ブログ ゴムのヒント
  • 社員ののびのびブログ
  • 高石工業研究開発型ブログ  伸縮自在
  • 環境活動・地域活動のご紹介
  • SGWプロジェクト

高石工業メールマガジン - バックナンバー 個別

Vol.52 2011年3月10日号

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○「ゴムって意外とおもしろい!」           ○
○      高石工業メールマガジン Vol.52      ○
○                          ○○   
○○○○○○○○○○○○○○○★2011年3月10日号★○

★―――――――――――――――――――――――――――★

3月に入りましたが、なかなか気温が上がってくれませんね。
それどころか昨日の晩は雪がちらついていました。
春はそこまで来ているはずですが・・・。
でも次の配信日(25日)にはきっと暖かくなっていることでしょう!

 ◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

ゴムって実はおもしろい素材なんです―。

伸ばした状態で熱を加えると縮んだり、油にふれると膨らんだり、
配合一つで性能が変わったりと…。
ゴムって地味な存在に思われがちですが、実は非常に奥が深い素
材なんです。そんなゴム製品の開発に取り組んでいる私たちの取
り組みをお伝えします。

 ◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

このメールマガジンは、現在お取引させていただいているお客様、
展示会等で名刺交換させていただいた皆様にお送りしています。

ご不要な場合はお手数ですが、
「このメールをそのままご返信いただく」か、
「以下のURLへアクセスの上、メールアドレスを入力」して下さい。
次号より配信を停止致します。
https://sv150.xserver.jp/~takaishi-ind/takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/cancel.php
★――INDEX――――――――――――――――――――★

[1]ゴムの「Knowledge」
  ~『発泡剤・発泡助剤その2』

[2]社長コラム
  ~『元会長の思い出』

[3]「のびのびブログ」より 今号の担当は佐藤
  ~『ふとした時に使える 覚えておきたい言葉』

[4]今月の気になる商品ご紹介
  ~『ものまねは地球を救う?!』

[5]高石工業ニュース
  ~『「第2回「量産・試作・加工技術展」に出展いたしました』
    
★―――――――――――――――――――――――――――★

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [1]ゴムの「Knowledge」
□――――――――――――――――――――――――――――

前号に続いて、発泡剤の具体的な種類についてお話します。

◎発泡剤の種類

1.無機発泡剤

1) 重炭酸ナトリウム(重曹)

 約90℃で分解し、炭酸ガスや水蒸気が発生します。助剤にステ
 アリン酸などの有機酸を加えると分解が促進される。有機発泡
剤に比べて分解される温度が低いので同じような効果を得るた
めには使用料を増やす必要があります。また、極微粉にすれば
気泡が小さくなります。

2) 重炭酸アンモニウム

 分解される温度が低いので混練中にもかなりのガスが発生して
しまいます。そのため多量に配合しなければなりません。また
分解時に発生するアンモニアが加硫促進剤を活性化させるので、
早期加硫の心配があります。

3) 炭酸アンモニウム

 この発泡剤も重炭酸アンモニウムと同じような懸念があります。
 また炭酸アンモニウムは大きい気泡ができやすいですが、
 炭酸マグネシウムを加えると分散性などが改良されます。

2.ニトロソ化合物 

ニトロソ化合物とは、R-N=O 構造を有する有機化合物のこと。
環境中にも多く存在し、たばこにも多く含まれています。ニトロソ
化合物の中には強い発ガン性があるものが確認されています。

1) N,N’-ジニトロソ・ペンタメチレン・テトラミン

 SBR、CR、NBR、EPDMなどの合成ゴムの発泡剤として
 使われます。通常は200℃前後で分解しますが、助剤として有機酸
 や尿素を使用すると分解温度が90℃~130℃ぐらいにすることが
 できます。ただ、酸性助剤の場合は加硫が遅れ気味に、尿素系
助剤の場合は加硫が早くなる傾向があります。

次回も発泡剤の種類についてお話します。

※お断り
この項目に記載している記述内容はあくまでも一般的に知られて
いる事柄です。弊社独自のノウハウを開示したものではありません。

★―――――――――――――――――――――――――――★

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [2]社長コラム
□――――――――――――――――――――――――――――

「元会長の思い出」

3月6日早朝、弊社元会長の高石健太郎が死去いたしました。

私の父でもある元会長は以前から肝臓を悪くして、近年は肝臓癌が
進行しておりました。しかし比較的元気で、会社にも時々顔を出し
ておりました。先週火曜日に入院してからも食事をとり言葉を交わ
しておりましたので、わたくしたち家族にとっても大変急なこと
でした。

家庭面では3人の子供のよき父として、一人前に育て上げてくれ
ました。私にとっても父はいつも偉大で、いつも正しく、厳しく、
そして何よりもやさしい父親でした。子供はそれぞれに家庭を持ち、
孫も生まれています。4人の孫に会えたことは何よりの喜びだった
と思います。

仕事面では創業者である祖父から二代目として社長を受け継ぎ
(社長としては3人目です)、25年にわたり社長・会長として会社の
かじ取りを勤め上げました。

時代の変化に対応し、いち早く機械の自動化・大型化に取り組み、
鳥取に新工場を建設して大量生産に対応したことは、大きな功績
でした。これらの改革がなければ、今の高石工業はなかったと思い
ます。

人間関係では本人は「自分はヘンコだから」と、人付き合いが悪い
ことを自認しておりました。特に肝臓を患ってからは体調管理に努め、
健康第一で会合にもめったに出ませんでした。しかし葬儀には家族が
思っていた何倍もの人が参列してくださり、家族は改めて人望の
厚さに驚かされました。

父を見送ったいま、これからしばらくは仕事も当然ですが、何より
残された家族、特に母の支えになりたいと思っています。これから
きっと「元会長ならこういうなあ」という場面に出会うことかと
思います。

良い会社を作り、幸せな社員を増やすことで父の恩に報いたいと
思います。今後ともぜひよろしくお願いします。

★―――――――――――――――――――――――――――★

弊社代表取締役 高石秀之のブログ「ゴムのヒント」更新中!
まじめな仕事の話から、趣味の話まで
http://www.takaishi-ind.co.jp/blog/?mail110310

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [3]「のびのびブログ」より
□――――――――――――――――――――――――――――

「適度に整理すべし」
「裏木戸に立てかけさせし衣食住」

この文をご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
私はそれらしいものがあるとは聞いたことはありましたが、
この文をパッと見せられても何であるか答えられなかったと
思います。

それぞれをカタカナにしてみると、

「テキドニセイリスベシ」

「ウラキドニタテカケサセシ」
になります。

これでも何のことかわからないかもしれません。

では答えを。

これは、

『会話のネタとなる話題の頭文字をとったもの』

です。

テ・・・テレビ
キ・・・気候
ド・・・道楽
ニ・・・ニュース
セ・・・生活
イ・・・田舎
リ・・・旅行
ス・・・スター、スキャンダル
ベ・・・勉強
シ・・・仕事

これらはホステスさんが接客の時に使うらしいのですが、
これを順番に話題をふっていくと、どこかでかならずお客さんが
食いつく話題があるのだそうです。

もうひとつは、

ウラ・・裏話
キ・・・気候・季節・気温
ド・・・道楽
ニ・・・ニュース
タ・・・旅
テ・・・天気・転職
カ・・・家庭
ケ・・・景気・健康
サ・・・酒
セ・・・(大人の話)
シ・・・趣味
衣食住・・・そのまま衣食住

上のものに似ていますが少し違いますね。こちらは営業マンが
知っておくべき言葉として有名なものなのだそうです。

営業マンは商談をするのが本業なので、あくまで「つかみ」の
ためのネタですが、確かにつかみは大事です。まさかいきなり
商談に入るわけにもいかず、ワンクッションは必ず要るものです。

営業マンならずとも覚えておいて損はなさそうですが、皆様は
普段の会話をどうされていましたか?

★―――――――――――――――――――――――――――★

●社長に負けじと社員も「社員の『のびのび』ブログ」を書いています!
社員一人ひとりの横顔と仕事に取り組む様子をぜひご覧ください。
http://www.takaishi-ind.co.jp/nobinobi/?mail110310

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [4]今月の気になる商品ご紹介
□――――――――――――――――――――――――――――

突然ですが、皆さんは”ものまね”が得意ですか?

上手下手にかかわらず、だれでも一度ぐらいはだれかのまねを
やったことがあると思いますが、その「ものまね」と「募金」を
コラボさせたユニークな企画が今展開されています。

その名も
「まね-1GP みんな笑顔大作戦 ものまね募金」。

NTTコミュニケーションズが3月22日まで実施しているこの
キャンペーン「まね-1GP」は、戦場カメラマン渡部陽一さんや
昨年ブレイクした芸人、楽しんごさんなど有名人のせりふやギャグの
「ものまね」を携帯電話から吹き込むと、自動的に「そっくり度」を
判定するサービスです。

この企画が募金につながる仕組みは、もうお分かりの通り、やりとり
で発生する通話料金とパケット代(全額)を寄付しようというもの。

募金先はNPO「国境なき医師団」で災害や紛争地帯で医療活動を
行う活動に使われます。

キャンペーン10回分の通話料で、1人の1日分にあたる栄養治療食
などを贈ることができます。

サイトの利用には、ナビダイヤル通話料とパケット通信料が必要
ですが、1回あたり10円から20円なので、仲間と遊びで使うのも
問題ないでしょう。

しかも、その採点結果はリアルタイムで全国ランキングに反映される
機能もあります。

みんなで遊びながら人の役に立てる素晴らしい企画ですが、
一人でものまねの練習に使うのもいいかもしれませんね。

以上、今月の気になる商品ご紹介でした。

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [5]高石工業ニュース
□――――――――――――――――――――――――――――

3月2日から3日間、東京ビッグサイトで開催されました
「第2回 量産・試作・加工技術展」に出展いたしました。

あいにく気温は低めで雨も降ったりしましたが、同時開催を含め
ると9万人を超える来場者があったようです。弊社ブースにも多く
の方にお立ち寄りいただき、大盛況となった展示会でした。

次回は6月の「機械 要素 技術展」への出展が決まっており、
7月にはまた別の展示会への出展を計画しています。

それぞれの展示会によって来場されるお客様も変わりますし、
展示の方法も異なります。

お客様のニーズにあわせて最適な展示をおこない、皆様のお役に
立てるようなブースを準備できればと思います。

最後になりましたが、弊社ブースにお立ち寄りいただきました皆様、
この場をお借りしまして御礼申し上げます。

次回の展示会もぜひご来場ください!お待ちしております!

□―――――――――――――――――――――――――――□
 編集後記
□―――――――――――――――――――――――――――□

通勤電車に乗っているときは、本を読んだり音楽を聴いたり、
風景を見たりしながら時間を過ごしているのですが、つい先日
その風景から巨大な看板が見えるようになりました。
明治製菓の社屋に作られた看板なのですが、サイズは縦27.588
メートル、横165.946メートルで、一面が明治製菓の代表的な
商品であるミルクチョコ(板チョコ)をしています。
http://www.meiji.co.jp/corp/news/2011/0208.html

まずとてつもない大きさにびっくりするのですが、こうやって
あちこちで話題に取り上げられることで宣伝にはなっているので
しょうね。

ちなみにこの看板には「ビッグミルチ」という名前があるのだそうです。
「ミルチ」は「ミルクチョコレート」の略らしいです。

あっ、あくまで看板なので、食べることはできませんヨ。(営業部 佐藤)

□―――――――――――――――――――――――――――□

―――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■
■□□□□□□□□■
■□□□□□□□□■
■□■■■■■■□■
■□■■■■■■□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■
発行:高石工業株式会社
〒567-0897大阪府茨木市主原町3-18
TEL 072-632-3365(代)FAX 072-635-1287
web http://www.takaishi-ind.co.jp/
メール otoiawase@takaishi-ind.co.jp
ールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/backnumber01/
社員ブログ「のびのびブログ」
http://takaishi-ind.co.jp/nobinobi/
開発型ブログ「伸縮自在」
http://takaishi-ind.co.jp/jizai/
 
―――――――――――――――――――――――――――――