高石工業メールマガジン

  • 工場設備紹介
  • お問い合わせフォーム
  • ゴムって何?
  • 社長ブログ ゴムのヒント
  • 社員ののびのびブログ
  • 高石工業研究開発型ブログ  伸縮自在
  • 環境活動・地域活動のご紹介
  • SGWプロジェクト

高石工業メールマガジン - バックナンバー 個別

Vol.41 2010年9月25日号

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○「ゴムって意外とおもしろい!」           ○
○      高石工業メールマガジン Vol.41      ○
○                          ○○   
○○○○○○○○○○○○○○○★2010年9月25日号★○

★ ―――――――――――――――――――――――――――★

ようやく秋の気配が感じられる気候になってきました。
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、勉強の秋、…。
もちろん仕事もバリバリがんばっていきましょう!!

 ◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

ゴムって実はおもしろい素材なんです―。

伸ばした状態で熱を加えると縮んだり、油にふれると膨らんだり、
配合一つで性能が変わったりと…。
ゴムって地味な存在に思われがちですが、実は非常に奥が深い素
材なんです。そんなゴム製品の開発に取り組んでいる私たちの取
り組みをお伝えします。

 ◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

このメールマガジンは、現在お取引させていただいているお客様、
展示会等で名刺交換させていただいた皆様にお送りしています。

ご不要な場合はお手数ですが、
「このメールをそのままご返信いただく」か、
「以下のURLへアクセスの上、メールアドレスを入力」して下さい。
次号より配信を停止致します。
https://sv150.xserver.jp/~takaishi-ind/takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/cancel.php
★――INDEX――――――――――――――――――――★

[1]ゴムの「Knowledge」
  ~『可塑剤3 ゴムに柔軟性をあたえ、成形性を向上させたり
    する効果があります。』

[2]社長コラム
  ~『経営理念』

[3]「高石工業開発型ブログ 伸縮自在」より 
  ~ 今号は都合によりお休みします。

[4]「のびのびブログ」より 今月の担当は 製造部 平岡
  ~『海外経験』

[5]今月の気になる商品ご紹介
  ~『世界初!色つきシャボン玉が空を舞う!!』

[6]高石工業ニュース
  ~『ジョブローテーションの実施』
    
★―――――――――――――――――――――――――――★

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [1]ゴムの「Knowledge」
□――――――――――――――――――――――――――――

今号も前号に続き、可塑剤の具体的な種類についてお話します。

4)セバシン酸誘導体
(1)ジ-n-ブチル・セバケート
・ ・・合成ゴムの耐寒性可塑剤。揮発性があり、保留性が
   劣っているので、耐久性のあるDOPなどと併用する
   ことが多い。

 (2)ジ-(2-エチルヘキシル)セバケート
・ ・・天然・合成ゴムを可塑化する耐寒性可塑剤。様々な面で
   性能が優れている。

5)くえん酸誘導体
 (1)アセチル・トリ-n-ブチル・シトレート
・ ・・合成ゴムの可塑剤。無毒であるためあらゆる食品包装
   関係、特に食品用フィルムに利用できる。耐寒性、
   耐光性、耐水性に優れている。

6)リノシール酸誘導体
 (1)メチル・アセチル・リシノレート
・ ・・天然・合成ゴムに用いる耐寒性二次可塑剤。可塑化効率が
   良好であるが、ゲル化速度は遅い。

7)その他脂肪酸誘導体
 (1)脂肪酸エステル系二次可塑剤
・ ・・この中には、ニトリルゴムやネオプレンゴムに有用な
   種類がある。低温柔軟性や耐熱性に優れ、加硫時にも
   悪影響を与えない。

8)スルホン酸誘体
 (1)フェノール系アルキルスルホン酸エステル
・ ・・一般的な可塑剤。可塑効率が非常に良好で、ゲル化にも
   優れている。

 (2)鉱物油とスルホン酸の混合品
・ ・・天然ゴムによりよい加工性を付与し、スコーチ時間を
   長くするなどの特徴がある。またSBRにも同様の
   効果を与える。

※お断り
この項目に記載している記述内容はあくまでも一般的に知られて
いる事柄です。弊社独自のノウハウを開示したものではありません。

★―――――――――――――――――――――――――――★

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [2]社長コラム
□――――――――――――――――――――――――――――

『経営理念』

わが社には「経営理念」があります。
少し長いですが、引用します。

「高石工業株式会社は「開発型ものづくり会社」として、
 お客様の「できたらいいな」というアイデアを形にする。
 安全、安心、独創的な製品を圧倒的なサービスで提供し、
 お客様の感動を高める。
 また地域社会に積極的にかかわり、「この地に高石工業はなくて
 はならない」と言われるよう努力する。
 そして、ワクワクする仕事を通して「ひとづくり」を進め、
 社員・関係者みなが幸せになれる会社となることを目標とする」

弊社の経営理念は「三方よし」を基本にしております。
「三方よし」とは江戸時代の近江商人の教えで、「お客さんに喜んで
もらい、社会にも貢献して、最後に私たちに利益が残る」というもの
です。

この「経営理念」は私が社長に就任した年に定めました。
その時で創業60年近くでした。ちゃんとした経営理念は、
何とその時までなかったのです。父の代も祖父の代も理念がなくって
よく経営してこられたなあ、と思いました。その時は。

でも、よく考えてみると別になかったわけではないのです。言葉に
明らかにしなくても、トップが日々の言葉や行動が身をもって理念を
示していたのです。

実際、古くからのお客様と話をしたり、会社の中の昔話を聞いて
いると「この製品の時は高石さんにお世話になった」とか
「お客様が会社までやってきて、新しい製品をできるまで一緒に
取り組んだ」とか、「お客様の「できるんかな?」というものを
苦労しながら作り出して来たから長いこと取引してもらえた」など
という話を聞きます。

また、地域の集まりではいつも大切にしていただき、知らない
方々から「高石さん知っているよ」と声を掛けていただきまます。

そして、定年になった社員さんからは口々に「初代・先代には
お世話になった。今の生活があるのは会社のおかげです」と
言ってもらいます。

今日まで商売をやってこられた、その実績と信頼は小さなことにも
まさに「三方よし」で取り組んできたからにほかならないと実感
しています。

今は「経営理念」を毎日工場ごとに集まって、みんなで唱和して
います。今年の初出勤からですから、今日で183回目になります。

今ではほとんどの人がソラで言えます。私のこの思いが現場の
一人一人に至るまで染み透って、真にお客様のためになり、
世間から一層信用され、そして私たち自身が幸せになる組織に
していきたいと思います。

★―――――――――――――――――――――――――――★

弊社代表取締役 高石秀之のブログ「ゴムのヒント」更新中!
まじめな仕事の話から、趣味の話まで
http://www.takaishi-ind.co.jp/blog/?mail100925

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [3]「高石工業開発型ブログ 伸縮自在」より
□――――――――――――――――――――――――――――

今月は都合によりお休みします。

★―――――――――――――――――――――――――――★

● 当社の「研究・開発への取り組みの様子」をお伝えする
「高石工業開発型ブログ『伸縮自在』」もおかげさまで好評です。
 こちらは隔週月曜日に更新!
http://www.takaishi-ind.co.jp/jizai/?mail100925

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [4]「のびのびブログ」より 今月の担当は製造部 平岡
□――――――――――――――――――――――――――――

9月は連休があるが、この休みを利用して海外に行く予定がある
人は多いと思う。

私も海外が好きだが、それは両親が旅行好きで小さい頃から色んな
国に行ったことが影響していると思う。

海外の人や文化に触れてきて多くを学んだおかげで、社会人に
なって気付いた事がある。

それは、日本人の物事の考え方や捉え方が非常に狭かったり、
周りの人と違う事をする人をすぐ変人扱いをする所があるところだ。

その為に国際社会で遅れをとったり、組織や会社や上司にYESマン
であったり、必要な事が言えない人間が多くいる事はマイナスだと
強く感じる。

海外に行くと色んな失敗や経験がある。
トランクケースが一人で勝手に世界を旅したり、さよならも言わずに
無くなったり。

強盗にあって金品を盗られたりすることもあると思うが、それ
以上に自分の人生にプラスになる事の方が多いと感じる。

そう感じているからこそ若くっても、年をとっていても、海外に
行って色々な人や文化に触れて失敗や経験をして日本の小さい・
狭い考え方だけに囚われないようにしてほしいと思う。

★―――――――――――――――――――――――――――★

●社長に負けじと社員も「社員の『のびのび』ブログ」を書いています!
社員一人ひとりの横顔と仕事に取り組む様子をぜひご覧ください。
毎週木曜日に更新!
http://www.takaishi-ind.co.jp/nobinobi/?mail100925

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [5]今月の気になる商品ご紹介
□――――――――――――――――――――――――――――

今までありそうでなかったものの一つに、「色つきシャボン玉」が
あります。

「シャボン玉には色が付いているじゃないか!」
と言われるかもしれませんが、あれはあくまで光の反射でそう
見えているだけで実際に色はついていません。

簡単そうに思えるこの「色つきシャボン玉」ですが、単純に着色料
を入れただけでは、玉になった時に着色料が底にたまるだけで
全体に色はつきません。

ところが、その開発になんと15年の時間と300万ドルものお金を
費やしてとうとう商品化にこぎつけた人物がアメリカにいます。

そしてその商品は8月から日本でも発売されています。

世界で初めてという色つきシャボン玉「ザブルス」は、現在ピンクと
ブルーの2色が販売されており、手や服についても洗えば落ちる
特殊なインクが使われているので子どもも楽しむことができます。

写真で見るかぎりですが、かなりきれいな色をしており、確かに
今まで見たことのないようなシャボン玉です。

現在は通販を中心に購入することができますが、入手に少し時間が
かかるようです。(1カ月待ちぐらい)。

価格は1オンス(約30mlボトル)が800円前後、4オンス
(約120mlボトル)が1200円前後となっています。

お子さんがいらっしゃる方はお試しになってはいかがですか。

以上、今月の気になる商品ご紹介でした。

□■□――――――――――――――――――――――――――
■□ [6]高石工業ニュース
□――――――――――――――――――――――――――――

『ジョブローテーションの実施』

近年、製造部内でジョブローテーションを実施しています。
今月も21日から大阪工場の一部で異動がありました。このロー
テーションには次のような狙いがあります。

● 前工程、後工程を知ることで、次の人が仕事をしやすい形であと
 の工程へ製品を送れるようになり、それがリードタイムの短縮や
 品質の向上につながる。

● 前後の工程を知っている人が加わると、どこに注意をして作業を
すればいいのかわかる。(例えば成形をしていた人が検査に入ると
製品のどの部分に不良が出やすいかがわかる。など)
そしてそれを周りの人に教えることができる。

●多能工化となることで、急な欠員がでても製造に支障ことがない
 体制がつくれる。

●様々な仕事をこなす目標をもつことでモチベーションがあがり、
 生産性の向上につながる。

などなど、たくさんのメリットがあります。

これまでも鳥取工場や大阪工場で実施をしてきましたが、着実に
成果がでてきています。

これからもお客様に良い品質の製品をお届けできるように、改善
活動を続けていきます。

□―――――――――――――――――――――――――――□
 編集後記
□―――――――――――――――――――――――――――□

昨年のこの時期にはシルバーウィークという連休がありましたが、
今年は飛び石となったため、少し出かけにくいカレンダーとなり
ました。飛び石連休の場合は平日に休みを取らないと遠出ができ
ないため、予定が組みづらいですよね。

ちなみに来年の9月は17,18,19日と23,24,25日の
3連休が2回となります。これもなんとも遠出するには微妙な
日程ですね…。(営業部 佐藤)

□―――――――――――――――――――――――――――□

―――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■
■□□□□□□□□■
■□□□□□□□□■
■□■■■■■■□■
■□■■■■■■□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■
発行:高石工業株式会社
〒567-0897大阪府茨木市主原町3-18
TEL 072-632-3365(代)FAX 072-635-1287
web http://www.takaishi-ind.co.jp/
メール otoiawase@takaishi-ind.co.jp
ールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/backnumber01/
社員ブログ「のびのびブログ」
http://takaishi-ind.co.jp/nobinobi/
開発型ブログ「伸縮自在」
http://takaishi-ind.co.jp/jizai/
 
―――――――――――――――――――――――――――――