高石工業メールマガジン

  • 工場設備紹介
  • お問い合わせフォーム
  • ゴムって何?
  • 社長ブログ ゴムのヒント
  • 社員ののびのびブログ
  • 高石工業研究開発型ブログ  伸縮自在
  • 環境活動・地域活動のご紹介
  • SGWプロジェクト

高石工業メールマガジン - バックナンバー 個別

Vol.178 2017年8月25日号

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

┏┿━━「ゴムって意外とおもしろい!」━━━━━━━━━┿┓

╂┘

┃       高石工業メールマガジン Vol.178

┗┿━━━━━━━━━━━━━━━━2017年8月25日号┿┛

 

皆さん夏バテされていませんか。もうしばらく暑い日が続きそう

ですので体調管理にはくれぐれもご注意ください。

それでは8月25日号をお届けします。

 

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

 

このメールマガジンは、現在お取引させていただいているお客様、

展示会等で名刺交換させていただいた皆様にお送りしています。

 

ご不要な場合はお手数ですが、

「このメールをそのままご返信いただく」か、

「以下のURLへアクセスの上、メールアドレスを入力」して下さい。

次号より配信を停止致します。

http://www.takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/cancel01/

 

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

 

ゴムって実はおもしろい素材なんです―。

 

伸ばした状態で熱を加えると縮んだり、油にふれると膨らんだり、

配合一つで性能が変わったりと…。

ゴムって地味な存在に思われがちですが、実は非常に奥が深い素

材なんです。そんなゴム製品の開発に取り組んでいる私たちの取

り組みをお伝えします。

 

_/_/_/  I N D E X  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

┏━┓

┃1┃社長コラム

┗━╋…───────────────────────── 

  ┗『優秀賞を頂きました』

 

┏━┓

┃2┃高石工業NEWS

┗━╋…───────────────────────── 

  ┗『9月に2つの展示会に出展します!』

 

┏━┓

┃3┃今月の気になる商品ご紹介

┗━╋…───────────────────────── 

  ┗『歌わないカラオケがひそかにブームです』

 

┏━┓

┃4┃ゴム業界インフォメーション

┗━╋…───────────────────────── 

  ┗『世界の新ゴムの消費量って?』

 

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

[1]社長コラム

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◆優秀賞を頂きました

 

先日、私たちのメインのお客様の「方針説明会」がありました。

「方針説明会」は年に一度の「年度計画発表会」のようなものです。

 

そこで、品質・コスト・納期に優れた取引先を表彰する

「優秀賞」をいただきました。

 

昨年度一年間の総合評価で、数多ある取引先の中でも

上から二番目の評価だったそうです。

 

「QCDその他が共に優れていて、総合的に優秀賞に選ばれました」

というお言葉をいただいたのですが、私は正直言って

全く考えておりませんでしたので、びっくりしました。

 

このような晴れがましいことはめったにない、

大変光栄なことでしたので、ありがたく賞を頂戴しました。

本当にありがたく、栄誉この上ないことです。

 

これも一年間 、寒い日も暑い日も頑張ってくれた

スタッフの皆さんの、日々の努力の積み重ねです。

会社のスタッフ一同、皆で喜び合いたいと思います。

 

 

しかし振り返れば、過去に大きな品質クレームを起こし、

お客様監査でも不合格になり、「このままだともう取引しない」

とまで言われたこともあります。

 

その原因は私たちが「お客様目線」を忘れていたためだと

今にして思えばわかりますが、当時は突然突きつけられた現実に、

戸惑うばかりでした。

 

私も社長になってまだ日が浅かったため、どのように

乗り切ったらよいのかわからず、ただ無我夢中だったのを覚えています。

 

あのときお客様に私たちの目を覚ましていただいたおかげで、

お客様のお役に立つとはどうあるべきかと気づき、

会社・現場が一気に変わり、年月を経てお客様に評価される

組織になったのだと思います。

 

 

その頃のことを思い出すと、今回「優秀賞」をいただいたからといって

有頂天になっていられません。慢心していると、転がり落ちるのは一瞬です。

 

表彰されたのはあくまでももう過ぎた「結果」で、

お客様に一層親身になって寄り添っていくことが

次の「未来」を作るために不可欠です。

 

そのためにはより高い目標を目指してお客様の声に真摯にお答えし、

日々の仕事の質をさらに一段レベルの高いところへ変革していかねばなりません。

 

「変えられないのは過去と他人、変えられるのは自分と未来」

という言葉もありますが、私たちも自らの努力によって

これからよりお客様に貢献できる会社を目指して、

スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

 

*========*========*=======*=======*

 

弊社代表取締役 高石秀之のブログ「ゴムのヒント」更新中!

まじめな仕事の話から、趣味の話まで

http://www.takaishi-ind.co.jp/shacho-blog/?mail170825              

 

 

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

[2]高石工業NEWS

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◆9月に2つの展示会に出展します!

 

9月は2つの展示会に出展させていただきます。

 

 

1.国際フロンティア産業メッセ

 

国際フロンティア産業メッセは、企業や大学・研究機関による

先端技術の紹介や新事業創出の基盤となる製品展示を中心に、

基調講演、特別講演、各種セミナーや交流会など多彩なプログラムを展開し、

技術交流・ビジネスマッチングを進める機会を設ける場です(HPより)。

 

https://www.kobemesse.com/

 

出展分野としては、環境、エネルギー、医療、航空・宇宙、ロボット、

などなど多岐にわたります。

 

昨年の来場者は3万人弱と、関西で行われる展示会としては

かなり大きな規模となります。

 

開催日時:2017年9月7日(木)・8日(金)10:00~17:00

会場:  神戸国際展示場1・2号館(神戸ポートアイランド)

入場料:        無料

出展社数:487社・団体

予定来場者数:2016年度実績 29,875人

弊社ブース:特別展示「環境・エネルギーコーナー」 A-07

 

 

2.Nプラス

 

Nプラスは、日本のものづくり業界に高機能化・高付加価値化を提案する

ことをテーマに開催される、こちらも来場者数が3万人を超える大きな

展示会です。

 

http://www.n-plus.biz/top.html

 

開催日時:2017年9月13日(水)~15日(金) 10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト 東ホール

入場料金        2,000円(税込)

*招待券持参者・展示会公式WEBサイトからの事前登録者は無料

来場者数: 38,000名(同時開催含む)

弊社ブース:「素材・材料の高機能化の提案」 Q-05

 

 

高石工業では両方の展示会とも、水素用Oリングをご紹介しながら、

それを使ってお客様のお困りごとを解決するご提案をさせて

いただく予定です。

 

 

皆様ぜひご来場ください!

 

 

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

[3]今月の気になる商品ご紹介

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◆歌わないカラオケがひそかにブームです

 

カラオケで歌わない?楽器でも流行ってる?

 

いえいえ、ひそかに人気の、歌わないカラオケとは、

 

「鉄道カラオケ」

 

です。

 

この鉄道カラオケは、

「信号よし!」「次は東京、東京です。」「降り口は左側です」などなど、

運転士や車掌さんが日常行っているアナウンスをカラオケでやってみよう

というものです。

 

これが楽しめるのはJOYSOUNDの一部のお店で、

私鉄とのコラボレーションが実現したことで、その私鉄をイメージした

部屋もお店には用意されています。

 

 

例えば関東近郊のお店では京急電鉄をイメージした部屋があり、

本物の京急で使われていた運転席の椅子や車掌用のドア開閉スイッチ、

また車内放送マイクなどが設置されています。

 

もちろんスクリーンには走行している映像が映し出されますし、

カラオケ?に使うマイクとスピーカーも実際に使っていたものを

設置されているので、本物さながらのリアルな体験を楽しむ

ことができるようですよ。

 

他にも壁には駅名が書かれた看板があったり、座椅子には

実際の車両に使われていたシートが置かれていたりと

電車ファンにはたまらない仕様となっています。

 

 

現在のところ、コラボレーションが実現したのは、

京急本線、東武東上線、東京メトロ丸ノ内線、南海電鉄高野線

の4路線で、今後も拡大の予定だそうです。

 

 

電車好きの方は是非一度いかれてはいかがでしょうか。

 

 

以上、今月の気になる商品ご紹介でした。

 

 

 

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

[4]ゴム業界インフォメーション

  • ○━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◆世界の新ゴムの消費量って?

 

天然ゴムと合成ゴムをあらたに生産し、そして消費する量を

合算したものを新ゴムの消費量といいます。

 

1年間で消費される新ゴムの量は、

約2720万トンで、そのうちの3分の1にあたる900万トンを

中国で消費しています。

 

2番目のアメリカが280万トンですので、中国がケタ違いに

消費しているのがよくわかりますね。

 

日本はインドについて4番目に消費量が多く、150万トンと

なっています。2012年以降、自動車生産の減少などの影響により

減少傾向にあるようです。

 

 

次に天然ゴムの生産量に絞ってみてみると、2016年の

世界の天然ゴムの総生産量は、1230万トンです。 

 

国別では、タイが一番多く、440万トン、続いてインドネシアが

315万トン、ベトナムが100万トンで続きます。

 

 

最後に合成ゴムの生産量をみてみると、

2016年の世界の合成ゴム生産量は1450万トンです。

中国が280万トン、2位のアメリが230万トン、

3位の日本が150万トン、と続きます。

 

2016年の日本による合成ゴムの供給量は170万トンで、

このうち150万トンを国内で生産、残る20万トンが

輸入による供給となっています。

 

 

数字が大きすぎてピンとこないかもしれませんね(^^;

 

この中に私たちが提供させていただいているパッキン類も

もちろん含まれています。

 

*========*========*=======*=======*

 

 

 

○―――――――――――――――――――――――――――○

 あとがき

○―――――――――――――――――――――――――――○

関西などでは当初の予報通り、猛暑となっている一方で、

関東では40年ぶりとなる22日連続の雨となりました。

 

気候不順となると、農作物への影響が心配される以外にも、

いろんな仕事にも影響があります。

 

今回の雨ではプールにお客さんが来ないということで、

豊島園のプールが入場料を1000円も割引くことを始めたそうです。

一家4人で行くと一人分が浮くことになるので結構大きいですね。

 

雨はちょうどよくという訳にはいかないので、状況に上手く

合わせて暮らすことが必要ですね。(営業部 佐藤)

 

○―――――――――――――――――――――――――――○

■■■■■■■■■■
■□□□□□□□□■
■□□□□□□□□■
■□■■■■■■□■
■□■■■■■■□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□■■□□□■
■□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■
発行:高石工業株式会社
〒567-0897大阪府茨木市主原町3-18
TEL 072-632-3365(代)FAX 072-635-1287
web http://www.takaishi-ind.co.jp/
メール otoiawase@takaishi-ind.co.jp
ールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://takaishi-ind.co.jp/mailmagazine/backnumber01/
社員ブログ「のびのびブログ」
http://takaishi-ind.co.jp/nobinobi/
開発型ブログ「伸縮自在」
http://takaishi-ind.co.jp/jizai/

 

 
―――――――――――――――――――――――――――――