高石工業メールマガジン

  • 工場設備紹介
  • お問い合わせフォーム
  • ゴムって何?
  • 社長ブログ ゴムのヒント
  • 社員ののびのびブログ
  • 高石工業研究開発型ブログ  伸縮自在
  • 環境活動・地域活動のご紹介
  • SGWプロジェクト

高石工業メールマガジン - バックナンバー 個別

Vol.123 2014年2月25日号

┏┿━━「ゴムって意外とおもしろい!」━━━━━━━━━┿┓
╂┘
┃       高石工業メールマガジン Vol.123

┗┿━━━━━━━━━━━━━━━━2014年2月25日号┿┛

新聞に各地の梅の開花状況を知らせる「梅だより」 が掲載される
時期になりました。もうすぐ3月。暖かくなるに連れて年度末も
近づいてきます。忙しくなりますが、たまには花でも見ながら
ほっと一息ついてくださいね。では2月25日号をお届けします。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

このメールマガジンは、現在お取引させていただいているお客様、
展示会等で名刺交換させていただいた皆様にお送りしています。

ご不要な場合はお手数ですが、
「このメールをそのままご返信いただく」か、
「以下のURLへアクセスの上、メールアドレスを入力」して下さい。
次号より配信を停止致します。
https://sv150.xserver.jp/~takaishi-ind/takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/cancel.php

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

ゴムって実はおもしろい素材なんです―。

伸ばした状態で熱を加えると縮んだり、油にふれると膨らんだり、
配合一つで性能が変わったりと…。
ゴムって地味な存在に思われがちですが、実は非常に奥が深い素
材なんです。そんなゴム製品の開発に取り組んでいる私たちの取
り組みをお伝えします。

_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

┏━┓
┃1┃社長コラム
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『香川うどん&カキツアー』

┏━┓
┃2┃高石工業NEWS
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『明日から「第10回 国際水素・燃料電池展」が始まります!』
 
┏━┓
┃3┃今月の気になる商品ご紹介
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『じわじわと「ジェネリック家電」の人気が↑なんです』

┏━┓
┃4┃ゴム業界インフォメーション
┗━╋…───────────────────────── 
  ┗『シリコーンで作られた透明感あるコップが売られています』

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[1]社長コラム
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆香川うどん&カキツアー

先週の土曜日に、香川県に行ってきました。

「社内を明るくする」Eチームのイベントで、
「さぬきうどん」めぐりと「カキ焼きの食べ放題」に行ってきました。

仕事が忙しい中、総勢11人のメンバーが楽しみに集まってくれました。

早朝6時(!)に集まり、大阪から約3時間、瀬戸大橋を越えて、
さあ香川県です。

まずはうどんブームを象徴する名店「山越うどん」さんに行きます。
朝早かったせいか、ほとんど並ぶこともなく、注文ができました。

こちらでは代表的な「かまたまうどん」を頼みました。
さすがは名店、うまい!コシがあり、玉子と絡み合って絶妙です!

次に向かったのは、これも有名な「池上製麺所」です。
ここは「るみばあちゃん」というおばあちゃんで有名なお店です。
ここも開店直後のせいか、ほとんど並ぶことなくオーダーできました。

かけうどんとアナゴの天ぷらを注文しました。
このアナゴの天ぷらがうまい!
参加者の皆さんも、思い思いに分け合って食べております。

店内の様子を見ると、奥に「るみおばあちゃん」がいます。
お土産の持ち帰り用うどんを陽気に販売しておられました。
腰が曲がっても、うどんのように長生きしてください。

ここまでうどんを2軒、堪能しました。

さらにこれから「カキ焼き食べ放題」に行きます。
瀬戸内海に面した香川はまた、カキの養殖で大変有名なところです。

カキの収穫は今が旬で、最高のシーズンです。
午前にうどんめぐりをした私たちは、カキの食べ放題の鉄板焼きの
お店に行きました。

鉄板一面にカキを並べ、フタをして、蒸し焼きにします。
待つこと約10分、いい具合に焼きあがっています。
殻にナイフを差し込み開けると、そこにはプリプリのカキが!

さすがはとれたて、臭みも全くなく、するっと胃の中に納まります。
栄養豊富で「海のミルク」と呼ばれるわけがよくわかります。

みんな食べる食べる・・・!

既にうどんを2軒回っていたのも忘れるくらいの勢いでした!
2時間の制限時間中に鉄板蒸し焼きを繰り返すこと、12回!
当分カキはいらないというくらいに堪能しました。

今回はとても楽しい「弾丸ツアー」でした。

それもこれも、リーダーをしてくれたFさん、綿密なスケジュールを
組んでくれた(旅のしおりまで!)Mさん、運転をしてくれたSさん・Fさん、
そして一緒に楽しんでくれた10人の皆さんのおかげです。

ここまで約一年、「社内を明るくする」Eチームの活動を見てきました。
イベントごとに担当リーダーを決め、参加者を募集し、決行するのですが、
「段取り八分」という言葉を実感します。

当日よく楽しむためには、事前にいかに下調べをして準備をすることが
大切かがよくわかります。混みそうな所なら早めに出たり、営業時間が
短いところがあればルートを変えたりと、無駄なく回るためにプランを
練っていくと、たとえ予想外なことがあっても対応が取りやすかったりします。

またイベント担当リーダーの興味の持ち方と積極性で、これまた当日の
楽しみ方に大きく差が出ます。

やはり「やらされて」やるより、自分から積極的に関わると自分で
プランを決めていくことができ、それが参加メンバーの満足に
つながっていると感じます。

さらにもう一つ言うと、「参加しようかな、どうしようかな」と
迷っている人に対するアプローチも変わり、結果として参加人数も
多くなったりします。

一年続けてきて少しでも社内が明るく、コミュニケーションが
取れるようになったのではないかと思います。

まだまだ、続けていきたいと思います。

*========*========*=======*=======*

弊社代表取締役 高石秀之のブログ「ゴムのヒント」更新中!
まじめな仕事の話から、趣味の話まで
http://www.takaishi-ind.co.jp/blog/?mail140225

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[2]高石工業NEWS
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆明日から「第10回 国際水素・燃料電池展」が始まります!

明日26日(水)から東京ビッグサイトで開催されます
「第10回 国際水素・燃料電池展」
に出展します。

この展示会は、水素・燃料電池の研究開発や製造に必要なあらゆる
技術、部品・材料、装置、および燃料電池システムが一堂に出展する
国際商談展です(展示会HPより)。

今回は、これまで研究をしてきました水素ステーション用の
耐水素用ゴム材料について、その成果や進捗を展示、発表
いたします。

弊社のブースは西棟2階 W25-60です。
(3ホール入口付近です)

また、会期中の28日(金)の11:00から、この耐水素用ゴム材料に
ついての講演をさせていただきます。

講演そのものは無料となっておりますので、会場にお越しの際は
ぜひお立ち寄りください。

なお、会場へのご入場は招待状が必要となります。
招待状をご希望される場合は、下記アドレスからメールにて
ご連絡ください。

otoiawase@takaishi-ind.co.jp

皆様のご来場をお待ちしております!

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[3]今月の気になる商品ご紹介
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆じわじわと「ジェネリック家電」の人気が↑なんです

「ジェネリック」というと、「ジェネリック医薬品」を
連想される方がほとんどではないでしょうか。

「ジェネリック医薬品」という単語はみなさんも一度くらい
聞かれたことがあるかと思いますが、特許の切れた医薬品を
別の会社が製造、販売しているお薬のことですね。
(正確にいうと医薬品の「特許」には4つあって、
ここでいう特許は、有効成分に対する「物質特許」のことだそうです。
簡単に言うと、頭痛には○○という成分が有効だが、その効き目を
発揮するのが△△という物質で、この△△の使用特許が切れるということですね。)

で、話を戻しまして、ジェネリック家電ですが、
ここでいう「ジェネリック」は薬の時に使われていた意味と
少々異なります。

「ジェネリック家電」とは、一般的にはそれほど知名度が高くない
メーカーや、本来、家電メーカーではない企業が作った、
必要最低限の機能を持たせた使いやすい家電のことです。

これには少し前に主流だった技術が使われることが
多いのが特徴です。

家電の世界はライフサイクルが短く、開発した技術や部品がすぐに
使われなくなります。

そこに目を付けたのが、「ジェネリック家電メーカー」。
大手などでは使わなくなった技術の中には、ニーズがあるものも
たくさんあり、その中から必要な機能だけを集めて作られたのが
ジェネリック家電です。

もちろん、すでに世にある技術ですから開発費はかかりませんし、
部品の調達にもコストをかけないようにしているので、
かなりのお値打ち品となる場合も多々あります。

たとえば、最近、高機能化がすすむ電子レンジ。
付加価値もたくさんついて、いまやほとんどの製品が
オーブンレンジとして売られています。

ところが、消費者の中には「食べ物があったまったらええやん。」
という人も多いはず。

そこで、ジェネリック家電メーカーでは、「チン」ができるだけの
電子レンジを作ります。

オーブンレンジは数万円するものがほとんどですが、
これだと5千円程度でも売ることができるので、一定の消費者を
獲得することができるというわけです。

顧客のニーズをいかにつかんで、カタチにするかが大切だと
いうことでしょうか。

なお、「ジェネリック家電」を買うにあたって、ひとつだけ、
注意すべきことがあります。

それは、聞かない名前のメーカーが販売しているため、
中には粗悪品があるかもしれないということです。

比較的、国内メーカーの製品は安心して買えますが、
海外の製品には場合として「ん?」というものも
あるかもしれません。

長く使う電化製品とそうでない製品とで使い分けるのもひとつの
方法かもしれませんね。

以上、今月の気になる商品ご紹介でした。

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
[4]ゴム業界インフォメーション
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

◆シリコーンで作られた透明感あるコップが売られています

私たちが「シリコーン」というと、「シリコーンゴム」のように
思われるかもしれませんが、今回のお話は「ゴム」ではなく、
「樹脂」のお話です。

シリコーンを取り扱っておられる信越ポリマーさんが、
ガラスのような透明感をもったシリコーン製のグラス「シュプア」を
昨年末に発売されました。

これが、予想を大きく上回る大人気商品なんだそうです。

その理由は4つあるようです。

1.見た目がかわいい

コップシリーズが11種類、グラスシリーズが3種類ありますが、
見た目がとてもカラフルで女性が好みそうな外観です。

2.割れない

シリコーン製なので柔らかく、落としても割れないことや、
飲み口をすぼめて注ぐこともできます。

3.高温にも低温にも強い

シリコーンですから当然、高温にも低温にも強く、
耐熱温度は200度、耐冷温度は-30度と、保温や保冷効果にも
優れています。

4.においがない

シリコーン製の食器や調理器具のなかには、シリコーン独特のにおいが
するものもありました。しかし、このシュプアは無臭。
嫌なにおいがしません。

ということで、大変な人気のシュプア。
楽天市場でも入荷待ちの状態のようです。

価格はコップがひとつ1,800円。グラスが2,200円です。

ここでも消費者のニーズをつかむことが大事だということが
わかりますね。(^^;;

今回はわたしもいろいろ勉強させていただきました。

*========*========*=======*=======*

○―――――――――――――――――――――――――――○
 編集後記
○―――――――――――――――――――――――――――○

いろいろと忙しくしている間にいつのまにやらソチオリンピックが
終わりました。意外と日本時間の夜中に開催される競技も多く、
見られなかったものもたくさんありましたが、日本人選手に限らず
多くの名シーンがありました。中でも、やはりジャンプ男子の
葛西選手の銀メダルは本当に良かったですね。また4年後を
目指して頑張るそうですから、応援したいと思います。

オリンピック以外に世界を相手に戦う大会をもうひとつご紹介します。
今年の9月1日から宮崎県で開催される
「第6回 女子野球ワールドカップ」です。

女子野球にワールドカップがあることをご存じない方も多いと
思いますが、実は第3回から5回の大会は日本が優勝していて、
日本は4連覇を目指す強豪国なんですよ。

第6回の今回は地元開催ということですから、さらに応援も
増えるのではないでしょうか。

BSやCSでは全試合を放送する予定だそうですし、地上波でも
決勝戦は放送するようですので、プロ野球のペナントレースも
熱くなるころですが、その熱にのって盛り上がるといいなと思います。

そういえば、その前にサッカーのワールドカップもありましたね(^^;;
(営業部 佐藤)

○―――――――――――――――――――――――――――○

―――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■
■□□□□□□□□■
■□□□□□□□□■
■□■■■■■■□■
■□■■■■■■□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■
発行:高石工業株式会社
〒567-0897大阪府茨木市主原町3-18
TEL 072-632-3365(代)FAX 072-635-1287
web http://www.takaishi-ind.co.jp/
メール otoiawase@takaishi-ind.co.jp
ールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/backnumber01/
社員ブログ「のびのびブログ」
http://takaishi-ind.co.jp/nobinobi/
開発型ブログ「伸縮自在」
http://takaishi-ind.co.jp/jizai/
 
―――――――――――――――――――――――――――――